資格取得・・・そして転職へ

資格取得・・・そして転職へでは資格取得と転職に関する情報を掲載しています
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。
カスタム検索
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。

スポンサーサイト 

Sponsored Link



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link

建築施工管理技士 

Sponsored Link



★受験資格★ 実務経験

★合格率★ 15.8%
  
★取得目的★ スペシャリスト

建築施工管理技士は、施工管理技士国家資格のうちの1つ。国土交通省管轄。

建設業法第27条の2に基づき実施されている資格。一級建築施工管理技士、二級建築施工管理技士に大別される。



資格の概要

一級建築施工管理技士は、一般建設業、特定建設業の許可基準の一つである営業所ごとに置く専任の技術者並びに建設工事の現場に置く主任技術者及び監理技術者の有資格者として認められており、大規模工事(超高層建築、大規模都市施設等)を扱う。また公共性のある重要な5000万円以上の建築一式工事または2500万円以上の上記以外の工事では、これらの資格を有する主任技術者、監理技術者を専任で置く必要が生ずる。公共工事に参加する建設業者を技術的、経営的に評価する経営事項審査の技術力評点において1級建築施工管理技士は全22業種中16業種で5点が配点される。

二級建築施工管理技士は建築、躯体、仕上げの3種類の資格に別れ、建築に関する全ての分野で二級資格者となるためには、少なくとも3度の受験に合格する必要がある。一級は、その必要はない。それぞれの一般建設業、特定建設業の許可基準の一つである営業所ごとに置く専任の技術者並びに建設工事の現場に置く主任技術者及び監理技術者の有資格者として認められており、小規模工事を扱う。

1級、2級共に法令順守及び昨今求められる高い要求品質という観点から建築施工における緻密な要求精度を確保し、施工計画、安全管理、品質管理、工程管理という時に相反する事項を達成しつつ、予定工期内に建築を完成させられる高度な技術的スキルが求められる。また昨今の環境意識の高まりと共に3Rを遵守することも要求されるため建築全般について精通し技術的応用力ととも高い倫理観およびマネージメント力も求められる。

国家試験は年1回実施される(実施は財団法人建設業振興基金)。

平成19年度の1級建築施工管理技士の最終合格率(一次合格率46.4%×二次合格率34.1%)は15.8%であった。

種類

1級建築施工管理技士

2級建築施工管理技士
建築
躯体
仕上げ




試験内容

受験資格

1級建築施工管理技士

指導監督的実務経験を1年以上含んでいる場合

大学の指定学科を卒業して3年以上の実務経験、

大学の指定学科以外を卒業して4年6ヶ月以上の実務経験

短期大学、高等専門学校(5年制)の指定学科を卒業して5年以上の実務経験

短期大学、高等専門学校(5年制)の指定学科以外を卒業して7年6ヶ月以上の実務経験

高等学校の指定学科を卒業して10年以上の実務経験

高等学校の指定学科以外を卒業して11年6ヶ月以上の実務経験

上記学歴によらない場合は15年以上の実務経験

2級建築士合格者で合格後、5年以上の実務経験

2級建築施工管理技術検定合格者で合格後、5年以上の実務経験

2級建築施工管理技術検定合格証明書交付後5年未満の者で短期大学、高等専門学校(5年制)の指定学科以外を卒業して9年以上の実務経験

2級建築施工管理技術検定合格証明書交付後5年未満の者で高等学校の指定学科を卒業して9年以上の実務経験

2級建築施工管理技術検定合格証明書交付後5年未満の者で高等学校の指定学科以外を卒業して10年6ヶ月以上の実務経験

その他の者は14年以上の実務経験


専任の主任技術者を1年以上含んでいる場合

高等学校の指定学科を卒業し、8年以上の実務経験

高等学校の指定学科以外を卒業し、9年6ヶ月以上の実務経験

その他の者は13年以上の実務経験

2級建築施工管理技術検定の合格者で合格後、3年以上の実務経験

2級建築施工管理技術検定合格証明書交付後5年未満の者で短期大学、高等専門学校(5年制)の指定学科を卒業して、7年以上の実務経験

2級建築施工管理技術検定合格証明書交付後5年未満の者で高等学校の指定学科を卒業して、7年以上の実務経験

2級建築施工管理技術検定合格証明書交付後5年未満の者で高等学校の指定学科以外を卒業して、8年6ヶ月以上の実務経験

2級建築施工管理技術検定合格証明書交付後5年未満の者でその他の者は12年以上の実務経験


2級建築施工管理技士

大学の指定学科を卒業し、1年以上の実務経験

大学の指定学科以外を卒業し、1年6ヵ月以上の実務経験

短期大学、高等専門学校(5年制)の指定学科を卒業し、2年以上の実務経験

短期大学、高等専門学校(5年制)の指定学科以外を卒業し、3年以上の実務経験

高等学校の指定学科を卒業し、3年以上の実務経験

高等学校の指定学科以外を卒業し、4年6ヵ月以上の実務経験

その他の者は8年以上の実務経験

職業能力開発促進法による技能検定に合格した者

試験科目

筆記と実技がある。

1級は筆記において建築学(環境工学、各種構造、構造力学、施工共通、躯体工事、建築材料、仕上げ工事)、施工管理法、法規がある。実技においては前年度と今年度の筆記試験の合格者および1級建築士のみ受験可である施工管理法となる。施工管理法とは実務経験における建築全般の応用力が求められるという試験の観点より全問記述式となる。学科試験は例年6月、実技試験は例年10月ごろに実施される。

建築は他の施工管理技士試験と比較し、業種や管理項目が煩雑かつ多岐に渡る為、複雑な設問が出題される傾向が強い試験である。また出題傾向も毎年異なった問題が出題されている。さらに昨今の耐震偽造事件などの社会的事象を受け、細部を突き詰めた設問が多くなる傾向がある。実技試験合格によって1級建築施工管理技士として認定される。1級合格後、公共工事及び一定規模以上の民間工事において監理技術者となる場合、さらに監理技術者講習を受ける必要がある。

2級は建築、躯体、仕上げのいずれかを選択し、建築学と法規、建築の場合は施工管理法、躯体の場合は躯体施工管理法、仕上げの場合は仕上げ施工管理者法、実技においては建築の場合は施工管理法、躯体の場合は躯体施工管理法、仕上げの場合は仕上げ施工管理者法がある。



試験地

札幌、青森(2級のみ)、仙台、東京、新潟、名古屋、金沢(2級のみ)、大阪

広島、高松、福岡、鹿児島(2級のみ)



受験手数料

【2級】 学科・実地 9,400円  実地 4,700円

【1級】 学科 9,400円  実地 9,400円




関連リンク

建設業振興基金/試験研修本部

1級建築施工管理技士 建築士受験 お気楽サイト

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link
こんな資格もあります
資格取得・・・そして転職へArchives

資格一覧
資格の合格率と分類
資格・検定関連サイト紹介
注目の資格ランキング
ブログパーツ
名言集


メール共有メーラー・顧客管理ソフト 債務整理 静的・テキストリンクの相互リンク集でSEO対策しませんか!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。