資格取得・・・そして転職へ

資格取得・・・そして転職へでは資格取得と転職に関する情報を掲載しています
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。
カスタム検索
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。

スポンサーサイト 

Sponsored Link



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link

キータッチ2000テスト 

Sponsored Link



★受験資格★ 制限なし

★合格率★ 
  
★取得目的★ キャリアアップ


資格の概要

キータッチ2000テストとは、日本商工会議所が実施する、コンピュータの入力機器であるキーボードを使った文字の入力速度・操作技能を証明する試験である。

尚、日本商工会議所は本試験をキーボード操作技能認定制度の初級と位置づけており、中級、上級に該当する試験としてビジネスキーボード認定試験が日本商工会議所により実施されている。



試験内容

試験は商工会議所が指定するネット試験施行機関にて実施される。実施時期は随時、毎週、毎月に分かれており、施行機関によって異なる。試験時間は10分間、練習時間5分間。

試験問題は英字、数字、記号による2000字から成り、試験会場に用意されたパソコンの画面にランダム、ローマ字、英単語の各形式で表示された文字を受験者がキーボードで入力する形式で行われ、高いスコアを出すためにはタッチタイピング(ブラインドタッチ)の習得が欠かせない。

10分間に入力できた文字数によってキーボードの操作技能が証明され、試験後、受験者全員に技能認定証明書が発行される。また、試験問題の全2000字を入力した受験者にはゴールドホルダーの称号が与えられる。



試験地



受験手数料

1,500円



関連リンク

キータッチ2000テスト 公式WEBページ

キータッチ2000テストトレーニングプログラム

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link

文書処理能力検定 

Sponsored Link



★受験資格★ 制限なし

★合格率★ 1級 約50%  2級 約70%
  
★取得目的★ キャリアアップ

文書処理能力検定2種試験とは、全日本情報学習振興協会(全情協)が主催する文部科学省後援の検定試験で、文書作成能力と技術常識について検定を行うものである。



資格の概要

文書処理能力検定試験とは、ワープロソフトを使い、入力速度やさまざまな機能の活用度レベルを問う試験。(財)全日本情報学習振興協会が主催する。

文書処理能力検定試験のI種は入力速度やビジネス文書の作成能力を測る試験(1級以外は実技試験のみ)で、II種ではワープロに備わる表計算能力やデータベース機能などの操作能力を問う。

II種では、筆記試験として「マルチメディア社会に対応する技術に関する試験」も課せられる。資格を取得すれば、パソコンのワープロソフトの活用レベルの証明となる。



試験内容

1級を最高に、2級・3級の3ランクがある。

試験は、筆記と実技によって実施される。


使用するソフト

試験では、ワード・エクセルを使用する。

試験時間

* 実技試験 45分
* 筆記試験 20分

合格点

70点以上(満点:100点)


試験回数

1月・3月・5月・7月・9月・11月の年6回

合格発表

全日本情報学習振興協会のホームページ又は受験会場で発表

合格証書交付

受験会場で、受験票と引き換えに交付。受験票亡失の場合は、受験会場にて亡失の旨を伝えなければならない。

試験科目

実技試験

* 3級 罫線を含む文書作成
* 1級・2級 図形・罫線を含む文書作成

筆記試験

マルチメディア社会に対応する技術に関する知識



試験地

要確認



受験手数料

1級 5,250円 2級 4,200円 3級 3,150円



関連リンク

文書処理能力検定試験Ⅰ種・Ⅱ種/全情協

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link

ビジネスクラスパソコン速記検定:日本語会話タイピング検定 

Sponsored Link



★受験資格★ 制限なし

★合格率★ 
  
★取得目的★ キャリアアップ



資格の概要

ビジネスクラスパソコン速記検定試験(日本語会話タイピング検定)は、従来の書面の入力や、文書の作成能力とは異なり、ビジネス会話や説明文をヘッドホンから聞いて、ダイレクトに入力する能力を、正確さとスピードを中心に認定します。



試験内容

読み上げ文章をタイピング入力し、制限時間内に規定の文字数の入力と正確性を検定する。



試験地

要確認



受験手数料

速記者認定 21,000円

1級 8,400円

準1級 8,400円

2級 6,300円

準2級 6,300円

3級 4,200円




関連リンク

パソコン速記検定試験(日本語会話タイピング検定)<ビジネスクラス>

パソコン速記検定試験 体験版

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link

ビジネスクラス日本語タイピング検定  

Sponsored Link



★受験資格★ 制限なし

★合格率★ 
  
★取得目的★ キャリアアップ



資格の概要

日本語タイピング検定は、ビジネス文書や解説文など、様々な文章を、見ながらそのままパソコンで入力します。パソコン技能の中でも最も基本的な入力能力を、正確さとスピーディなタイピング能力を中心に認定します。



試験内容

パソコンの画面に表示されるビジネス文書や解説文などを見ながら直接パソコンで入力していき、各級の合格入力数、正答率基準を満たしている場合、級の認定が行われる。

課題についてはビジネス文書や解説文の入力(制限時間10分)を2回実施。結果はスコアで評価される。



試験地

要確認



受験手数料

1級 5,250円 

準1級 5,250円 

2級 3,150円 

準2級 3,150円  

3級 2,100円




関連リンク

日本語タイピング検定<ビジネスクラス>

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link

日本語ワープロ検定 

Sponsored Link



★受験資格★ 制限なし

★合格率★ 
  
★取得目的★ キャリアップ



資格の概要

日本語ワープロ検定は、パソコンの日本語ワープロソフトの有効な利用を通じて、日本語の入力および文書処理能力を身につけるとともに、情報化社会の中でコンピュータ活用能力の向上を図ることを目的として日本情報処理検定協会が実施する検定試験。



試験内容

実技試験(速度・文書作成)

指示に対応できる機能を有するソフトを使用(使用機種・ソフト・ソフトのバージョンは問いません)

試験科目

初 段

速  度

試験時間…10分

用紙サイズ…A4判縦

1ミスに対して…5文字減

漢字含有率…35%~40%

文章内容…一般的現代文

出題内容…手書き問題から入力

合格字数…800文字以上


文書作成I

試験時間…20分

用紙サイズ…A4判縦

1ミスに対して…2点減

出題内容…手書き問題からビジネス文書作成(表・地図を含む)

合格点数…80点


文書作成Ⅱ

試験時間…20分

用紙サイズ…A4判縦

1ミスに対して…「初段減点基準(文書作成Ⅱ)」に従う

出題内容…文字の処理、グラフの挿入、表内データの処理(計算、並べ替え)、図形挿入、段組み など

合格点数…80点



試験地

要確認



受験手数料

初級 5,000円 

1級 3,000円 

準1級 2,800円 

2級 2,500円

準2級 2,300円 

3級 2,000円 

4級 1,500円




関連リンク

日本情報処理検定協会 日本語ワープロ検定

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link

全商ワープロ実務検定 

Sponsored Link



★受験資格★ 制限なし

★合格率★ 
  
★取得目的★ キャリアアップ



資格の概要

全商ワープロ実務検定(ぜんしょうわーぷろじつむけんてい)とは、財団法人全国商業高等学校協会が主催する検定のひとつである。

1級から4級まである。

試験内容は「筆記」(1~3級)と実技の「速度」と「文書」で成り立っており、各種目の基準点数(速度に於いては字数)を取ると合格となる。



試験内容

ワープロの実務検定試験は、第1級から第4級までの範囲があり、試験の内容は筆記(第4級を除く)・実技の2種目。

実技はさらに、速度と文書(第1級は表または図やグラフを含む文書、第2級は表または図を含む文書、第3級は簡単な表を含むビジネス文書、第4級はビズネス文書)の作成の2つに分かれています。

なお、筆記では機械・文書に関する知識(機械・機械操作、文書の種類、文書の作成、文書の受発信)、漢字・語句などに関する知識が出題される。


<ワープロ実務検定試験規則>

(平成8年4月、11年4月、13年1月、14年5月、17年1月、19年4月改正)

第1条 財団法人全国商業高等学校協会は、ワープロに関する知識・技能を検定する。

第2条 検定は筆記・実技試験によって行う。

第3条 検定は第1級、第2級、第3級および第4級の4種とする。

第4条 検定試験は全国一斉に同一問題で実施する。

第5条 検定試験は年2回実施する。

第6条 試験の種目・制限時間・程度は次のように定める。

第1級

(1)筆記
機械・文書に関する知識・・・ 機械・機械操作、文書の種類、文書の作成、文書の受発信
漢字・語句などに関する知識
制限時間は15分

(2)実技(速度)
問題は活字。印刷は時間外。
制限時間は10分

(3)実技(文書)
問題は活字または手書き。印刷は時間外。
表または図やグラフを含む文書。
制限時間は20分

第2級

(1)筆記
機械、文書に関する知識・・・ 機械・機械操作、文書の作成、文書の種類、文書の受発信
漢字・語句などに関する知識
制限時間は15分

(2)実技(速度)
問題は活字。印刷は時間外。
制限時間は10分

(3)実技(文書)
問題は活字または手書き。印刷は時間外。
表または図を含む文書。
制限時間は15分

第3級

(1)筆記
機械、文書に関する知識・・・機械・機械操作、文書の作成、文書の種類、文書の受発信
漢字・語句などに関する知識
制限時間は15分

(2)実技(速度)
問題は活字。印刷は時間外。
制限時間は10分

(3)実技(文書)
問題は活字または手書き。印刷は時間外。
簡単な表を含むビジネス文書。
制限時間は15分

第4級

(1)実技(速度)
問題は活字。印刷は時間外。
制限時間は10分

(2)実技(文書)
問題は活字または手書き。印刷は時間外。
ビジネス文書。
制限時間は15分


ただし、各級の「速度」については、パソコン入力スピード認定試験(日本語部門)で、受験予定の級以上の級に認定された者は、本人の申請により、認定後2年以内であれば、当該級を免除する。

第7条 検定に合格するためには、各種目とも次の成績を得なければならない。

筆記  第1級~第3級とも100点満点で、80点以上。

実技(速度) 10分間の純字数

第1級:700文字以上、第2級:450文字以上
第3級:300文字以上、第4級:200文字以上

実技(文書)
第1級~第4級とも100点満点で、80点以上。

第8条 検定に合格した者には合格証書を授与する。

第9条 前条による検定合格証書は、次の様式による。(証書の様式省略)

第10条 検定試験受験志願者は、所定の受験願書に受験料を添えて本協会に提出しなければならない。

第11条 試験委員は、高等学校その他の関係職員がこれに当たる。


<ワープロ実務検定施行細則>

第1条 受験票は本協会で交付する。受験票は試験当日持参しなければならない。

第2条 試験規則第5条による試験日は、毎年6月の第5日曜日とし、該当月に第5がない場合、7月の第1日曜日とする11月は第4日曜日とする。

第3条 受験料は次のように定める。(消費税を含む)
第1級 1,600円
第2級 1,400円
第3級 1,200円
第4級 900円

第4条 機械は、試験場校で用意するものかまたは受験者が持ち込んだものを使用する。ただし、機械の持ち込みを希望する者は、試験場校の指示に従い試験の前日もしくは当日に搬入する。

第5条 試験会場では試験委員の指示に従わなければならない。

第6条 合格発表は試験施行後1ヶ月以内に行う。その日時は試験当日までに発表する。



試験地

要確認



受験手数料

1級 1,600円

2級 1,400円

3級 1,200円

4級 900円




関連リンク

全商ワープロ実務検定

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link

パソコン入力スピード認定試験 

Sponsored Link



★受験資格★ 制限なし

★合格率★ 
  
★取得目的★ キャリアアップ

パソコン入力スピード認定試験は、全国商業高等学校協会が主催する検定試験。



資格の概要

受験資格:特になし。ただし、主な対象は商業高校生。

試験日:2月第2土曜日または第2日曜日

受験料:1部門につき700円



試験内容

試験は、部門ごとに同一問題の実技試験により実施される。各部門とも制限時間は10分間で、入力された文字数により、5段~4級の9段階のいずれかに認定される。

リンケージ制度

本検定の日本語部門で、一定の認定基準に達した場合は、申請により、認定後2年以内のワープロ実務検定の実技(速度)の当該階級が免除される。

例)日本語部門2級認定者 → ワープロ実務検定2級実技(速度)免除

ただし、段位認定者は、ワープロ実務検定1級実技(速度)が免除される。

* 本検定は、2006(平成18)年度に新設された試験である。
* 本検定の1級に認定されても、三種目以上1級合格者表彰制度の対象にはならない。



試験地

要確認



受験手数料

1部門につき700円



関連リンク

ZENSHO WEB SITE -(財)全国商業高等学校協会

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link

電卓計算能力検定 

Sponsored Link



★受験資格★ 制限なし

★合格率★ 段位 約25%  1級50%
  
★取得目的★ スペシャリスト



資格の概要

電卓計算能力検定とは、電卓を使用して、正確な指使いでスピーディに計算できる能力を測る検定試験。主催団体は(社)全国経理学校協会。レベルは10段階の段位と1~4級に区分されている。

電卓計算能力検定の試験時期は、5月、7月、10月、12月、2月の年5回。

試験の内容は、乗算、除算、見取算、複合算、伝票算の5種目(4級のみ4種目)。各種目とも制限時間内に計算問題を解く形式。合格率は格段・級平均で5割程度。



試験内容

4級 乗算(7桁)、除算(6桁)、見取算(3~5桁)、複合算(1題9桁以内)

3級 乗算(7桁)、除算(6桁)、見取算(3~6桁)、複合算(1題10桁以内)、伝票算(3~5桁)

2級 乗算(9桁)、除算(8桁)、見取算(4~8桁)、複合算(1題11桁以内)、伝票算(3~7桁)

1級 乗算(11桁)、除算(10桁)、見取算(5~10桁)、複合算(1題12桁以内)、伝票算(4~9桁)

段位 程度は1級とし、出題数は2倍とする。

実施方法:筆記試験

合格条件

各級とも1種目100点満点とし、1級~4級は各種目とも得点70点以上を合格とする。ただし、段位は1種目200点満点とし、各種目の得点が100点以上の総得点制とし、初段を500点以上、二段から50点ずつ加点して定め、全種目満点を名人とする。



試験地

要確認



受験手数料

段位 2,600円

1級 1,700円

2級 1,400円

3級 1,100円

4級 900円




関連リンク

全国経理教育協会 電卓計算能力検定

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link

計算実務能力検定  

Sponsored Link



★受験資格★ 制限なし

★合格率★ 全級平均 約70%
  
★取得目的★ スペシャリスト



資格の概要

計算実務能力検定とは、経理業務などを行ううえで必要とされる正確な計算能力を認定する検定試験。主催団体は(社)全国経理学校協会。1~4級があり、それぞれ帳票計算と商業計算の2科目がある。

計算実務能力検定の試験範囲は級が上がるごとに広がっていく。「帳票計算」では、4級の現金出納帳、売上帳、仕入帳といったレベルから始まり、1級では精算表、棚卸し表、固定資産台帳までが問われる。

「商業計算」では、4級の割合の計算、歩合算といったレベルから始まり、1級では株式・年金・減価償却費などの計算までが問われる。



試験内容

各級とも帳票計算と商業計算の分野に分けて出題される。

3級

帳票計算(仕訳帳、総勘定元帳、得意先元帳、仕入先元帳、入出金伝票)
商業計算(割合の表し方、損益、利息)

2級

帳票計算(合計残高試算表、商品有高帳、入出金伝票)
商業計算(売買諸費用、手形割引、度量衡、貨幣の換算)

1級

帳票計算(精算表、棚卸表、固定資産台帳、入出金伝票)
商業計算(比率、製造原価、利益処分、有価証券、株式、福利、年金、年割賦、積立金、減価償却)

実施方法:筆記試験

合格条件:各級とも1科目100点満点とし、全科目得点70点以上で合格。



試験地

要確認



受験手数料

1級 1,600円

2級 1,300円

3級 1,100円




関連リンク

全国経理教育協会 計算実務能力検定

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link

電子会計実務検定 

Sponsored Link



★受験資格★ 制限なし

★合格率★ 1級 24.1%  2級 17.8%
  
★取得目的★ スペシャリスト



資格の概要

 本格的なネット社会を迎え、情報ネットワークがビジネスインフラとして定着し、企業においてパソコン等の情報機器の活用が不可欠となるなか、会計実務においても、パソコンソフト等の活用による電子会計が、業種・業態、企業規模を問わず普及しています。

 一方で、企業経営の観点からは、単に会計ソフトを導入し、経理・会計事務の省力化、効率化を図るだけでは十分とはいえず、簿記の理論・知識をもとに、そこから得られる会計情報をいかに分析・活用し、経営に役立てることができるかが重要であり、これを実践できる人材の育成が急務となっています。

 また、中小企業においても、経営革新、経営改革を図るうえで電子会計の導入は必須となるとともに、今後ますます、会計情報の開示と説明責任が求められてくることから、自社の会計情報を正確に分析・把握しておくことが必要とされています。

 さらに、「e-Tax」による電子申告・電子納税や、「e文書法」による帳簿・証憑書類の電子保存など、ネット社会に対応した会計実務の知識やスキルの修得も求められることから、実践的かつ体系的な人材育成、能力開発の制度が必要とされます。

 こうしたことから、日本商工会議所および各地商工会議所では、企業、特に中小企業における電子会計の実践およびこれに対応できる人材の育成に資するとともに、中小企業の会計指針の普及・定着を図ることを目的に、「電子会計実務検定試験」を創設しました。



試験内容

上級

(1)電子会計情報の活用 90分

各種電子帳簿書類やキャシュ・フロー計算書、外部ファイナンス情報等にもとづく、利益計画、資金計画、予算管理、部門管理、プロジェクト管理等

(2)会計ソフトの導入・運用

会計ソフトの導入・運用の指導・支援、インターネットバンキングの仕組みの理解等

(3)電子会計データの電子保存と公開

電子帳簿保存法等の理解、財務情報のWebサイトへの公開

(4)電子申告・納税システムの理解 電子申告、電子納税、電子申請・届出等の理解

(5)企業会計以外の会計システムの理解 NPOや公益法人等の会計の仕組の理解


中級

(1)関連業務等からの業務データ等の活用 60分

購買、製造、販売、在庫管理、給与計算等の関連業務から生成される各種業務データの活用、支店別・営業所別会計等からの会計データの活用

(2)電子会計情報の活用 決算書・資金繰り表等による損益の状況や資金の状況のとらえ方等

(3)電子会計データの保管・管理 電子会計データの保管・管理方法 等


初級 40分

(1)電子会計データの流れ

各種原始証憑の見方・取り扱い、会計データの入力、各種電子帳簿書類の出力、電子会計データのバックアップとバックアップデータのリストア(復元)等

(2)電子会計情報の活用 各種電子帳簿書類の見方等



試験地

要確認



受験手数料

初級 10,000円 

中級 7,000円 

初級 4,000円




関連リンク

日本商工会議所 電子会計実務検定

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link
こんな資格もあります
資格取得・・・そして転職へArchives

資格一覧
資格の合格率と分類
資格・検定関連サイト紹介
注目の資格ランキング
ブログパーツ
名言集


メール共有メーラー・顧客管理ソフト 債務整理 静的・テキストリンクの相互リンク集でSEO対策しませんか!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。