資格取得・・・そして転職へ

資格取得・・・そして転職へでは資格取得と転職に関する情報を掲載しています
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。
カスタム検索
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。

スポンサーサイト 

Sponsored Link



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link

電気工事施工管理技士 

Sponsored Link



★受験資格★ 制限なし

★合格率★ 25.1%
  
★取得目的★ キャリアアップ

電気工事施工管理技士は、施工管理技士国家資格のうちの1つ。国土交通省が建設業法第27条に基づいて実施する技術検定試験に合格する事により取得する事ができる。

建設業法に基づいて建設業を営もうとする場合には、営業所ごとに専任の技術者を置かなければならない。

1級電気工事施工管理技士の資格を取得している場合には、一般建設業及び特定建設業の営業所で専任技術者の職につくことができる。また2級電気工事施工管理技士の資格を取得している場合には、一般建設業の営業所で専任技術者の職につく事ができる。

しかも、1級電気工事施工管理技士・2級電気工事施工管理技士ともに、建設工事現場に必ず置かなければならない主任技術者の有資格者としても認められているが、監理技術者は1級電気工事施工管理技士の資格を有するものでなければならない。

電気工事施工管理技術検定試験は、国土交通省から指定を受けた試験機関である財団法人建設業振興基金が年に1回実施している。

平成19年度の1級電気工事施工管理技士の最終合格率(一次合格率32.2%×二次合格率78.1%)は25.1%であった。



資格の概要

種類

1級電気工事施工管理技士
2級電気工事施工管理技士



試験内容

1級

指導監督的実務経験を1年以上含んでいる場合

大学の指定学科を卒業して3年以上の実務経験

大学の指定学科以外を卒業して4年6ヶ月以上の実務経験

短期大学、高等専門学校(5年制)の指定学科を卒業して5年以上の実務経験

短期大学、高等専門学校(5年制)の指定学科以外を卒業して7年6ヶ月以上の実務経験

高等学校の指定学科を卒業して10年以上の実務経験

高等学校の指定学科以外を卒業して11年6ヶ月以上の実務経験

その他の者は15年以上の実務経験

2級電気工事施工管理技術検定合格者で合格後、5年以上の実務経験

2級電気工事施工管理技術検定合格証明書交付後5年未満の者で短期大学、高等専門学校(5年制)の指定学科以外を卒業して9年以上の実務経験

2級電気工事施工管理技術検定合格証明書交付後5年未満の者で高等学校の指定学科を卒業して9年以上の実務経験

2級電気工事施工管理技術検定合格証明書交付後5年未満の者で高等学校の指定学科以外を卒業して10年6ヶ月以上の実務経験

その他の者は14年以上の実務経験

電気事業法による第一種、第二種又は第三種電気主任技術者免状の交付者は、6年以上の実務経験

電気工事士法による第一種電気工事士免状の交付者は、0年の実務経験

1級電気工事施工管理技術検定学科試験のその年の合格者および前年度の合格者

技術士法による第二次試験のうち技術部門を電気・電子部門または建設部門とするものに合格した者で1級電気工事施工管理技術検定学科試験の受験資格を有する者


専任の主任技術者を1年以上含んでいる場合

高等学校の指定学科を卒業し、8年以上の実務経験

高等学校の指定学科以外を卒業し、9年6ヶ月以上の実務経験

その他の者は13年以上の実務経験

2級電気工事施工管理技術検定の合格者で合格後、3年以上の実務経験

2級電気工事施工管理技術検定合格証明書交付後5年未満の者で短期大学、高等専門学校(5年制)の指定学科を卒業して、7年以上の実務経験

2級電気工事施工管理技術検定合格証明書交付後5年未満の者で高等学校の指定学科を卒業して、7年以上の実務経験

2級電気工事施工管理技術検定合格証明書交付後5年未満の者で高等学校の指定学科以外を卒業して、8年6ヶ月以上の実務経験

2級電気工事施工管理技術検定合格証明書交付後5年未満の者でその他の者は12年以上の実務経験


2級

大学の指定学科を卒業し、1年以上の実務経験

大学の指定学科以外を卒業し、1年6ヵ月以上の実務経験

短期大学、高等専門学校(5年制)の指定学科を卒業し、2年以上の実務経験

短期大学、高等専門学校(5年制)の指定学科以外を卒業し、3年以上の実務経験

高等学校の指定学科を卒業し、3年以上の実務経験

高等学校の指定学科以外を卒業し、4年6ヵ月以上の実務経験

その他の者は8年以上の実務経験

電気事業法による第一種、第二種、第三種電気主任技術者免状の交付者は、1年以上の実務経験
電気工事士法による第一種電気工事士免状の交付者は、0年の実務経験

電気工事士法による第二種電気工事士免状の交付者は、1年の実務経験

2級電気工事施工管理技技術検定学科試験のその年の合格者および前年度の合格者

技術士法による第二次試験のうち技術部門を電気・電子部門または建設部門とするものに合格した者で2級電気工事施工管理技術検定学科試験の受験資格を有する者

試験科目

学科試験と実地試験がある。

学科試験科目は、1級・2級ともに電気工学等、施工管理法、法規の3科目である。

実地試験科目は、施工管理法に関する筆記試験のみである



試験地

全国主要都市



受験手数料

2級・1級学科・1級実地  各11,800円

2級実地 5,900円




関連リンク

財団法人建設業振興基金

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link
こんな資格もあります
資格取得・・・そして転職へArchives

資格一覧
資格の合格率と分類
資格・検定関連サイト紹介
注目の資格ランキング
ブログパーツ
名言集


メール共有メーラー・顧客管理ソフト 債務整理 静的・テキストリンクの相互リンク集でSEO対策しませんか!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。