資格取得・・・そして転職へ

資格取得・・・そして転職へでは資格取得と転職に関する情報を掲載しています
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。
カスタム検索
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。

スポンサーサイト 

Sponsored Link



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link

運航管理者 

Sponsored Link



★受験資格★ 実務経験

★合格率★ --------
  
★取得目的★ キャリアアップ



資格の概要

運航管理者とは、航空において国土交通大臣の行う運航管理者技能検定に合格した者。船舶においては地方運輸局長に認定された者。

航空では安全な運航を確保するため、航空機乗組員に適切な情報を提供し、管理者として必要な指示を行う。船舶では一般旅客定期航路事業において船舶の運航の管理を行う

必要な航空機

最大離陸重量5700kg以上の飛行機
最大離陸重量9080kg以上の回転翼(外国人が経営又は受託運航している航空機を除く)で航空運送事業の用に供する航空機

必要な船舶

総トン数100t未満の旅客船一隻のみの一般旅客定期航路事業



試験内容

受験資格

21歳以上で、定期航空運送事業の用に供する航空機の運航に関して、次に掲げる経験のうち、1つの経験を2年以上有する者、および2つ以上の経験を通算して2年以上有する者。

操縦を行った経験
空中航法を行った経験
気象業務を行った経験
航空機に乗り組んで無線設備の操作を行った経験
航空交通管制の業務を行った経験

認定資格

20歳以上で船舶の運航の管理を行おうとする一般旅客定期航路事業に使用する旅客船のうち最大のものと同等以上の総トン数を有する旅客船に船長として3年又は甲板部の職員として5年以上乗り組んだ経験を有する者であること。

20歳以上で船舶の運航の管理を行おうとする一般旅客定期航路事業と同等以上の規模の旅客定期航路事業における船舶の運航の管理に関し3年以上の実務の経験を有する者であること。

20歳以上で総トン数100t未満の旅客船一隻のみを使用して一般旅客定期航路事業を営む者が選任する運航管理者にあつては、当該旅客船に船舶職員及び小型船舶操縦者法 (昭和二十六年法律第百四十九号)の規定により船長として乗り組むことができる資格を有する者であること。

20歳以上で一般旅客定期航路事業における船舶の運航の管理に関し前3号に掲げる者と同等以上の能力を有すると地方運輸局長が認定した者であること


航空の運航管理者は試験で学科と実地がある。3月ないし8月に試験は行われる。

試験科目

学科

航空機
航空機の運航
航空保安施設
無線通信
航空気象
気象予報
天気図の解説
空中航法
法規

実地

天気図の解説
航空機の航行の援助



試験地

東京・大阪・那覇



受験手数料

学科 5,600円  実地 49,300円

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link
こんな資格もあります
資格取得・・・そして転職へArchives

資格一覧
資格の合格率と分類
資格・検定関連サイト紹介
注目の資格ランキング
ブログパーツ
名言集


メール共有メーラー・顧客管理ソフト 債務整理 静的・テキストリンクの相互リンク集でSEO対策しませんか!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。