資格取得・・・そして転職へ

資格取得・・・そして転職へでは資格取得と転職に関する情報を掲載しています
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。
カスタム検索
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。

スポンサーサイト 

Sponsored Link



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link

特殊建築物等調査資格者 

Sponsored Link



★受験資格★ 実務経験

★合格率★ --------
  
★取得目的★ キャリアアップ

特殊建築物等調査資格者とは、特殊建築物等調査資格者講習を受講し修了した者。



資格の概要

受講資格

大学において建築学、土木工学、機械工学、電気工学等に関する課程を卒業し、建築に関する2年以上の実務経験を有する者。

3年制短期大学(夜間を除く)において建築学、土木工学、機械工学、電気工学等に関する課程を卒業し、建築に関する3年以上の実務経験を有する者。

2年制短期大学、高等専門学校において建築学、土木工学、機械工学、電気工学等に関する課程を卒業し、建築に関する4年以上の実務経験を有する者。

高等学校において建築学、土木工学、機械工学、電気工学等に関する課程を卒業し、建築に関する7年以上の実務経験を有する者。

建築に関して11年以上の実務経験を有する者。

特定行政庁職員として建築行政に関して、2年以上の実務経験を有する者。

消防吏員として、5年以上の火災予防業務の実務経験を有する者。

甲種消防設備士として、5年以上の実務経験を有する者。

防火対象物点検資格者として5年以上の実務経験を有する者。

一級建築士、二級建築士、建築基準適合判定資格者の有資格者、既認定資格者。



試験内容

10月上旬~12月上旬において各地で行われる。日程は4日間。

試験科目

建築基準法令の構成・概要
建築学概要
特殊建築物等定期調査制度総論
維持保全
建築構造
防火・避難
事故防止
業務基準
修了考査



試験地

東京、大阪、名古屋、福岡



受験手数料

47,000円



関連リンク

財団法人 日本建築防災協会

行政委託制度一覧 特殊建築物等調査資格者講習

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link
こんな資格もあります
資格取得・・・そして転職へArchives

資格一覧
資格の合格率と分類
資格・検定関連サイト紹介
注目の資格ランキング
ブログパーツ
名言集


メール共有メーラー・顧客管理ソフト 債務整理 静的・テキストリンクの相互リンク集でSEO対策しませんか!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。