資格取得・・・そして転職へ

資格取得・・・そして転職へでは資格取得と転職に関する情報を掲載しています
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。
カスタム検索
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。

スポンサーサイト 

Sponsored Link



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link

翻訳実務検定(TQE) 

Sponsored Link



★受験資格★ 制限なし

★合格率★ 1級 24.1%  2級 17.8%
  
★取得目的★ スペシャリスト

TQEは多言語・多分野(7ヶ国語、20産業分野)にわたって実施される国内唯一の翻訳検定試験。



資格の概要

特色

合格者(3級以上)は、翻訳大手の(株)サン・フレアに翻訳者として登録することができます。

TQEは在宅で受験することができ、受験資格は問いません。なお、TQE合格対策のための翻訳講座やセミナーが用意されています。

一般の語学検定試験と異なり、「専門分野での原文解釈力及び文章作成能力」が審査されるため、企業内の人事評価にも活用できます。


審査基準

原文解釈力
訳文表現力
専門知識
スタイル


翻訳実務士のグレード

合格

1級(100-90)

正確性、明瞭性、表現力においてほぼ完全な翻訳をする能力がある。

2級(89-80)

表現力や内容補足で多少欠点はあるが、致命的誤訳がない正確な翻訳をする能力がある。

3級(79-70)

正確性、明瞭性、表現力で多少欠点はあるが、致命的誤訳はほとんどなく、部分的に修正すれば商品になりうる翻訳をする能力がある。




不合格

4級(69-60)

欠陥が多く、現状では実務上かなり修正のいる翻訳だが、学習と経験により翻訳実務士として成功できる資質が充分ある。

5級(59-50)  

欠陥が多く、現状では実務上かなり修正のいる翻訳だが、学習と経験により翻訳実務士として成功できる資質が充分ある。




試験内容

年3回(6・10・2月)実施。(2月は英語のみ)

受験資格は特になし。翻訳に興味のある方、翻訳者になりたい方はどなたでも受験できます。

英語・ドイツ語・フランス語・ロシア語・スペイン語・中国語・韓国語の「7言語」から選択



試験地

インターネットにて受験



受験手数料

和訳・外国語訳両方 15,750円   外国語訳のみ10,500円



関連リンク

TQE - 翻訳実務検定 : 翻訳実務検定

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link
こんな資格もあります
資格取得・・・そして転職へArchives

資格一覧
資格の合格率と分類
資格・検定関連サイト紹介
注目の資格ランキング
ブログパーツ
名言集


メール共有メーラー・顧客管理ソフト 債務整理 静的・テキストリンクの相互リンク集でSEO対策しませんか!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。