資格取得・・・そして転職へ

資格取得・・・そして転職へでは資格取得と転職に関する情報を掲載しています
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。
カスタム検索
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。

スポンサーサイト 

Sponsored Link



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link

行政書士 

Sponsored Link



★受験資格★ 制限なし

★合格率★  4.8%
  
★取得目的★ 独立・開業



運転免許の更新や車庫証明書、営業許可、出入国手続き、建設業許可や法人設立など、官公署に提出する書類作成や権利義務・事実証明に関する書類の作成を行うのが主な業務。

また、近年は外資系企業の設立手続きや出入国手続きなど、新たなニーズも高まっている。

以前は「代書屋」というイメージが強かった行政書士ですが、行政手続きのIT化、高度化、複雑化などの変化に伴い、仕事の内容も変わってきている。

バッジ等に用いられているシンボルマークはコスモスの花弁の中に
篆書体の「行」の字をデザインしたものである。


取得のメリット

行政書士事務所や法律事務所などからニーズがある。

また、取得後すぐに独立することも可能な資格であるが、
社会経験が浅い若い人は、関連する事務所などに勤めながら
経験を積み、人脈を開拓してから独立するほうが堅実かもしれません。

扱う書類は1万種以上と数も多いので、幅広い知識が必要になる。

開業に際しては、関連した資格や知識を持っているほうが有利で、
例えば、宅地建物取引主任者の資格とのダブルライセンスで、
農地転用や開発の許可申請手続きなど、不動産関連専門に特化した
業務を行ったり、スペシャリストと極めることもできる。

社会保険労務士、測量士、旅行業務取り扱主任者などとも密接に
関連する。

また簿記、語学、パソコンなどの知識も事務所経営に役立つでしょう。

単なる代書屋ではない新しいビジネスモデルを開拓するには、
独自のバックボーンを持つことがポイントになるが、転職組の
中には、以前勤務していた職場で行政書士の必要性を感じ、
資格を取得する人も多い。

中高年の受験者が多いのもこの資格の特徴。


資格の概要

行政書士の資格は国家資格であり行政書士法にその根拠を持つ。
監督官庁は総務省(旧自治省)である。マンガ『カバチタレ!』
(原作・田島隆/作画・東風孝広)が週刊モーニングで連載された
ことや、同作品が連続ドラマ化されたことによる爆発的人気を背景に、
受験生が増加した。

近年、契約書の作成や相談、契約の代理人となることが法律上明文で
認められるなど、行政書士業務が深く民事法務に関わるようになった
ため、試験の難度化が進んでいる。
(なお、2006年秋の試験より試験内容が大幅に変更された)

法定の除外事由がないのに、行政書士でない者が官公署に提出したり、
権利義務に関する法律書類を作成することや、行政書士と類似の
名称を使用することは、以下のとおり行政書士法により原則として
禁じられている(非行政書士行為)


行政書士登録を行っていないものが、法定の除外事由なく行政書士の
独占業務(第1条の2)を行うこと(第19条)

→違反した者は、1年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処せられる(第21条)


行政書士登録を行っていないものが行政書士と称すること
(第19条の2)

→違反した者は、30万円以下の罰金に処せられる(第22条の4)


英語表記

行政書士会が公式に用いている「行政書士」の英語表記は、「Gyoseishoshi Lawyer」であり、行政書士会連合会が商標として
登録している。

平成18年に、Lawyer名称は法曹の有資格者であると誤解される
おそれがあるとの理由で、日弁連からLawyerの名称の使用を
取りやめるよう申し入れがされたが、日本行政書士会連合会は
有識者会議において検討し、Lawyerが必ずしも法曹に限るとは
言えないとして日弁連の申し入れを断った。

従来、行政書士は行政代書人という資格であったため、「Administrative Scrivener」と直訳されることがあったが、
これは和訳すると「管理代書人」になってしまい、英語圏では
理解されないため、近年では用いられていない。

例えば、平成19年に公表された内閣官房による
「出入国管理難民認定法省令」の翻訳によると、行政書士は「certified administrative procedures specialist」
(公認行政手続士)と訳されている。

また、在留許可を求める外国人からは、一般的に
「Immigration Lawyer」(移民弁護士)が通称となっている。
これは、在留許可手続の業務を古くから行ってきたためである。

なお、弁護士は平成17年8月より在留許可手続が行えることとなって
おり、それまでは行政書士のみが資格者としてこの業務を行えた。



試験内容

行政書士試験

受験資格に制限はない。

試験は11月第2日曜日に、都道府県知事が財団法人行政書士試験研究
センターに委託して全国47都道府県で行われる。

試験科目は、業務に関する法令として
憲法、民法、行政法、商法、基礎法学があり、業務に関する

一般知識として政治・経済・社会、情報通信・個人情報保護、文章理解がある。

また平成17年度まで試験科目であった行政書士法、戸籍法、
住民基本台帳法、労働法、税法等も一般知識として出題されうる、
としている。

試験問題は、毎年度4月1日現在施行の法律に準拠して出題される。

出題形式は、5つの選択肢から1つを選び、マークシートにマーク

する択一式と、40字程度の記述式(法令科目のみ)の組合せである。

合格基準は、全体で60%以上の得点をしつつ、法令科目で50%、
一般知識で40%の得点をしていることである。

但し、問題の難易度により、補正的措置が採られることがある。

難易度
 
かつて都道府県資格の時代は、他の法律資格と比較して難易度が
低く、長年法律系公的資格の「登竜門」として扱われてきた。

しかしながら、国家資格への格上げ、「高卒以上」など学歴等による
制限の撤廃や、人気漫画「カバチタレ!」による知名度の普及、
近年の資格人気による受験者急増、法科大学院生の受験、
また行政書士法改正により職域が拡大されたことなどによる
状況変化で、ここ数年で試験内容は著しく難化している。

新試験制度に移行した平成18年度では、難易度では依然として
隔差があるものの、論理的思考を問う司法試験の短答式試験
(択一試験)に類似した形式で出題された。

平成19年度では、択一問題の司法試験化がさらに増した。
最高裁判例本文の引用問題(判例要旨ではない)や、対立する学説の
理解を問う学説問題、最新の最高裁判例本文を引用した穴埋め問題
(多肢選択)などが出題された。従前の出題傾向は、幅広い法分野の
基本を問う問題が出題されたが、ここ数年は幅広いだけでなく、
より深い法律知識や法的思考力が要求される問題に移行している。

平成15年度以降の合格率は2.9%、平成16年度5.3%、平成17年度2.6%、平成18年度4.8%と極めて合格率の低い試験となっている。

試験合格までの期間は、法律の純粋未習者で3年から4年、
司法試験受験者で1年以内といったところである。

なお、平成13年の10.96%と平成14年度の合格率19.23%は、
試験センター側の出題ミス等の没問により、一般教養
(現在の一般知識)の足切り点において救済措置が
とられたためである。

一定の要件の下に無試験で登録を認めるいわゆる特認制度に
ついては、国家試験制度の根本に関わる問題であり、能力の
担保が不十分であることや、不公平という批判が相次ぎ、
司法制度改革が進む中、業務拡大を望んでいる行政書士としては、
能力の担保を設定するためにも特認制度の廃止
(もしくは科目免除制への移行)を求める声も少なくない。

申込者数の変化

平成11年度まで4万人程度で安定していたが、「カバチタレ!」の
影響で受験者は9万人程度まで増えた。

週刊モーニングに「カバチタレ!」が連載開始されたのは
平成11年5月であり、翌年に申込者数が1万人程度増えている。

ドラマ版「カバチタレ!」が放送されたのは平成13年1月~3月であり、同年に申込者数が2万人程度増えている。

以上のことから「カバチタレ!」の影響の大きさが伺い知れる。


資格取得への近道

法律関係の資格の中では比較的敷居が低い印象派あるものの、
2回、3回と受験を続ける受験者も少なくない。
しかし、会社帰りにスクールに行ったり、通信教育で学ぶなどで、
働きながら取得する社会人も多い。
もちろん独学だけで取得することも可能だが、試験範囲も拡大して
おり、試験傾向を知ることが合格のポイントになってくる。

憲法、民法、行政法などの過去問題を繰り返し学習することも
大切です。
予備校などでは頻繁に模擬試験が行われているので、1度は
受けてみる方が良いでしょう。腕試しにもなる上苦手分野が
分析できれば試験対策も立てやすくなります。

なお、弁護士、弁理士、公認会計士、税理士の有資格者、
国または地方公共団体の公務員として行政事務等の担当期間が
通算20年以上になる人は、日本行政書士会に備える行政書士名簿に
登録し、各都道府県の行政書士会に入会すれば行政書士になれます。



試験地

各都道府県



受験手数料

7,000円



日本行政書士会連合会

行政書士ドリル

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link
こんな資格もあります
資格取得・・・そして転職へArchives

資格一覧
資格の合格率と分類
資格・検定関連サイト紹介
注目の資格ランキング
ブログパーツ
名言集


メール共有メーラー・顧客管理ソフト 債務整理 静的・テキストリンクの相互リンク集でSEO対策しませんか!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。