資格取得・・・そして転職へ

資格取得・・・そして転職へでは資格取得と転職に関する情報を掲載しています
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。
カスタム検索
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。

スポンサーサイト 

Sponsored Link



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link

Excel表計算処理技能認定試験 

Sponsored Link



★受験資格★ 制限なし

★合格率★ 74.4%
  
★取得目的★ キャリアアップ

Excel表計算処理技能認定試験とは、ビジネス社会で要求されるMicrosoft Excelで表計算処理が自由にできる能力の認定を行う試験で、サーティファイソフトウェア活用能力認定委員会が主催している。

試験には1~3級があり、3級は簡単な表計算の入力と作成、その他の基礎知識が問われる。2級は実社会で通用する表計算処理能力など、1級は高度な表計算処理のほか、データベースなどに関する実務知識を駆使し、業務処理能力が問われる。

受験資格は特になし。受験時期は受験会場により異なるので、サーティファイのホームページで確認しよう。

Excel表計算処理技能認定試験で、Excel・Word・Access・PowerPointの上位級を取得すると、サーティファイオフィスマスターとして認定される。仕事の即戦力となる、有効な資格だ。



資格の概要

認定基準

1級

Microsoft Excel®を用いてビジネス社会における高度な表計算処理を行うことができる。同時に、パソコン・表計算・ビジネス図表・ビジネス帳票・データベースに関する高度な実務知識を駆使して業務処理を分析し、表計算処理ソフトウェアの活用法を指導・提案できる。

2級

Microsoft Excel®を用いてビジネス社会における通常の表計算処理を行うことができる。同時に、パソコン・表計算・ビジネス図表に関する基礎知識を有し、初心者の操作指導ができる。

3級

Microsoft Excel®を用いて簡単な表計算の入力と作成を行うことができる。同時に、パソコン・表計算・ビジネス図表に関するごく基本的な知識を有する。


学習時間の目安

1級 30時間
2級 40時間
3級 50時間

※3級の学習時間は、初学者の方が要する学習時間の目安であり、2級の学習時間は、3級取得後に要する概ねの学習時間の目安、1級は2級取得後の時間としています。

※学習時間はあくまで試験取得のために要する概ねの平均的な学習時間であり、教育機関におけるカリキュラムや学習者の実務経験等により学習時間は変動します。



試験内容

知識試験

内容 ビジネス帳票およびMicrosoft Excel®に関する操作知識

形式 パソコン認定試験実施プログラムによる選択問題

題数 テーマ別大問10~15題程度

(小設問 3級40問程度、1・2級45問程度)

時間 30分


実技試験

内容 Microsoft Excel®の操作によるxls(Excel2007=xlsx,xlsm)ファイル等の作成、編集

形式 問題文は問題冊子を配布。テーマ・指示に従いハードディスク上やFD等に解答を保存し提出する。

題数 5問~8問程度の大問形式

時間 1級・2級 90分 / 3級 60分



試験地

要確認



受験手数料

要確認



関連リンク

ビジネス能力認定 サーティファイ

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link
こんな資格もあります
資格取得・・・そして転職へArchives

資格一覧
資格の合格率と分類
資格・検定関連サイト紹介
注目の資格ランキング
ブログパーツ
名言集


メール共有メーラー・顧客管理ソフト 債務整理 静的・テキストリンクの相互リンク集でSEO対策しませんか!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。