資格取得・・・そして転職へ

資格取得・・・そして転職へでは資格取得と転職に関する情報を掲載しています
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。
カスタム検索
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。

スポンサーサイト 

Sponsored Link



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link

作業環境測定士 

Sponsored Link



作業環境測定士とは、厚生労働大臣又は指定登録機関(社団法人 日本作業環境測定協会)に登録した者である。

登録するためには、作業環境測定士試験に合格し、登録講習を修了する等の基礎資格が必要である。



資格の概要

作業環境測定士は『作業環境測定法』に基づいて労働作業者の職場環境に存在する有害物質を調査するため、調査計画(デザイン)、試料採取(サンプリング)、分析(簡易測定および測定機器を用いる)を行い、労働作業者の健康を守る資格である。

区分

1種 - 全ての分析ができる。また、鉱物性粉じん、放射性物質、特定化学物質、金属類、有機溶剤の5つに分かれている。

2種 - デザイン、サンプリング、簡易測定器による分析ができる。



試験内容

受験資格

大学又は高等専門学校において理科系統の正規の課程を修めて卒業した者で、その後1年以上労働衛生の実務に従事した経験を有する者。

高等学校又は中等教育学校において理科系統の正規の学科を修めて卒業した者で、その後3年以上労働衛生の実務に従事した経験を有する者。

大学又は高等専門学校において理科系統の正規の課程以外の課程を修めて卒業した者で、その後3年以上労働衛生の実務に従事した経験を有するもの。

職業能力開発総合大学校において長期課程の指導員訓練(理科系統の専門学科)を修了した者で、その後1年以上労働衛生の実務に従事した経験を有する者。

応用課程の高度職業訓練(理科系統の専攻学科)又は専門課程の高度職業訓練(理科系統の専攻学科又は専門学科)を修了した者で、その後1年以上労働衛生の実務に従事した経験を有する者。

普通課程の普通職業訓練(理科系統の専攻学科又は専門学科)を修了した者で、その後3年以上労働衛生の実務に従事した経験を有する者。

専修訓練課程の普通職業訓練(理科系統の専門学科)を修了した者で、その後4年以上労働衛生の実務に従事した経験を有する者。

職業訓練の検定職種のうち、一級、二級又は単一等級の技能検定(理学、工学の知識を必要とするものに限る。)に合格した者で、その後1年以上労働衛生の実務に従事した経験を有する者。

8年以上労働衛生の実務に従事した経験を有する者

測定法施行規則第17条の各号のいずれかに該当する者

技術士試験の第二次試験に合格した者。

産業安全専門官、労働衛生専門官若しくは労働基準監督官またはその職務にあった者。

試験科目

第一種は8月下旬頃の2日間、第二種は8月下旬頃の1日間と2月中旬頃の1日間の2回

第一種

共通科目

労働衛生一般
労働衛生関係法令
デザイン・サンプリング
分析に関する概論

選択科目

有機溶剤
鉱物性粉じん
特定化学物質等
金属類
放射性物質

第二種

共通科目

労働衛生一般
労働衛生関係法令
デザイン・サンプリング
分析に関する概論



試験地



受験手数料



関連リンク

財団法人安全衛生技術試験協会

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link
こんな資格もあります
資格取得・・・そして転職へArchives

資格一覧
資格の合格率と分類
資格・検定関連サイト紹介
注目の資格ランキング
ブログパーツ
名言集


メール共有メーラー・顧客管理ソフト 債務整理 静的・テキストリンクの相互リンク集でSEO対策しませんか!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。