資格取得・・・そして転職へ

資格取得・・・そして転職へでは資格取得と転職に関する情報を掲載しています
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。
カスタム検索
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。

スポンサーサイト 

Sponsored Link



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link

自家用操縦士 

Sponsored Link



★受験資格★ 実務経験

★合格率★ --------
  
★取得目的★ スペシャリスト



資格の概要

自家用操縦士は、航空従事者国家資格のうちの1つ。国土交通省管轄。

無報酬で飛行するのに必要な資格である。運転免許の第一種に相当。

飛行機と回転翼航空機と飛行船と滑空機に分かれ、それぞれ、陸上単発ピストン、陸上単発タービン、陸上多発ピストン、陸上多発タービン、水上単発ピストン、水上単発タービン、水上多発ピストン、水上多発タービン、滑空機は中級滑空機、上級滑空機、曳航装置付き動力滑空機、曳航装置なし動力滑空機の種別になっている。

国家試験は、学科試験が年2回以上実施される(実施は国土交通省)。学科試験合格後、実技試験を実施する。試験には17歳以上(滑空機は16歳以上)の年齢制限のほか、一定の飛行経歴が必要になる。飛行経歴については航空従事者を参照のこと。

なお、「操縦練習飛行許可」という許可証もあり、これと航空身体検査証明を取得していれば、指導員役の有資格者を副操縦士席に座らせ、“仮免許”の形で取り敢えず飛行する事は可能である(各種のガイドブックでも、“やりたくなったら何はともあれ許可を取って飛ぶ事が上達の秘訣”と指南している)。


身体的条件等

自家用操縦士の資格取得に必要な身体的条件は国により異なる。 例えば、一例として視力(遠視力)をあげると

日本・・・各眼0.7以上(レンズの矯正度数に制限あり)

ICAO・・・各眼0.5以上・両眼0.7以上(矯正度数の規定なし。但し度数の高い場合コンタクトレンズまたはhigh-indexレンズ使用)

米国・・・各眼0.5以上(矯正度数の規定なし)

というように国により異なっている。(上記は裸眼または矯正どちらでも可。裸眼視力についての規定はない)

その他の身体的条件、脳波検査や心電図検査の扱いも国により異なっている。



試験科目

飛行機、回転翼航空機、飛行船

学科

航空工学
航空気象
空中航法
航空通信
航空法規

実技

外部視認飛行
野外飛行


滑空機

学科

航空工学
航空気象
空中航法
航空通信(動力滑空機のみ受験)
航空法規

実技

運航知識
点検、飛行上等航行
離陸・着陸、緊急時操作・連携、連絡
総合能力



試験地

東京・大阪・福岡など



受験手数料

学科 5,600円  実地 46,400円



関連リンク

パイロットになるには

航空:自家用操縦士に係わる技量維持方策 - 国土交通省

自家用操縦士 試験対策

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link
こんな資格もあります
資格取得・・・そして転職へArchives

資格一覧
資格の合格率と分類
資格・検定関連サイト紹介
注目の資格ランキング
ブログパーツ
名言集


メール共有メーラー・顧客管理ソフト 債務整理 静的・テキストリンクの相互リンク集でSEO対策しませんか!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。