資格取得・・・そして転職へ

資格取得・・・そして転職へでは資格取得と転職に関する情報を掲載しています
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。
カスタム検索
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。

スポンサーサイト 

Sponsored Link



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link

発破技士 

Sponsored Link



★受験資格★ 学歴制限

★合格率★ 56%
  
★取得目的★ キャリアアップ



資格の概要

発破技士は、労働安全衛生法に規定された国家資格(免許)の一つであり、発破技士免許試験に合格し、都道府県労働局長から免許を交付された者をいう。

採石現場や建設現場などで発破を行う際に穿孔、装填、結線、点火、不発の際の残薬点検と処理などの業務に従事することができる資格である。

この業務には、発破技士のほか、火薬類取締法に定める火薬類取扱保安責任者、鉱山保安法に定める鉱山保安技術職員(現在は廃止、但し既得資格は有効)も従事できる。



試験内容

受験資格

大学、高等専門学校、高等学校、中等教育学校で応用化学、採鉱学、土木工学に関する学科を専攻して卒業し、その後3か月以上発破業務についての実地修習を経た者

発破の補助作業業務に6か月以上従事した経験を有する者

厚生労働大臣が定める発破実技講習の修了者

発破実技講習

発破関係の学歴や実務経験がない者、又はこれから発破の業務に就こうとする者などを対象に、社団法人全国火薬類保安協会が地域別に行う講習で、2日間にわたって学科と実技が行われる。

修了すると発破技士試験の受験資格が得られる。


試験科目

学科

座学講習(火薬類の取扱い、発破用具と模造火薬類の併用による座学講習)
修了試験


実技

見学(穿孔、火薬類の装てん、電気雷管の結線、退避、点火、発破後の点検等)
演習(導火線発破(導火線の燃焼秒時の実測、小石を用いた導火線発破)、電気発破(電気発破の多段発破、導火線との組合わせ発破))


免許試験

試験は各地の安全衛生技術センターで行われる。

旧制度で交付された導火線発破技士免許や電気発破技士免許の所持者は「火薬類の知識」及び「火薬の取扱い」の試験科目が免除される。

試験は学科のみで実技はない。

火薬類の知識
火薬類の取扱い
発破の方法



試験地

各地区安全衛生技術センター



受験手数料

8,300円



関連リンク

財団法人安全衛生技術試験協会

社団法人全国火薬保安協会

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link
こんな資格もあります
資格取得・・・そして転職へArchives

資格一覧
資格の合格率と分類
資格・検定関連サイト紹介
注目の資格ランキング
ブログパーツ
名言集


メール共有メーラー・顧客管理ソフト 債務整理 静的・テキストリンクの相互リンク集でSEO対策しませんか!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。