資格取得・・・そして転職へ

資格取得・・・そして転職へでは資格取得と転職に関する情報を掲載しています
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。
カスタム検索
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。

スポンサーサイト 

Sponsored Link



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link

操縦教育証明 

Sponsored Link



★受験資格★ 実務経験

★合格率★ 約80%
  
★取得目的★ キャリアアップ



資格の概要

計器飛行方式 (IFR: Instrument Flight Rules 正確には『計器飛行方式による飛行』) とは、航空機の計器および目視の両方を駆使し、常に航空管制官の指示に従って行う飛行、および運航情報官が提供する情報を常時聴取して行う飛行のことである。

一方『計器飛行』とは、航空機の姿勢、高度、位置および針路の測定を計器のみに依存して行う飛行のことであり、また『計器航法による飛行』とは航空機の位置および針路の測定を計器のみに依存して行う飛行のことである。

用語が似ているので、これらの区別に注意が必要である。

たとえIFR中であったとしても、好天下では自機の航路上に有視界飛行で飛行中の航空機がいる事もあるので、窓の外を肉眼で目視することも必要である。 また、飛行中に有視界飛行からIFRに切り替える事も(その逆も)出来る。

IFRを行うときは、出発の二時間より前に飛行計画書を提出する。この飛行計画書と近隣の管制区からの通報に基づいて、管制官は自分の担当区域の航空交通を把握している。 よって、IFRでは雲の中で全く窓の外が見えないような状態であっても、計器によって現在位置や高度を正確に把握し、管制官の指示によって、飛行中の他の航空機や山などの障害物を避けながら安全に飛行を続けられる。今日では、たとえ雲一つない晴天下でも、定期便の航空機はすべてこの方式で運航されている。また、定められた気象条件(例えば視程、雲との距離など)を満たさない場合では、定期便であるかどうかにかかわらず、すべての種類の航空機(飛行機、回転翼機、滑空機、飛行船)はIFRで飛行しなければならない。

計器飛行、計器航法による飛行(所定の距離および時間内を除く)およびIFRを行うには計器飛行証明という免許を取得しなければならない。



試験内容

1月、3月、5月、7月、9月、11月に実施

自家用、事業用それぞれに年齢制限と所定の飛行経験をみたしていること。

試験科目

学科 推測航法、無線航法など

実地 運航に必要な知識、飛行前作業など



試験地

東京、大阪、福岡など



受験手数料

学科 5,600円  実地 51,300円



関連リンク

操縦教育証明

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link
こんな資格もあります
資格取得・・・そして転職へArchives

資格一覧
資格の合格率と分類
資格・検定関連サイト紹介
注目の資格ランキング
ブログパーツ
名言集


メール共有メーラー・顧客管理ソフト 債務整理 静的・テキストリンクの相互リンク集でSEO対策しませんか!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。