資格取得・・・そして転職へ

資格取得・・・そして転職へでは資格取得と転職に関する情報を掲載しています
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。
カスタム検索
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。

スポンサーサイト 

Sponsored Link



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link

保育士 

Sponsored Link



★受験資格★ 学歴制限

★合格率★ 12.8%
  
★取得目的★ 就職・再就職



子供好きの女性を中心に根強い人気のある保育士

厚生労働大臣指定の養成学校を卒業することで取得することが一般的だが、通信講座などで学びながら国家試験を受験し取得を目指す方法もあります。

試験には幅広い専門知識が要求されるので、全科目合格は決して容易ではないが、合格した科目に関しては翌年と翌々年の試験が免除されるため、社会人でも地道に時間をかけて取得を目指すことができます。

平成15年からは保育士と称して業務を行うには試験に合格した上で、各都道府県に保育士登録を行うことが義務付けられている。


資格の概要

保育士とは、一般に保育所など児童福祉施設において子供の保育を行う者。国家資格の一つである。

児童福祉法施行令第13条: 児童福祉施設において児童の保育に従事する者

児童福祉法第18条の4(2003年11月29日以降):都道府県知事の登録を受け、保育士の名称を用いて、専門的知識及び技術をもって、児童の保育及び児童の保護者に対する保育に関する指導を行うことを業とする者

世間では「保育園の先生」と呼ばれることもあるが学校教育法に定めるところの教師(教員)ではなく、先生はあくまで通称であり、厚生労働省による福祉の国家資格の一つである。一方、「幼稚園の先生」は正式には幼稚園教諭と言い(学校教育法81条第4項)などにより(教員)と定められている。

管轄も幼稚園は文部科学省、保育園は厚生労働省と分かれている。



試験内容

筆記:社会福祉・児童福祉・発達心理学及び精神保健・小児保健・小児栄養・保育原理・教員原理および養護原理・保育実習理論

実技試験:音楽・絵画制作・言語・から2分野を選択




試験地

各都道府県が指定する場所



受験手数料

12,700円



関連リンク

社団法人 全国保育士養成協議会

保育士になった男性が教えるやさしい保育士入門

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link
こんな資格もあります
資格取得・・・そして転職へArchives

資格一覧
資格の合格率と分類
資格・検定関連サイト紹介
注目の資格ランキング
ブログパーツ
名言集


メール共有メーラー・顧客管理ソフト 債務整理 静的・テキストリンクの相互リンク集でSEO対策しませんか!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。