資格取得・・・そして転職へ

資格取得・・・そして転職へでは資格取得と転職に関する情報を掲載しています
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。
カスタム検索
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。

スポンサーサイト 

Sponsored Link



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link

消防設備士 

Sponsored Link





★受験資格★ 実務経験

★合格率★  甲種 32.3%  乙種 33.5%
  
★取得目的★ スペシャリスト



火災から建物と人々の安全を守る

劇場やデパート、ホテルといった建物では、それぞれの用途、規模、収容できる人数に合わせて屋内消火栓設備やスプリンクラー設備、自動火災報知設備などの消防用設備等または、特殊消防用設備等を設置しなくてはならない。
これは法律法律によって定められており、その工事や整備などをするために必要な資格です。
取り扱うことのできる設備の種類によって、免状にも種類がある。
甲種消防設備士は対象となる設備の工事・整備・点検ができ、乙種消防設備士は対象となる設備の整備・点検ができます。
甲種には特類・第1類~第5類があり、乙種には、第1類~第7類がある。

消防用設備等・特殊消防用設備等の工事・整備な必要不可欠

消防設備等の工事・整備を行うために必要な資格が消防設備士です。
この資格が無いと工事・整備はできず、甲種消防設備士の資格を持ってないと工事はできない。
さらに対象となる設備は免状の「類」によって異なる。
試験を受ける際には注意しましょう。
乙種消防設備士には受験資格は特に必要無いが、甲種消防設備士を受験する為には定められた国家資格や学歴が条件となる。さらに甲種特類を受験するには、規定された3種類以上の免状取得が条件となる。

資格取得のための試験は都道府県知事の委託を受けた財団法人消防試験研究センター(各都道府県支部)が実施する。
消防設備士の資格保有を証明するために都道府県知事から交付される公文書を消防設備士免状という。
※実際の消防設備士免状の交付事務は都道府県知事より財団法人消防試験研究センターに委託されており、各県の消防設備士免状の作成は消防試験研究センターの本部でおこなっている。

1965年(昭和40年)5月の消防法の一部改正により、消防用設備の工事又は整備は消防設備士でなければ行えないよう規定され、1966年(昭和41年)10月から資格制度が発足した。

資格の概要

分類
甲種(指定区分に応じた消防用設備等の工事、整備及び点検をすることができる)
甲種特類 - 特殊消防用設備等
甲種第1類 - 屋内消火栓設備、スプリンクラー設備、
水噴霧消火設備、屋外消火栓設備
甲種第2類 - 泡消火設備
甲種第3類 - 不活性ガス消火設備、ハロゲン化物消火設備、
粉末消火設備
甲種第4類 - 自動火災報知設備、ガス漏れ火災警報設備、
消防機関へ通報する火災報知設備
甲種第5類 - 金属製避難はしご、救助袋、緩降機

乙種(指定区分に応じた消防用設備等の整備及び点検をすることができる。甲種と違い工事は出来ない)
乙種第1類 - 甲種第1類と同じ
乙種第2類 - 甲種第2類と同じ
乙種第3類 - 甲種第3類と同じ
乙種第4類 - 甲種第4類と同じ
乙種第5類 - 甲種第5類と同じ
乙種第6類 - 消火器
乙種第7類 - 漏電火災警報器



試験内容

消防試験研究センターが実施する国家試験で、全国各地で年1回から数回。回数・試験時期は都道府県により異なる。
東京は種ごとに年3~7回実施されている。甲種は受験資格の制限がある。乙種は誰でも受験可能。乙種を高校生のうちに受験させる工業系の学校がある。

甲種
筆記試験は4肢択一、実技試験は記述式。試験時間は特類が2時間45分、特類以外が3時間15分

特類
筆記試験
消防関係法令:15問
工事整備対象設備等の構造・機能・工事・設備:15問
工事整備対象設備等の性能に関する火災・防火:15問

特類以外
筆記試験
消防関係法令:15問
基礎的知識:10問
消防用設備等の構造・機能・工事・整備:20問
実技試験
鑑別等:5問
製図:2問

乙種
筆記試験は4肢択一、実技試験は記述式。試験時間は1時間45分

全類
筆記試験
消防関係法令:10問
基礎的知識:5問
消防用設備等の構造・機能・整備:15問
実技試験
鑑別等:5問

試験の一部免除
既に他の類の免状を受けている場合は、試験内容の一部が免除される。ただし、乙種の免状を根拠として甲種の一部免除を受けることはできない。(逆は可)
その他にも、次の資格等を有する者は、試験内容の一部免除が適用される。

電気工事士免状を有する者。
電気主任技術者免状を有する者。
技術士及び日本消防検定協会の職員。
消防団員として5年以上勤務し、かつ消防学校において
一定の教育(専科教育の機関科)を修了した者。

これらの免除適用を受ける場合は、その免除される範囲
(問題数)に応じて、試験時間が短縮される。

受験資格

甲種(【】は願書に記入する受験資格名)
次に掲げる学校において機械、電気、工業化学、土木又は建築に関する学科又は課程を修めて卒業した者。

学校教育法による大学、短期大学、又は高等専門学校(【大卒】・【短大卒】・【高専卒】等)

学校教育法による高等学校又は中等教育学校(機械、電気等の学科を8単位以上修得して卒業した者)(【高校卒】・【中等教育卒】)

旧大学令による大学、旧専門学校令による専門学校、又は旧中等学校令による中等学校(【旧大学卒】・【旧専卒】・【旧中卒】等)

外国に所在する学校で、学校教育法による大学、短期大学、高等専門学校又は高等学校に相当するもの(【外国の学校】)

旧台湾教育令、旧朝鮮教育令、旧在関東州及び在満帝国臣民教育令若しくは大正10年勅令第328号による大学又は専門学校(【旧大学等卒】) 旧師範教育令による高等師範学校(【旧高師卒】)

旧実業学校教員養成所規程による教員養成所(【教員養成所】)


次に掲げる学校において機械、電気、工業化学、土木又は建築に関する授業項目を履修し、15単位以上修得した者(単位制でない学校の場合は、授業時間数を換算する。)

学校教育法による大学、又は高等専門学校(【大学等15単位】)

学校教育法による専修学校(専門学校)(【専修学校】)

学校教育法による各種学校(【各種学校】)

学校教育法により大学、又は高等専門学校に置かれる専攻科
(【大学、短大、高専の専攻科】)

防衛庁設置法による防衛大学校(【防衛大学校】)

防衛庁設置法による防衛医科大学校(【防衛医科大学校】)

職業能力開発促進法による職業能力開発(総合)大(短)学校
(【職業能力開発総合大学校等】)

職業能力開発促進法改正前の職業能力開発大(短)学校
(【職業能力開発大学校等】)

職業能力開発促進法改正前の職業訓練大(短)学校
(【職業訓練大学校等】)

職業訓練法改正前の職業訓練大(短)学校
(【前職業訓練大学校等】)

職業訓練法廃止前の職業訓練大学区(【旧職業訓練大学校】)

職業訓練法改正前の中央職業訓練所(【中央職業訓練所】)

農林水産省組織令による水産大学校(【水産大学校】)

国土交通省組織令による海上保安大学校(【海上保安大学校】)

国土交通省組織令による気象大学校(【気象大学校】)

次に掲げる実務経験を有する者。

乙種消防設備士免状の交付を受けた後2年以上消防設備等の整備(消防法施行令第36条の2に定める消防用設備等の整備に限る)の経験を有する者(【整備経験2年】)

消防用設備等の工事(消火器具、動力消防ポンプ、非常警報器具、誘導標識等の設置を除く)の補助者として、5年以上の実務経験を有する者(【工事補助5年】)

消防行政に係る事務のうち消防用設備等に関する事務について、3年以上の実務経験を有する者(【消防行政3年】)

昭和41年4月21日以前において、工事整備対象設備等の工事について3年以上の実務経験を有する者(【省令前3年】)

次に掲げる資格、免状を有する者。

技術士法による技術士第2次試験に合格した者
(【技術士○○部門】)

電気工事士法による電気工事士免状の交付を受けている者(第1種、第2種電気工事士)又は電気工事士法施行規則による旧電気工事技術者検定合格証明書の所持者で電気工事士免状の交付を受けているとみなされた者、ただし特殊電気工事士は除く(【電気工事士】)

電気事業法による第1種、第2種又は第3種電気主任技術者免状の交付を受けている者、又は電気事業法附則第7項の規定により電気主任技術者免状の交付を受けているとみなされた者
(【電気主任技術者】)

理学、工学、農学又は薬学のいずれかに相当する分野において、博士又は修士の学位(外国において授与された学位で、これに相当する者を含む)を有する者(【博(修)士】)

専門学校入学者資格検定試験の機械、電気、工業化学、土木又は建築に関する合格者(【専検合格者】)

建設業法施行令による管工事施工管理技士(【管工事技士】)

教育職員免許法により、高等学校の工業の教科について普通免許状を有する者(旧教員免許令による教員免許状所有者を含む)(【教員免許状】)

電波法第41条の規定により、無線従事者の資格の免許を受けている者(アマチュア無線技士は除く)(【無線従事者】)

建築士法による1級建築士又は2級建築士(【建築士】)

職業能力開発促進法(旧職業訓練法)による配管技能士(【配管技能士】)

ガス事業法によるガス主任技術者免状の交付を受けている者(第4類の受験に限る)(【ガス主任技術者】)

水道法第5条の5の規定による給水装置工事主任技術者免状の交付を受けている者、地方公共団体の水道条例又はこれに基づく規程による給水責任技術者の資格を有する者(【給水技術者】)

東京都火災予防条例による旧制度の消防設備士(【条例設備士】)

他の指定区分の甲種消防設備士免状の交付を受けている者(【甲種設備士】)

乙種
指定なし



試験地

各都道府県によって異なる



受験手数料

甲種 5,000円 乙種 3,400円



関連リンク
財団法人消防試験研究センター

東京消防庁<試験・講習><消防設備士試験>

消防設備士試験!合格率100%

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link
こんな資格もあります
資格取得・・・そして転職へArchives

資格一覧
資格の合格率と分類
資格・検定関連サイト紹介
注目の資格ランキング
ブログパーツ
名言集


メール共有メーラー・顧客管理ソフト 債務整理 静的・テキストリンクの相互リンク集でSEO対策しませんか!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。