資格取得・・・そして転職へ

資格取得・・・そして転職へでは資格取得と転職に関する情報を掲載しています
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。
カスタム検索
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。

スポンサーサイト 

Sponsored Link



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link

土地家屋調査士 

Sponsored Link



★受験資格★ 制限なし

★合格率★ 6.3%
  
★取得目的★ 独立・開業



土地家屋調査士とは、他人の依頼を受けて、土地や建物がどこに あって、どのような形状か、どのように利用されているかなどを調査、測量して図面作成、不動産の表示に関する登記の申請手続などを行う測量及び表示に関する登記の専門家のことである。


資格の概要


土地家屋調査士法を根拠とし、監督官庁は法務省である。土地家屋調査士の資格を得るには、法務大臣の認可を受けるか、法務省が実施する土地家屋調査士試験に合格する必要がある。土地家屋調査士となる資格を有する者は、事務所を設けようとする地を管轄する都道府県内に設立された「土地家屋調査士会」へ入会して、日本土地家屋調査士会連合会に備える土地家屋調査士名簿に登録を受けなければならない。

土地家屋調査士会に入会している土地家屋調査士または土地家屋調査士法人でない者(公共嘱託登記土地家屋調査士協会を除く)が、土地家屋調査士の業務を行った場合、1年以下の懲役または100万円以下の罰金、土地家屋調査士または土地家屋調査士法人の名称またはこれと紛らわしい名称を用いたりした場合、100万円以下の罰金に処せられることがある。



試験内容

午前試験は8月下旬頃、午後試験は8月同日の午後、口述試験は11月中旬頃に筆記試験(午前試験、午後試験)の合格者に対して各法務局管轄の受験地で行われる。

受験資格

制限なし。筆記試験(午前試験と午後試験)と口述試験からなる。ただし、午後試験は測量士・測量士補、一級建築士・二級建築士の有資格者は免除される。

口述試験は、筆記試験合格者のみに実施される。


試験科目

午前試験

不動産の表示に関する登記に関する事項で、土地家屋調査士の業務を行うについて必要な知識

短答式
五肢択一形式の選択問題。主に民法・不動産登記法及び土地家屋調査士法から20問出題される。

記述式
製図を含む書式問題。土地に関する問題及び建物(又は区分建物)からそれぞれ1問ずつ、計2問出題される。

午後試験

平面測量
作図

口述試験
午前試験科目の範囲および土地家屋調査士の業務を行うについて必要な知識



試験地

管区法務局、または那覇地方地方法務局ごとに、それぞれの局が指定した場所。



受験手数料

7,200円



関連リンク

日本土地家屋調査士会連合会

土地家屋調査士受験生掲示板

土地家屋調査士受験生の部屋

全国公共嘱託登記土地家屋調査士協会連絡協議会

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link
こんな資格もあります
資格取得・・・そして転職へArchives

資格一覧
資格の合格率と分類
資格・検定関連サイト紹介
注目の資格ランキング
ブログパーツ
名言集


メール共有メーラー・顧客管理ソフト 債務整理 静的・テキストリンクの相互リンク集でSEO対策しませんか!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。