資格取得・・・そして転職へ

資格取得・・・そして転職へでは資格取得と転職に関する情報を掲載しています
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。
カスタム検索
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。

スポンサーサイト 

Sponsored Link



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link

PowerPointプレゼンテーション技能認定試験 

Sponsored Link



★受験資格★ 制限なし

★合格率★ 82.3%
  
★取得目的★ キャリアアップ

PowerPointプレゼンテーション技能認定試験とは、Microsoft PowerPointの機能を認定する試験(サーティファイソフトウェア活用能力認定委員会主催)。

試験は初級と上級に分かれ、知識問題と実技問題で構成される。初級では、詳細な指示書に従って見本同様のプレゼンテーションスライドを作成しなければならない。

今の時代に必要とされるプレゼンテーション能力が身につく注目の資格、PowerPointプレゼンテーション技能認定試験。資格取得者の傾向として専門学校、職業訓練校などで専門に学んでいる人や、大学生、スクールに通っている社会人など幅広い。



資格の概要

認定基準

上級

プレゼンテーションの目的を理解し、Microsoft PowerPoint®を用いて指示書をもとに見本同様のプレゼンテーションファイルを作成することができる。指示された通りのストーリーでスライド間を移動するプレゼンテーションファイルを作成することができる。

初級

Microsoft PowerPoint®を用いて具体的詳細な指示書をもとに見本と同じ正確なプレゼンテーションファイルを作成することができる。スライド間の移動も含まれるが、その方法は指示書に具体的に示す。



試験内容

出題形式

知識試験 内容 プレゼンテーション、およびMicrosoft PowerPoint®に関する操作知識

形式 パソコン認定試験実施プログラムによる選択問題

題数 テーマ別大問6~8問(小設問40問程度)

時間 30分


実技試験

内容 Microsoft PowerPont®の操作によるppt(PowerPoint2007:pptx)ファイルの作成

形式 問題文は問題冊子を配布

テーマ・指示に従いハードディスク上やFD等に解答を保存し、提出する

題数 連続したテーマによる大問5題程度

時間 上級 90分 / 初級 60分


合格基準

全級とも、知識問題65%以上、かつ実技問題65%以上の正答率で合格。



試験地

要確認



受験手数料

要確認



関連リンク

Certify ソフトウェア活用能力認定委員会 | PowerPoint®プレゼンテーション技能認定試験

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link
こんな資格もあります
資格取得・・・そして転職へArchives

資格一覧
資格の合格率と分類
資格・検定関連サイト紹介
注目の資格ランキング
ブログパーツ
名言集


メール共有メーラー・顧客管理ソフト 債務整理 静的・テキストリンクの相互リンク集でSEO対策しませんか!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。