資格取得・・・そして転職へ

資格取得・・・そして転職へでは資格取得と転職に関する情報を掲載しています
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。
カスタム検索
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。

スポンサーサイト 

Sponsored Link



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link

Windows操作技能認定試験 

Sponsored Link



資格の概要

Windowsの基本的な活用レベルを認定する資格

パソコン市場における代表的なOS、Microsoft Windowsの活用能力を認定する。

試験は知識試験と実技試験があり、得点によって1級から3級のレベルに認定される。

全級ともWindowsやWindows上のアプリケーションソフトを使用するにあたってのパソコン知識と、Windows関連用語についての知識が問われるが、1級ではWindows操作・設定について指導・提案ができるかどうかも問われる。



試験内容

<知識試験>30分、多肢選択式(パソコンを使用)

・テーマ別大問8~10題(小設問50問程度)
・パソコンの基礎知識、Windowsに関する知識


<実技試験>90分、大問3題

問題冊子もしくはAcrobatReaderで出題されたテーマ・指示に従ってパソコンを使用し解答を作成、データをアップロード(もしくはFDに保存)し提出。

Windowsの操作によるファイル・フォルダ操作、各種設定ダイアログボックス等の画像キャプチャとペイントの貼り付け(ペイントの利用)、およびInternetExplorer、 OutlookExpressの操作等

※対象ソフト

Windows98、WindowsMe、またはWindowsXPより選択し受験していただきます。但し試験本文中の表記等はWindowsMeを標準としています。

(受験会場により使用する機器やソフトが異なります。受験申込前に使用機器・ソフトを必ずご確認下さい。)

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link
こんな資格もあります
資格取得・・・そして転職へArchives

資格一覧
資格の合格率と分類
資格・検定関連サイト紹介
注目の資格ランキング
ブログパーツ
名言集


メール共有メーラー・顧客管理ソフト 債務整理 静的・テキストリンクの相互リンク集でSEO対策しませんか!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。