資格取得・・・そして転職へ

資格取得・・・そして転職へでは資格取得と転職に関する情報を掲載しています
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。
カスタム検索
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。

スポンサーサイト 

Sponsored Link



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link

航空士 

Sponsored Link



★受験資格★ 年齢制限

★合格率★ --------
  
★取得目的★ スペシャリスト



資格の概要

航空士は、航空従事者国家資格のうちの1つ。国土交通省管轄。

航空機内で、現在位置・針路の測定や航法上のデータの算出などを行うのに必要な資格である

一等と二等に分かれ、一等は位置、進路の測定、航法資料の算出の業務、二等は位置、進路の測定、航法資料の算出(天測以外)で、航法基準目標物地点間が1300kmを超えない範囲での業務を行う。

国家試験は年2回実施される(実施は国土交通省)。試験には一等が18歳以上、二等が17歳以上の年齢制限のほか、一定の飛行経歴が必要になる。


航空士 (自衛隊)

航空士は、自衛隊の部内資格のうちの1つ。 操縦士以外の搭乗配置を総称して航空士と呼ぶ。一般隊員の中で適性検査、身体検査に合格したものから選抜され、各教育課程を経て搭乗配置の資格を持つ。海上自衛隊と陸上自衛隊は、操縦士とは異なる銀色のウィングマークを授与される(操縦士は金色)。航空自衛隊では、操縦士とはまた形の異なるウィングマークを授与される。

航空自衛隊では、AWACS、早期警戒機、電子戦支援機、輸送機、救難機、電子戦支援機での機上勤務を行う。一般の隊員から選抜されるが、募集枠は少なく人気職種であるため倍率5~10倍の厳しい選抜をクリアしなければならない。大型機のFEフライトエンジニア、救難機の救難員、早期警戒管制機の要撃管制官、輸送機のロードマスターなどの職種がある。

海上自衛隊では、潜水艦捜索が主任務となるため、各種捜索器材を操作する航空士が多数勤務している。 哨戒機P-3Cのソナー員(SS-1)、レーダー員(SS-3)、機上電子整備員、機上武器整備員、哨戒ヘリコプターSH-60のセンサーマン、降下救助員。US-1、US-2、UH-60を装備する救難飛行隊の機上救護員。YS-11の機上通信員などがある。

陸上自衛隊では、輸送ヘリCH-47J/JAのみが、機上整備員と呼ばれる航空士を搭乗させている。



試験科目

一等

学科

空中航法知識
気象知識
通信知識
工学知識
法知識

実技

推測航法
無線航法
天測航法

二等

学科

空中航法知識
気象知識
通信知識
工学知識
法知識

実技

推測航法
天測航法



試験地

東京・大阪・福岡など



受験手数料

学科 5,600円 実地【1等】 53,500円  【2等】 45,700円

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link
こんな資格もあります
資格取得・・・そして転職へArchives

資格一覧
資格の合格率と分類
資格・検定関連サイト紹介
注目の資格ランキング
ブログパーツ
名言集


メール共有メーラー・顧客管理ソフト 債務整理 静的・テキストリンクの相互リンク集でSEO対策しませんか!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。