資格取得・・・そして転職へ

資格取得・・・そして転職へでは資格取得と転職に関する情報を掲載しています
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。
カスタム検索
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。

スポンサーサイト 

Sponsored Link



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link

タクシー運転者 

Sponsored Link



★受験資格★ 実務経験

★合格率★ --------
  
★取得目的★ キャリアアップ



資格の概要

営業ナンバーの自動車を運転し、乗客を運ぶ運転者。

個人タクシー運転者とは、同一地域で10年以上の乗務経験を有する運転手の中から、運輸局の試験と審査をパスした運転者です。



試験内容

乗客を運ぶ目的で営業ナンバーの自動車を運転する場合に必要な普通第二種自動車運転免許が必要で、一般的には、普通自動車運転免許を持って、タクシー会社に入職し、研修期間中に第二種免許を取得します。

その他、例えば、東京指定地域(特別区、武蔵野市、三鷹市)で、タクシー運転者になるには、センターで事務を代行し実施している地理試験に合格しなければなりません。

地理試験問題は、道路および地名、著名な建造物、公園、名所、旧跡、鉄道の駅の所在など筆記試験です。

試験科目

東京特定指定地域(特別区、武蔵野市及び三鷹市)で、タクシー運転者になるには、センターで事務を代行し実施している地理試験に合格しなければなりません。

地理試験問題は、道路および地名、著名な建造物、公園、名所、旧跡、鉄道の駅の所在など筆記試験により40問出題され、合格基準は32問以上の正解(正解率80%)となっています。

試験の合格の効力は、試験に合格した日から2年間となっています。

地理試験の受験は、新規講習時受験と一般受験があります。新規講習時受験は事業者からの新任研修申し込みが必要です。

一般受験は次のとおり。

試験日 月・火・金曜日の平日
但し休日、祝日および12月29日から12月31日までと1月2日,1月3日を除きます。
試験場 センター運転者研修所
受付時間 午後0時50分から午後1時まで
試験時間 開始時間より60分
合格発表 午後3時30分(地理試験合格証の交付)



試験地





受験手数料

2,800円



関連リンク

東京タクシーセンター

財団法人大阪タクシーセンター

国土交通省

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link
こんな資格もあります
資格取得・・・そして転職へArchives

資格一覧
資格の合格率と分類
資格・検定関連サイト紹介
注目の資格ランキング
ブログパーツ
名言集


メール共有メーラー・顧客管理ソフト 債務整理 静的・テキストリンクの相互リンク集でSEO対策しませんか!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。