資格取得・・・そして転職へ

資格取得・・・そして転職へでは資格取得と転職に関する情報を掲載しています
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。
カスタム検索
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。

スポンサーサイト 

Sponsored Link



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link

揚貨装置運転士 

Sponsored Link



★受験資格★ 年齢制限

★合格率★ 75.3%
  
★取得目的★ キャリアアップ



資格の概要

揚貨装置とは船舶に取り付けられるクレーン・デリックのことで、陸から船へ、または船から陸へと積載した貨物の積み下ろしを行う際に使用される。この揚貨装置を運転するには揚貨装置運転士の資格が必要。

揚貨装置運転士とは、日本において、労働安全衛生法に定められた国家資格(免許)の一つであり、揚貨装置運転士免許試験(学科及び実技)に合格し、免許の交付を受けた者をいう。なお、一定の規模以下の揚貨装置については、特別教育を受けることで運転・操作することが可能となっており、当該特別教育を修了した者を指して言う場合もある。

区分

揚貨装置運転士免許

制限荷重5t以上を含め全ての揚貨装置を運転・操作することができる。

(以下のものについては、特別教育で運転資格が得られるので運転士とはいわないことが多い。また免許ではない)

揚貨装置の運転の業務に係る特別教育
制限荷重5t未満の揚貨装置を運転・操作することができる。



試験内容

誰でも受験可能だが、免許交付は18歳以上。

免許試験は全国の安全衛生技術センターにおいて行われる。実技教習は都道府県労働局長登録教習機関において行われる。

試験のうち、学科は安全衛生技術センターで受験しなければならないが、実技については同センターで実技試験を受けるコースのほか、登録教習機関で「揚貨装置運転実技教習」を修了するという選択肢も認められている。学科試験・実技試験ともセンターで受験する場合は学科・実技の順に合格する必要があるが、実技教習を登録教習機関で受ける場合は学科試験の前にあらかじめ実技教習を修了しておくことも可能である。

試験科目

学科

揚貨装置に関する知識
原動機及び電気に関する知識
揚貨装置の運転のために必要な力学に関する知識
関係法令

実技

揚貨装置の運転
揚貨装置の運転のための合図


揚貨装置運転実技教習科目

揚貨装置の基本運転
揚貨装置の応用運転
揚貨装置の合図の基本作業


特別教育

特別教育は各事業所(企業等)又は都道府県労働局長登録教習機関において行われる。
告示で規定された履修時間は15時間(以上)となっている。


特別教育科目

学科

揚貨装置に関する知識
原動機及び電気に関する知識
揚貨装置の運転のために必要な力学に関する知識
関係法令

実技

揚貨装置の運転
揚貨装置の運転のための合図



試験地

各地区安全衛生技術センター



受験手数料

学科 8,300円 技術 11,100円



関連リンク

安全衛生技術試験協会

港湾貨物運送事業労働災害防止協会

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link
こんな資格もあります
資格取得・・・そして転職へArchives

資格一覧
資格の合格率と分類
資格・検定関連サイト紹介
注目の資格ランキング
ブログパーツ
名言集


メール共有メーラー・顧客管理ソフト 債務整理 静的・テキストリンクの相互リンク集でSEO対策しませんか!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。