資格取得・・・そして転職へ

資格取得・・・そして転職へでは資格取得と転職に関する情報を掲載しています
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。
カスタム検索
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。

スポンサーサイト 

Sponsored Link



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link

転職活動に要する期間 

Sponsored Link



応募→書類選考→面接→内定→入社

このような流れが基本になると考えた場合、転職活動の期間は3~4カ月程度と考えておくのがベターです。具体的には、応募から内定決定までに1カ月半、その後のいわゆる退職活動に1カ月半、といったところではないでしょうか。

ただし、これはあくまで例であり、一概に言えるものではありません。企業側の考えによって、返答に時間がかかってしまうケースなどもありますし、進み方が企業や募集ポジションによって異なる場合も多々ありますので注意しましょう。

また、入社時期に関して、企業側は基本的に内定を出したら「すぐにでも来てほしい」と考えます。

基本的には「3~4カ月後には入社できる」状態で活動する、というのが望ましいと言えるでしょう。

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link

転職活動を始める前に確認 

Sponsored Link



転職とは「働く環境を変えること」勤務する企業、一緒に働くメンバー、仕事の中身、ポジション、収入、雇用形態、勤務地……。そうした、いろいろな要素から成り立つ環境を変えることが転職の本質です。

環境を変える手段は、転職だけではない

転職を考えているということは、何らかの要素に不満を感じているということ。
そこで明確にしておきたいのは

どの要素をどのように変えたいのか

何のために変えたいのか

冷静に考えると、現職でそれを変えることができるかもしれませんし、別の手段で納得がいくような変更ができるかもしれません。

次に、何のために転職するのか、目的をはっきりさせましょう。

「自分の夢を実現したい」「新しい仕事や業界に挑戦したい」「自分の力をもっと発揮したい」など、いろいろな目的があると思います。転職は、その目的を達成するための手段にすぎません。

転職自体を目的とするのではなく、本来の「目指すべき目的」を見失わないように気を付けましょう。転職したとしても、その後納得できずに再び転職を志すというのは悪循環ですから。


転職を考え始めたら以下のことを試して見ましょう。

①転職する自分なりの理由・目的をすべて書き出す

②理由と目的を確認する

・ 現状の環境では解決できないことか?
・ 自分で解決するための努力をしたか?
・ 自分を過大評価していないか?

③転職する理由・目的が妥当かどうかを判断する

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link

転職活動の流れ 

Sponsored Link



1、自己分析

転職で実現したいこと、そのためにすべきこと、自分自身の強み・弱み、これまでを振り返りながら、自分を見つめ直します。

2、会社選び

自己分析で出た答えに沿って、求人を探します。仕事内容、求められる役割、企業の経営情報、事業戦略など、できるだけ深い情報を入手して検討しましょう。

3、応募書類の作成

希望どおりの求人が見つかれば、履歴書や職務経歴書を作成し、企業に応募しましょう。

4、面接

書類選考通過後は、面接。面接を突破すれば内定です。

5、退社・入社の手続き


STEP5. 退職・入社の手続き

内定をもらった後は、入社の手続きです。

現職の方は円満に退社することも大切です。新しい環境への地ならしをする必要があります。

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link
こんな資格もあります
資格取得・・・そして転職へArchives

資格一覧
資格の合格率と分類
資格・検定関連サイト紹介
注目の資格ランキング
ブログパーツ
名言集


メール共有メーラー・顧客管理ソフト 債務整理 静的・テキストリンクの相互リンク集でSEO対策しませんか!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。