資格取得・・・そして転職へ

資格取得・・・そして転職へでは資格取得と転職に関する情報を掲載しています
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。
カスタム検索
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。

スポンサーサイト 

Sponsored Link



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link

エックス線作業主任者 

Sponsored Link



★受験資格★ 制限なし

★合格率★ 42.1%
  
★取得目的★ キャリアアップ



資格の概要

エックス線作業主任者は、労働安全衛生法に基づく作業主任者の一つ、エックス線作業主任者免許試験に合格した者又は法令で定める所定の資格を持つ者で、都道府県労働局長からエックス線作業主任者免許の交付を受けた者の中から、事業者により選任される。

事業者は、医療用以外の用途(例:鋳物等の非破壊検査)において1MeV未満の出力のエックス線を用いる場合、労働者の中からエックス線作業主任者を選任することが義務づけられている。

免許を受ける資格を有する者

次の者(18歳未満の者を除く。)は、都道府県労働局長に対し免許交付申請をすることで、この免許の交付を受けることができる。

次節の免許試験に合格した者
診療放射線技師免許を受けた者
原子炉主任技術者免状の交付を受けた者
第一種放射線取扱主任者免状の交付を受けた者



試験内容

免許試験は、全国7か所の安全衛生技術センターにおいて定期的(実施頻度は各センターで異なる。通例は年3~6回)に実施される。学科試験(全問マークシート方式)のみで実技はない。

学歴・実務経験等による受験制限はないが、本人確認書類(運転免許証の写し等)の添付が必要である。受験そのものには年齢制限はないが、合格後の免許交付対象は満18歳以上の者に限られる。

合格後の免許申請は、都道府県労働局に対して行う。


試験科目

エックス線の管理に関する知識
エックス線の測定に関する知識
エックス線の生体に与える影響に関する知識
関係法令

※1科目10問。合格基準は、受験科目全体で6割以上かつ各科目4割以上を正解すること。

※上記の記載順序は法令に基づくもの。実際の試験は、午前の2時間で1.と4.が、午後の2時間で2.と3.が、それぞれ2科目ずつまとめて実施される。

※第二種放射線取扱主任者免状の交付を受けた者は2.と3.が、ガンマ線透過写真撮影作業主任者免許試験に合格した者は3.が、それぞれ免除される。この場合、前者は午前のみで試験終了、後者についての午後の試験時間は1時間となる。



試験地

全国7か所の安全衛生技術センター



受験手数料

8,300円



関連リンク

安全衛生技術試験協会

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link
こんな資格もあります
資格取得・・・そして転職へArchives

資格一覧
資格の合格率と分類
資格・検定関連サイト紹介
注目の資格ランキング
ブログパーツ
名言集


メール共有メーラー・顧客管理ソフト 債務整理 静的・テキストリンクの相互リンク集でSEO対策しませんか!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。