資格取得・・・そして転職へ

資格取得・・・そして転職へでは資格取得と転職に関する情報を掲載しています
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。
カスタム検索
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。

スポンサーサイト 

Sponsored Link



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link

ボイラー取扱者 

Sponsored Link



★受験資格★ 制限なし

★合格率★ ----
  
★取得目的★ キャリアアップ

ボイラー取扱者はボイラー取扱技能講習を修了した者、小型ボイラー取扱業務特別教育を修了した者を指す通称である。法令上の就業制限にかかわらず、小規模ボイラー、小型ボイラーに関する一定の作業をすることが出来る。

ボイラー取扱作業主任者は、労働安全衛生法に定める作業主任者の一つであり、一定規模以上のボイラーを設置し取り扱う事業場において選任することが義務づけられている。選任されるには、特級・一級・二級の各ボイラー技士免許を所持しているか、またはボイラー取扱技能講習を修了していることが必要とされ、その基準は伝熱面積等を基に定められている。



資格の概要

小規模ボイラー、小型ボイラーを取り扱う上で必要な資格である。

本資格で取扱いが可能なボイラーは、小規模ボイラーがクリーニング業や小規模の製造業の工程での蒸気・温水供給に使うボイラー、学校の給食室で釜や食器洗い機の蒸気・温水供給に使うボイラー、小規模の病院やホテル・旅館、温浴施設で空気調和や給湯に使うボイラー、小型ボイラーがクリーニング業や製造業の工程での蒸気・温水供給に使う小型ボイラー、学校の給食室で釜や食気洗い機の蒸気・温水供給に使う小型ボイラー、病院やホテル・旅館、温泉施設で空気調和や給湯に使う小型ボイラーに該当する。

ボイラーは法令上、伝熱面積等の大小の順に次の4段階に区分されている。なお、上位の資格には下位の取扱権限も含まれるため、たとえば免許を有する者が改めて技能講習を受けたり、技能講習を受けた者が小型ボイラーを取り扱う前に改めて特別教育を受けるなどの必要はない。

ボイラー(特級、一級又は二級ボイラー技士免許が必要)

小規模ボイラー(上記免許又はボイラー取扱技能講習修了が必要)

小型ボイラー(上記免許、技能講習修了又は小型ボイラー取扱業務特別教育修了が必要)

簡易ボイラー(資格不要)

ボイラー取扱作業主任者は次の基準により選任することとなっている。(なお、この区分は作業者を統括する作業主任者を選任する場合の基準であって、単なる作業者となるためには特級や一級は必ずしも必要でなく、二級ボイラー技士免許ですべてのボイラーを取り扱うことが認められている。)

伝熱面積の合計が500m2以上の場合(貫流ボイラーのみを取扱う場合を除く):特級ボイラー技士免許を受けた者

伝熱面積の合計が25m2以上500m2未満の場合(貫流ボイラーのみを取扱う場合において、その伝熱面積の合計が500m2以上の場合を含む):特級ボイラー技士免許又は一級ボイラー技士免許を受けた者

伝熱面積の合計が小規模ボイラー以上25m2未満の場合:特級ボイラー技士免許、一級ボイラー技士免許又は二級ボイラー技士免許を受けた者

次のボイラー(小規模ボイラー)のみの場合:特級ボイラー技士免許、一級ボイラー技士免許若しくは二級ボイラー技士免許を受けた者、又はボイラー取扱技能講習を修了した者)

胴の内径が750mm以下で、かつ、その長さが1300mm以下の蒸気ボイラー
伝熱面積が3m2以下の蒸気ボイラー

伝熱面積が14m2以下の温水ボイラー

伝熱面積が30m2以下の貫流ボイラー(気水分離器を有するものにあっては、当該気水分離器の内径が400mm以下で、かつその内容積が0.4d以下のものに限る)

小規模ボイラーよりもさらに小さい区分として小型ボイラーと簡易ボイラーがあり、こちらはボイラー取扱作業主任者を選任する必要はない(ただし、小型ボイラーの場合は取扱いには特別教育を要する)。

伝熱面積換算の特例

貫流ボイラーは、その伝熱面積に10分の1を乗じて得た値として換算する。

廃熱ボイラーは、その伝熱面積に2分の1を乗じて得た値として換算する。

上記の小規模ボイラーは設置台数の多寡にかかわらず伝熱面積には算入しない。

同一事業場に自動安全停止装置が装備されているなどの一定基準を満たしたボイラーを複数台設置している場合は、一番規模の大きいもの1台以外は換算しなくともよい。ただし、この特例は基準クリアーのものに限られており、基準を満たさない小さいボイラーが併設されている場合にそのボイラーまで換算免除となるわけではない。



試験内容

免許の取得
労働安全衛生法に基づき財団法人安全衛生技術試験協会が実施する各級のボイラー技士免許の学科試験に合格する必要がある。特級・一級の場合はさらに実務経験の証明が必要となる

技能講習の受講資格

特に制限はない。社団法人日本ボイラ協会の各支部が定期的に実施している。

小規模ボイラーの作業主任者となるための技能講習は2日間(14時間)のカリキュラムで「ボイラー取扱技能講習」という。これとは別に同じボイラ協会の主催する3日間(20時間)の「ボイラー実技講習」という似た名称の講習があるが、これは二級ボイラー技士免許試験の受験資格を得るためのものであって小規模ボイラーの作業主任者となる資格は得られないので注意を要する。

試験科目

講習科目

ボイラーの構造に関する知識
ボイラーの取扱いに関する知識
点火及び燃焼に関する知識
点検及び異常時の処置に関する知識
関係法令
修了試験

特別教育

各事業所(企業等)又は社団法人日本ボイラ協会(支部)が実施する。2日間(11時間以上)にわたり学科教育(7時間以上)と実技教育(4時間以上)を修了することとなる。
受講資格に制限はない。

講習科目

学科

ボイラーの構造に関する知識
ボイラーの附属品に関する知識
燃料及び燃焼に関する知識
関係法令

実技

小型ボイラーの運転及び保守
小型ボイラーの点検



試験地

全国各地



受験手数料

東京の場合 11,000円



関連リンク

社団法人日本ボイラ協会

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link
こんな資格もあります
資格取得・・・そして転職へArchives

資格一覧
資格の合格率と分類
資格・検定関連サイト紹介
注目の資格ランキング
ブログパーツ
名言集


メール共有メーラー・顧客管理ソフト 債務整理 静的・テキストリンクの相互リンク集でSEO対策しませんか!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。