資格取得・・・そして転職へ

資格取得・・・そして転職へでは資格取得と転職に関する情報を掲載しています
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。
カスタム検索
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。

スポンサーサイト 

Sponsored Link



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link

テクニカルエンジニア(情報セキュリティ)試験 

Sponsored Link



★受験資格★ 制限なし

★合格率★ 6.8%
  
★取得目的★ スペシャリスト

テクニカルエンジニア(情報セキュリティ)試験(Information Security Engineer Examination、略称情報セキュリティ、略語SV)とは、2006年(平成18年)から2008年(平成20年)まで実施されていた情報処理技術者試験の一区分である。



資格の概要

情報セキュリティに特化した開発者のための試験として2006年に創設された。本区分の創設前において国内の情報セキュリティに関する国家試験は2001年(平成13年)に創設された情報セキュリティアドミニストレータ試験のみであった。

出題範囲は、セキュリティとネットワーク技術に関する事柄が中心で、どちらも高い知識が要求される。また、プログラミングに関する問題では、C++、Java、Perlのいずれかが用いられる。プログラミング言語を選択できる基本情報技術者試験と異なり、受験者はいずれの言語にも対応できなければならなかった。

なお、本試験区分は平成20年度(2008年春期試験)を最後に情報セキュリティアドミニストレータ試験と統合、情報セキュリティスペシャリスト試験となり廃止された。



試験内容

年1回、4月の第3日曜日に春期情報処理技術者試験の一区分として行われていた。

試験科目

午前
マークシート式の四肢択一で55問出題され、100分で全問解答する。IRT(項目応答理論)によって、最低200点~最高800点の5点刻みで採点され、600点以上で合格(午前試験通過)である。

領域は「セキュリティと標準化」「ネットワーク」の2分野が最高レベルIIIで、出題の中心となる。他にレベルIIで「コンピュータシステム」、「システムの開発と運用」、「データベース」が出題される。特にデータベースに関する問題数が2006年、2007年とも多かった。

なお、情報セキュリティアドミニストレータ試験に含まれる「情報化と経営」や「監査」は、この試験では出題されなかった。

午後I
問題(大問)が4題出題される。それぞれの大問は、主題の設定となる文章と、それに対するいくつかの小問からなる。そのうち3題を選択し、90分で解答する。素点採点で、最低200点~最高800点の5点刻みで採点され、600点以上で合格(午後I試験通過)である。ただし、午前試験が600点に満たなかった者は採点されない。

午後II
問題(大問)が2題出題される。1題を選択して120分で解答する。素点採点で、最低200点~最高800点の5点刻みで採点され、600点以上で最終的に合格である。ただし、午後I試験が600点に満たなかった者は採点されない。

セキュアプログラミングについてであるが、これまで情報処理技術者試験においては出題されたことがなく、様々な憶測を呼んだ。2006年は午後I、午後IIともにPerlのソースコードを読み解く問題が出題された。コードを記述させる問題は出題されず、言葉で問題点や改善方法を指摘させる形であった。2007年は午後Iのみ、C++のソースコードを読み解く問題が出題され、午後IIではセキュアプログラミングに関する問題は出題されなかった。



試験地





受験手数料





関連リンク

情報処理推進機構:情報処理技術者試験センター

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link
こんな資格もあります
資格取得・・・そして転職へArchives

資格一覧
資格の合格率と分類
資格・検定関連サイト紹介
注目の資格ランキング
ブログパーツ
名言集


メール共有メーラー・顧客管理ソフト 債務整理 静的・テキストリンクの相互リンク集でSEO対策しませんか!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。