資格取得・・・そして転職へ

資格取得・・・そして転職へでは資格取得と転職に関する情報を掲載しています
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。
カスタム検索
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。

スポンサーサイト 

Sponsored Link



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link

競輪選手 

Sponsored Link



★受験資格  年齢制限

★合格率★ 17.7%
  
★取得目的★ スペシャリスト

競輪選手になるためには、国家試験である競輪選手資格検定に合格しなければならない。

なお、資格検定の受験前に必ずしも競輪学校に入学しなければならないという決まりはないが、入学せずに合格することは非常に厳しく、競輪選手になるためには、まず競輪学校の入学試験に合格し、同校で訓練を受けることが大前提となっている。



資格の概要

日本競輪学校の募集要綱と試験

競輪学校の募集要綱では、以下の事項が定められており、年に2回入学試験が行なわれる(現在の内容は第93期受験者より適用のもの)。

日本国内に居住している男性で、入学予定日の時点で満17歳以上の者(年齢の上限は無し)。
女子の募集は行っていない。

これまでは受験時に満24歳未満という年齢制限があった。その上限が撤廃されたことで、早速93期(2006年10月28日入学、2008年1月以降デビュー)では西谷岳文や、1971年生まれ(当時35歳)の奥平充男(ともに京都)といった、これまでの制度では受験資格のなかった合格者が誕生した。

高等学校卒業以上の学力を有する者。(高卒資格保持者)

かつては中卒でも入学できた。田中誠原作の漫画「ギャンブルレーサー」の主人公、関優勝(せき・まさかつ)は中卒であるが、この古い資格を基にしたと思われる。

高卒でなくても、高認(大検)合格でも受験資格が得られる。「ギャンブルレーサー」でも売二(うり・ふたつ)が大検合格で受験資格を得ている。また、実際の選手でも、内村竜也(山口、93期)などが大検合格である。

試験は第1次試験と第2次試験が行なわれ、第1次試験は実技のみ。第2次試験は実技試験のほかに面接も行なわれる。なお受験の際には、実技試験において、以下いずれかの1つを選択する。

技能試験 - 自転車競技において一定の実績がある者(1000mタイムトライアル。1分10秒が一般的に合否のボーダーラインと言われている)


適性試験 - それ以外のスポーツなどから競輪に参入する者(垂直跳びと背筋力測定)

殆どの受験者は自転車競技経験者、または師匠(主に現役選手)のもとで猛練習を積んできた者であるため、技能試験の受験者が圧倒的に多く、そのため過去は適性試験の合格枠が毎回5人程度と少なく倍率も高倍率で推移している。ただ、45歳でGIレースに優勝した松本整(2004年6月引退)、「怪物」滝澤正光(2008年6月引退)、「中部の帝王」山田裕仁などは『適性組』出身であり、競輪で活躍するためには自転車競技の経験者が有利になるかと言えば、そうでもない。

1回の入試における合格定員は75名(第93期よりそれぞれ技能60名・適性15名程度)で、近年の競争倍率は数倍程度の低下傾向にあるが、それでも現役選手の中には3回目や4回目でやっと合格した、という人も少なくない。

なお自転車競技(トラックレース)で優秀な成績を収めている者は技能試験が免除され、入試は面接だけになる場合がある。

特に入学試験の直近にあたる世界規模(トラックレースだけでなく、オリンピックでの自転車種目以外を含む上位入賞者)の大会において優秀な成績を収めた者は、特別選抜入試制度として別枠の試験が行なわれ、試験内容も大幅に緩和される。

この制度によりスケート競技で活躍した植松仁・武田豊樹・牛山貴広が入学している。ただ、西谷岳文の場合は金メダルを獲得した長野オリンピックが1998年開催と、受験時とはかなりの間があったことからこの制度での受験はできず、一般受験で合格した。

適性試験では、かつては持久力走などが行われていたが、現在は垂直跳びと背筋力測定のみ。これは、持久力走では鍛え方次第(努力)でタイムを縮めることができる一方で、垂直跳びや背筋力は鍛えても伸びるものではないから(「天性」の要素が強い)。

また、適性試験では「他競技において優秀な成績を収めた者」を対象に、一次試験が免除される「適性の特別枠」が設けられている。

プロ野球退団者においては、退団した年とその翌年に限り一次試験が免除される規定がある。これを利用し松谷秀幸らが競輪学校に合格している。



試験内容

【1次】 技能試験か適正試験を選択

【2次】 技能試験か適正試験、身体検査



試験地

【1次】 全国各地

【2次】 日本競輪学校



受験手数料

1次 6,000円 2次 7,000円



関連リンク

日本競輪学校オフィシャルサイト

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link
こんな資格もあります
資格取得・・・そして転職へArchives

資格一覧
資格の合格率と分類
資格・検定関連サイト紹介
注目の資格ランキング
ブログパーツ
名言集


メール共有メーラー・顧客管理ソフト 債務整理 静的・テキストリンクの相互リンク集でSEO対策しませんか!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。