資格取得・・・そして転職へ

資格取得・・・そして転職へでは資格取得と転職に関する情報を掲載しています
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。
カスタム検索
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。

スポンサーサイト 

Sponsored Link



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link

海事補佐人 

Sponsored Link



★受験資格★ 実務経験

★合格率★ --------
  
★取得目的★ 独立・開業

海事補佐人は、海難審判法に基づき受審人の選任によって、海難審判で補佐人として受審人の船舶操船上の主張を代弁する者である(海難審判法19条以下)。

海事補佐人は、船舶操船技術の専門家である。海難審判制度が海難事故原因の調査を目的とするだけのものである上に、海事補佐人の登録資格制度においても資格者の法的能力を担保する制度がとられていない(弁護士資格による登録者を除く)。よって、海事補佐人は操船技術についての専門職にとどまり、法律上も事実上も隣接法律職としての位置づけはされていない。資格ガイド本に時折みられる「海の弁護士」というコピーは誤りである。



資格の概要

登録資格

海事補佐人制度に試験制度は存在せず、次の各号のいずれかに掲げる資格があれば登録ができる(海難審判法施行規則第19条)。

一級海技士(航海・機関・通信・電子通信のいずれか)の免許を受けた者

審判官(海難審判所)または理事官(海難審判所)の職にあった者(海難審判庁廃止前の海難審判法第10条1項に規定する海難審判庁審判官もしくは海難審判庁理事官または3年以上海難審判庁副理事官の職にあった者を含む。)

海難審判法施行令第2条2号ニに定める教授もしくはこれに相当する職にあった者もしくは3年以上同号ニに定める准教授もしくはこれに相当する職にあった者

次に掲げる教育機関の船舶の運航または船舶用機関の運転に関する学科の教員のうち10年以上教諭もしくはこれに相当する職にあった者

学校教育法第1条の高等学校または中等教育学校

独立行政法人海技教育機構

海上保安学校

廃止前の独立行政法人海員学校法に規定する独立行政法人海員学校もしくは独立行政法人化前の国土交通省または運輸省の施設等機関であった海員学校

弁護士の資格がある者



試験内容

試験はなく、条件を満たすものが高等海難審判庁に登録申請をする。



受験手数料

30,000円



関連リンク

海事補佐人制度【海難審判庁HP】

海事補佐人登録規則

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link
こんな資格もあります
資格取得・・・そして転職へArchives

資格一覧
資格の合格率と分類
資格・検定関連サイト紹介
注目の資格ランキング
ブログパーツ
名言集


メール共有メーラー・顧客管理ソフト 債務整理 静的・テキストリンクの相互リンク集でSEO対策しませんか!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。