資格取得・・・そして転職へ

資格取得・・・そして転職へでは資格取得と転職に関する情報を掲載しています
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。
カスタム検索
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。

スポンサーサイト 

Sponsored Link



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link

調教師(中央競馬) 

Sponsored Link



★受験資格★ 年齢制限

★合格率★ ------
  
★取得目的★ スペシャリスト

調教師とは、競馬において厩舎を運営し競走馬を管理することを業とする者のことである。日本の現場では、俗に騎手を逆にした手騎(テキ)と呼ばれている。

日本では競馬法第23条により、農林水産大臣の認可受け日本中央競馬会と地方競馬全国協会が調教師試験の施行および免許を交付している。



資格の概要

日本における免許制

日本で調教師になろうとする者は中央競馬では日本中央競馬会が、地方競馬では地方競馬全国協会がそれぞれ調教師免許を取得することが必要である。この2つの免許は異なるものである。

また、騎手免許と調教師免許は同時に取得することは出来ないため、騎手免許を持っていた者が調教師免許を取得した場合、騎手免許を返上し騎手を引退するのが通例である(騎手#調騎分離に詳しい)。調教師免許を持っていた者が騎手免許を取得した例は日本ではないが、取得しようと騎手免許試験を受験した例はある。

調教師試験の合格者は、下記の「開業まで」にもあるとおり、日本の競馬では馬房の数の制限があるために、ある年に調教師になることができる人数は、引退する調教師の人数との関係で自ずと制限される。調教師となることの出来る人数が限られる以上、調教師免許試験の合格者数も限られている。

中央競馬の調教師免許試験では年に5~8人ほどというのが通例である。そのため、しばしば合格率が1割にも満たない難関となる。学科試験が免除されていた1000勝以上の勝ち星がある騎手を除けば合格者は騎手や調教師や生産者の血縁者や畜産学部出身者が多数を占める。だが、中には大学の馬術部出身者や畑違いの仕事から転職しての合格者も存在する。


開業まで

日本において、調教師が調教師業を始めるにあたっては免許の他に、馬房(馬を飼育する施設)が必要である。馬房は主催者から与えられるもののみが使用できる。自分の資金で独自に馬房などの設備を構えて開業することは認められていない。馬房は競馬場もしくはトレーニングセンターと呼ばれる場所に存在する。

なお調教師免許取得者は、免許取得からいくらかの期間をすでに開業している調教師の下で研修を積むのが通例である。中央競馬ではこの期間の肩書は技術調教師と呼ばれている。この期間に馬主とのパイプを確保し、開業時に競走馬を確保する準備期間も兼ねている。

ただし、調教師が死亡したり、免許を返上するなどして、急に馬房が空いた場合には、臨時貸付期間を経て、研修中の調教師が予定を繰り上げて開業することになる。


開業後

主催者から与えられる一定数の馬房を使って競走馬を管理し、レースに出走させる。収入源は馬を預かって調教する預託料と、競走で勝利を収める際に入ってくる賞金である。競走で勝利を収めることによって馬を預かって欲しくなる馬主が増加し、預託料も増加することから、競走で勝利することが調教師の収益に大きな影響を与える。

中央競馬では物理的な制約から総馬房数が自然と決まり、それを各調教師ごとに配分している。現在では新調教師には少なく割り当てられ、年々その数を増やすことで、開業当初の不慣れな調教師業での負担軽減と、慣れてきた頃に調教師業の拡大を円滑に行わせる目的がある。また、近年では馬房数は競争原理により増減させるメリットシステムを導入している(#メリットシステムを参照)、調教師が馬主と預託契約を結ぶことのできる頭数には一定の制限がある。


メリットシステム

中央競馬において2004年度より、調教師の厩舎経営状況・調教技術により、厩舎の管理馬房数が増減する制度(メリットシステム)が導入された。中央競馬にも優勝劣敗の法則を導入するべきであるとの声に応えての取り組みである。なお、2006年の年末にルールの一部見直しが発表された。

対象は20馬房の割り当てを受けている(過去に受けた)調教師であり、新人や開業後まもない調教師)は対象から外される。 具体的には、経営状況(1馬房あたりの出走実頭数、1馬房あたりの出走延頭数)と調教技術の評価(1馬房あたりの勝利数、1馬房あたりの獲得賞金、勝率)の項目を偏差値化し、前2年間の合計(2008年より出走実頭数、出走延頭数は1/2とされる)に基づき評価される。

評価の結果、各トレーニングセンター毎に下位である約1割(2007年度より)の馬房が2ずつ削減され、その馬房が上位の調教師に分配される。馬房数の変更は物理的なものを伴う為、評価は同一トレーニングセンター内でのみ行われ、美浦と栗東の異なるトレーニングセンターの調教師が比較されることはない。また、2008年より過去に削減された調教師がその翌年以降、査定順位の中央値を上回った場合には、馬房を加増の対象となる。

同一の調教師が2年連続で削減の対象となることはない。2009年には馬房数の加増は28まで、削減は12までの範囲で行われることとなっている。


引退・定年制

調教師は騎手とは異なり、肉体労働というよりもマネージメント業であるため、高齢になっても仕事を行うことは難しくない。

しかし、中央競馬では総馬房数が限られているにもかかわらず高齢の調教師が引退しないために世代交代がうまく進まず、調教師試験の合格率が5%前後にまで落ち込むなど旧来の制度の弊害が顕著に表れた。そのため、日本調教師会の理事(当時)であった戸山為夫の活躍[要出典]により1989年3月1日から調教師の70歳定年制が導入された。ただし当時は70歳を超える調教師が多数であったため1999年までは経過期間とされ、要件どおりの制度運用が開始されたのは2000年以降である。この制度により、稲葉幸夫、二本柳俊夫、大久保房松といったベテラン調教師が引退した。

また大井競馬でも定年制(75歳)が導入されている。一方で川崎競馬では調教師の定年制が無いため、八木正雄調教師(1917年2月23日生)は2008年の誕生日を迎えて91歳となったが、現役の調教師として活躍をしている。



試験内容

1次 筆記試験(労働関係基本法規・馬学・衛生学など)
   身体測定

2次 口答試験・人物考査



試験地

1次 茨城、滋賀
2次 東京



受験手数料

3,000円



関連リンク

調教師を目指す方!JRA「調教師」への就職・主な仕事

JRAホームページ

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link

調教師(地方競馬) 

Sponsored Link



調教師一覧
地方競馬

赤間清松(大井)
池田孝(川崎)
岡林光浩(船橋)
加藤和宏 (地方競馬)(金沢)
金山明彦(ばんえい)
川島正行(船橋)
川田孝好(佐賀)
佐々木修一(水沢)
佐藤賢二(船橋)
曾和直榮(兵庫)
高橋三郎(大井)
武井榮一(川崎)
舘保昌(船橋・引退)
田部和則(北海道)
千葉四美(水沢)
角田輝也(名古屋)
出川克己(船橋)
堂山芳則(北海道)
冨田藤男(浦和)
原口次夫(愛知)
宗石大(高知)
林正夫(北海道・引退)
林正人(船橋)
本間光雄(浦和)
荒川友司(笠松)
保利照美(兵庫・引退)
鷲見昌勇(笠松・引退)

日本以外

アイヴァン・アラン(香港)
アレック・ヘッド(フランス、引退)
アンソニー・クルーズ(香港)
アンドレ・ファーブル(フランス)
アンドレアス・シュッツ(ドイツ→香港)
ヴィンセント・オブライエン(アイルランド・引退)
ウエイン・ルーカス(アメリカ)
ウラジミール・セリン(アメリカ)
エイダン・オブライエン(アイルランド)
エリック・マスグローヴ(オーストラリア)
カルロス・ラフォン=パリアス(フランス・シャンティー)
クライヴ・ブリテン(イギリス・ニューマーケット)
クリスティアーヌ・ヘッド(フランス・シャンティー)
小林智(フランス)
サイード・ビン・スルール(UAE)
ジェラード・バトラー(イギリス)
ジャック・オルテ(フランス)
ジョセフ・ジャニアック(オーストラリア)
ジョン・サイズ(オーストラリア→香港)
スティーヴン・アスムッセン(アメリカ)
高岡秀行(北海道→シンガポール)
ダグ・フォウト(アメリカ)
ニック・ジトー(アメリカ)
ニール・ドライスデール(アメリカ)
ピーター・ラウ(ドイツ)
フェデリコ・テシオ(イタリア・引退)
フレディー・ヘッド(フランス)
ボブ・バファート(アメリカ)
ボビー・フランケル(アメリカ)
マイケル・スタウト(イギリス)
マイケル・ロバーツ(南アフリカ共和国)
リチャード・ギブソン(フランス)
リチャード・ダトロー・ジュニア(アメリカ)
リチャード・マンデラ(アメリカ

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link

競輪選手 

Sponsored Link



★受験資格  年齢制限

★合格率★ 17.7%
  
★取得目的★ スペシャリスト

競輪選手になるためには、国家試験である競輪選手資格検定に合格しなければならない。

なお、資格検定の受験前に必ずしも競輪学校に入学しなければならないという決まりはないが、入学せずに合格することは非常に厳しく、競輪選手になるためには、まず競輪学校の入学試験に合格し、同校で訓練を受けることが大前提となっている。



資格の概要

日本競輪学校の募集要綱と試験

競輪学校の募集要綱では、以下の事項が定められており、年に2回入学試験が行なわれる(現在の内容は第93期受験者より適用のもの)。

日本国内に居住している男性で、入学予定日の時点で満17歳以上の者(年齢の上限は無し)。
女子の募集は行っていない。

これまでは受験時に満24歳未満という年齢制限があった。その上限が撤廃されたことで、早速93期(2006年10月28日入学、2008年1月以降デビュー)では西谷岳文や、1971年生まれ(当時35歳)の奥平充男(ともに京都)といった、これまでの制度では受験資格のなかった合格者が誕生した。

高等学校卒業以上の学力を有する者。(高卒資格保持者)

かつては中卒でも入学できた。田中誠原作の漫画「ギャンブルレーサー」の主人公、関優勝(せき・まさかつ)は中卒であるが、この古い資格を基にしたと思われる。

高卒でなくても、高認(大検)合格でも受験資格が得られる。「ギャンブルレーサー」でも売二(うり・ふたつ)が大検合格で受験資格を得ている。また、実際の選手でも、内村竜也(山口、93期)などが大検合格である。

試験は第1次試験と第2次試験が行なわれ、第1次試験は実技のみ。第2次試験は実技試験のほかに面接も行なわれる。なお受験の際には、実技試験において、以下いずれかの1つを選択する。

技能試験 - 自転車競技において一定の実績がある者(1000mタイムトライアル。1分10秒が一般的に合否のボーダーラインと言われている)


適性試験 - それ以外のスポーツなどから競輪に参入する者(垂直跳びと背筋力測定)

殆どの受験者は自転車競技経験者、または師匠(主に現役選手)のもとで猛練習を積んできた者であるため、技能試験の受験者が圧倒的に多く、そのため過去は適性試験の合格枠が毎回5人程度と少なく倍率も高倍率で推移している。ただ、45歳でGIレースに優勝した松本整(2004年6月引退)、「怪物」滝澤正光(2008年6月引退)、「中部の帝王」山田裕仁などは『適性組』出身であり、競輪で活躍するためには自転車競技の経験者が有利になるかと言えば、そうでもない。

1回の入試における合格定員は75名(第93期よりそれぞれ技能60名・適性15名程度)で、近年の競争倍率は数倍程度の低下傾向にあるが、それでも現役選手の中には3回目や4回目でやっと合格した、という人も少なくない。

なお自転車競技(トラックレース)で優秀な成績を収めている者は技能試験が免除され、入試は面接だけになる場合がある。

特に入学試験の直近にあたる世界規模(トラックレースだけでなく、オリンピックでの自転車種目以外を含む上位入賞者)の大会において優秀な成績を収めた者は、特別選抜入試制度として別枠の試験が行なわれ、試験内容も大幅に緩和される。

この制度によりスケート競技で活躍した植松仁・武田豊樹・牛山貴広が入学している。ただ、西谷岳文の場合は金メダルを獲得した長野オリンピックが1998年開催と、受験時とはかなりの間があったことからこの制度での受験はできず、一般受験で合格した。

適性試験では、かつては持久力走などが行われていたが、現在は垂直跳びと背筋力測定のみ。これは、持久力走では鍛え方次第(努力)でタイムを縮めることができる一方で、垂直跳びや背筋力は鍛えても伸びるものではないから(「天性」の要素が強い)。

また、適性試験では「他競技において優秀な成績を収めた者」を対象に、一次試験が免除される「適性の特別枠」が設けられている。

プロ野球退団者においては、退団した年とその翌年に限り一次試験が免除される規定がある。これを利用し松谷秀幸らが競輪学校に合格している。



試験内容

【1次】 技能試験か適正試験を選択

【2次】 技能試験か適正試験、身体検査



試験地

【1次】 全国各地

【2次】 日本競輪学校



受験手数料

1次 6,000円 2次 7,000円



関連リンク

日本競輪学校オフィシャルサイト

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link

小型自動車競走選手 

Sponsored Link



★受験資格★ 年齢制限

★合格率★ --------
  
★取得目的★ スペシャリスト

オートレース選手とは、公営競技のオートレースにおいて、賞金を獲得するプロの選手である。オートレーサーとも呼ばれるが、正式名称は小型自動車競走選手である。2008年7月現在で464名の選手が登録されている。



資格の概要

オートレース選手になるためには、まず、原則として2年に1回行われる選手養成所入所試験に合格しなければならない。この試験は極めて競争率が高い。なお2003年の第29期募集までは「原則として満23歳以下(ロードレース世界選手権・全日本ロードレース選手権等で顕著な成績を挙げている者については満28歳以下)」という年齢の上限が定められていたが、2007年の第30期募集からは年齢制限の上限を撤廃し、下限も従来の「満18歳以上」から「満16歳以上」に引き下げている。また従来は受験資格が「男子」に限られていたものも撤廃されたため、今後女子のオートレース選手が誕生する可能性が生まれた。

試験に合格すると、筑波サーキットに併設されている選手養成所に入所し、10ヶ月の基礎訓練を行う(30期からは9ヶ月に短縮される)。この間、候補生は正月の帰省以外の私用外出は許されず、外部との連絡も手紙、電話(時間限定)に限られる。この養成所生活を経て、選手資格検定(規定タイム3.60以上)に合格した者がJKAの選手として登録され、各オートレース場へ配属となる。

前述の通り選手募集は原則として2年に一度行われることになっているが、2005年は選手募集が行われなかったため今後の先行きに不透明感が漂っていた。しかし、2007年6月25日から、第30期選手候補生の募集を行うと日本小型自動車振興会(当時)が発表した。




試験内容

<選手養成所入所試験>

①実施時期   

通常隔年で実施(次回は平成13年秋頃に予定)


②受験・応募資格

(1)満18歳以上満23歳以下の独身男子   

(2)中学校卒業以上の学力を有する者   

(3)運転免許証を有する者(原付も可)  
 
(4)身長175cm以下、体重60kg以下の者   

(5)両眼とも裸眼視力0.6以上で、色盲・色弱でない者   

(6)禁治産者または準禁治産者でない者   

(7)公営競技関係法規の規定に違反して、罰金以上の刑に処せられた者ではない者   

(8)禁固以上の刑に処せられた者ではない者
  
(9)公営競技の選手であって、登録を消除された者ではない者


<選手資格検定試験>

①実施時期   

通常隔年で実施(次回は平成13年2月下旬に予定)

②受験・応募資格   

次のいずれかに該当する者は、受験することはできません。  
 
(1)禁固以上の刑に処せられ、その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなった後3年を経過しない者   

(2)小型自動車競走法の規定に違反して罰金に処せられ、その執行を終わり、または執行を受けることがなくなった後3年を経過しない者   

(3)「小型自動車競走審判員、選手および小型自動車登録規則」第21条第1号から第3号までの一に該当することにより登録を消除されてから3年を経過しない者

試験科目

1次 学力検査、適性検査

2次 面接、身体精密検査

3次 技能審査、身体検査など



試験地

要問合せ 日本小型自動車振興会選手養成所養成課 03-3570-5511



受験手数料

10,000円



関連リンク

【小型自動車競走選手資格検定】-資格・試験-経済産業省

日本小型自動車振興会

小型自動車競走審判員、選手および小型自動車登録規則

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link

小型自動車競走審判員 

Sponsored Link



★受験資格★ 年齢制限

★合格率★ 100%
  
★取得目的★ 就職・再就職



資格の概要

地方公共団体が開催する小型自動車競走(オートレース)の競技運営を司る審判員の資格検定です。小型自動車競走の審判員は、小型自動車競走法第8条により、日本小型自動車振興会に登録された者でなくてはなりません。日本小型自動車振興会では、小型自動車競走の公正かつ円滑な実施を確保することを目的として、身体、技能、学力及び人物について資格検定試験を実施し、合格した者を審判員として登録しています。 



試験内容

①実施時期   

不定期(年間3回程度)

②受験・応募資格  

満20歳以上の者であって、履歴書、住民票等を添えて申請をした者が受験できます。     
ただし、次のいずれかに該当する者は受験することが出来ません。
 
(1)禁固以上の刑に処せられ、その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなった後3年を経過しない者
  
(2)小型自動車競走法の規定に違反して罰金に処せられ、その執行を終わり、または執行を受けることがなくなった後3年を経過しない者   

(3)「小型自動車競走審判員、選手および小型自動車登録規則」第14条第1号から第3号までの一に該当することにより登録消除されてから3年を経過しない者

試験科目

身体検査、学力検査、人物検査、技能検査



試験地

各オートレース場



受験手数料



関連リンク

【小型自動車競走審判員資格検定】-資格・試験-経済産業省

小型自動車競走審判員、選手および小型自動車登録規則 - 財団法人 JKA

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link

狩猟免許 

Sponsored Link



★受験資格★ 年齢制限

★合格率★ 東京都 90%
  
★取得目的★ スペシャリスト

狩猟免許とは、狩猟鳥獣の捕獲等を認める許可をいう。



資格の概要

免許制により、密猟の防止や野生動物の保護などを目的としている。


区分

網猟免許 - 網

わな猟免許 - わな

第一種銃猟免許(旧乙種) - 銃器(空気銃及び圧縮ガス銃を含む)

第二種銃猟免許(旧丙種) - 空気銃及び圧縮ガス銃

2002年(平成14年)、「鳥獣保護及狩猟ニ関スル法律」から「鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律」への全面改正により、名実とも大幅に変更された。

20歳以上の者。受験資格がないのは狩猟免許を取り消され、その後3年間を経過していないものや精神分裂病(統合失調症)、そううつ病(そう病及びうつ病を含む)、てんかん(軽微なものを除く)にかかっている者、知的障害者又は麻薬、大麻、阿片又は覚せい剤の中毒者、その他自分の行為の是非を判別して行動する能力が欠如又は著しく低い者、20歳に満たない者(試験日に20歳に達する者は可)、受験しようとする各都道府県に住所を有しない者。

更新

免許を取得してからの有効期間は、誕生日ではなく一律9月15日を境にした概ね3年間。更新時には適性検査と講習を受ける。


狩猟

狩猟鳥獣として(平成19年現在)鳥類29種、獣類20種が対象(根拠法令「鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律」)。しかし、同法が頻繁に改正されるばかりでなく、同法に多くの下位法令が随伴し、さらに多くの他系統の法令にも依存しているので、常時関連法令全てに注意を配らなくてはならない。特に、政令(同法施行令)及び環境省令(同法施行規則)により一時的に、そして各都道府県条例(同施行規則の特別委任による施行細則)により地域別に、一部の狩猟鳥獣に対する特定の猟法による捕獲禁止措置を執られ、年度及び地域により差違があることが多いので猟期前の慎重な確認が必要である。狩猟を行うには、その行為を行う場所が属する都道府県への登録を行い、狩猟者登録証と狩猟者記章が交付される必要がある。


狩猟期間

狩猟期間は狩猟を行っても良い期間である。

「鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律」により、あくまでも原則として、北海道では9月15日から翌年4月15日まで、それ以外の都道府県では10月15日から翌年4月15日までと定められている。

ただし現在は、政府(同法施行令)及び環境省(同法施行規則)によって、北海道では10月1日から翌年1月31日まで、それ以外の都道府県では11月15日から2月15日までに短縮されている。また、都道府県庁(同施行規則の特別委任による施行細則)による狩猟鳥獣及び猟法並びに放鳥獣猟区等を限定した、期間の延長又は短縮があり、複雑になってきている。



試験内容

各都道府県によって試験日が違うが、6月下旬から9月上旬の年2回行うところが多く、場所によっては冬にもう1回行うところと、逆に年1回のみのところもある。ただし、3回目の試験は「網猟免許」及び「わな猟免許」限定の場合が多い。

試験科目

狩猟についての必要な適性
狩猟についての必要な知識
狩猟についての必要な技能



試験地

各都道府県による



受験手数料

5,300円



関連リンク

社団法人 大日本猟友会

Northern Shotgunner's Home Page

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link
こんな資格もあります
資格取得・・・そして転職へArchives

資格一覧
資格の合格率と分類
資格・検定関連サイト紹介
注目の資格ランキング
ブログパーツ
名言集


メール共有メーラー・顧客管理ソフト 債務整理 静的・テキストリンクの相互リンク集でSEO対策しませんか!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。