資格取得・・・そして転職へ

資格取得・・・そして転職へでは資格取得と転職に関する情報を掲載しています
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。
カスタム検索
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。

スポンサーサイト 

Sponsored Link



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link

海技士(電子通信) 

Sponsored Link



★受験資格★ 実務経験

★合格率★ --------
  
★取得目的★ スペシャリスト



資格の概要

海技士 (電子通信)は、海技従事者国家資格のうちの1つ。国土交通省管轄。

通信長や通信士に必要な資格である。主に船舶の電子通信業務の担当になる。

1級~4級に分かれ、それぞれの大型船舶の種別になっている(詳細は海技士の項を参照)。

国家試験は年4回程実施される(実施は国土交通省)。試験には年齢制限があり、一定の乗船経歴が必要になる。乗船経歴については海技従事者を参照のこと。資格取得に必要な身体的条件(健康状態)は小型船舶操縦士に比べてかなり厳しく、現役の通信長や通信士であってもそれに適合しなければ「海技士(通信)」同様、業務に就く事が出来なくなる。



試験科目

1級

学科

船舶知識(動力、設備、構造等)
気象知識
緊急時の知識

身体検査

視力、聴力、疾患の有無


2級

学科

船舶知識(動力、設備、構造等)
気象知識
緊急時の知識

身体検査

視力、聴力、疾患の有無


3級

学科

船舶知識(動力、設備、構造等)
気象知識
緊急時の知識

身体検査

視力、聴力、疾患の有無


4級

学科

船舶知識(動力、設備、構造等)
気象知識
緊急時の知識

身体検査

視力、聴力、疾患の有無



試験地

小樽、仙台、新潟、横浜、名古屋、大阪、神戸、広島、高松、福岡、那覇



受験手数料



関連リンク

大型船舶を運航するためには(海技士)

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link
こんな資格もあります
資格取得・・・そして転職へArchives

資格一覧
資格の合格率と分類
資格・検定関連サイト紹介
注目の資格ランキング
ブログパーツ
名言集


メール共有メーラー・顧客管理ソフト 債務整理 静的・テキストリンクの相互リンク集でSEO対策しませんか!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。