資格取得・・・そして転職へ

資格取得・・・そして転職へでは資格取得と転職に関する情報を掲載しています
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。
カスタム検索
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。

スポンサーサイト 

Sponsored Link



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link

高度情報処理技術者試験 

Sponsored Link



高度情報処理技術者試験(こうどじょうほうしょりぎじゅつしゃしけん)とは、情報処理技術者試験の区分の中でも、専門性が高い一部の区分を指す言葉である。単に高度という場合もある。



2008年度までの試験区分においては初級システムアドミニストレータ試験・応用情報技術者試験(旧:ソフトウェア開発技術者試験及び第一種情報処理技術者)・基本情報技術者試験(旧:第二種情報処理技術者試験)を除いた区分と説明されることが多い。しかし、法的根拠や厳密な定義はない。

1994年の試験制度改正以後、情報処理技術者試験センターや経済産業省が合格発表等を行う際に、上記の区分を指して「高度」の語を使用していた。2000年の試験制度改正以後は公式には「高度」の語は用いられなくなっていたが、2009年度からの試験制度改定に関する資料では、再び「高度」の語を使用している。[1]

基本的にどのような定義でも、情報処理技術者試験の中でも特に難易度・専門性・対外的評価の高い区分を指すという点は変わらない。これらに合格することはシステムエンジニアの能力認定に有効な手段となる。

こうした定義・解釈の中には中小企業診断士試験や弁理士試験で科目免除が受けられる区分という言い方もある。都道府県警察がハイテク犯罪捜査官を中途採用する場合でも、高度区分保有者は警部補、ソフトウェア開発技術者保有者は巡査部長での初任となるなど、世間的にも高度区分で評価が線引きされている面がある。

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link
こんな資格もあります
資格取得・・・そして転職へArchives

資格一覧
資格の合格率と分類
資格・検定関連サイト紹介
注目の資格ランキング
ブログパーツ
名言集


メール共有メーラー・顧客管理ソフト 債務整理 静的・テキストリンクの相互リンク集でSEO対策しませんか!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。