資格取得・・・そして転職へ

資格取得・・・そして転職へでは資格取得と転職に関する情報を掲載しています
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。
カスタム検索
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。

スポンサーサイト 

Sponsored Link



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link

Photoshopクリエイター能力認定試験 

Sponsored Link



★受験資格★ 制限なし

★合格率★ 58.6%
  
★取得目的★ スペシャリスト



資格の概要

「プロフェッショナルから一般ユーザーまで」ビットマップ画像編集ソフトの操作スキルを測定

デザイン・印刷などのDTP業界において、「事実上の基準」となっている画像編集ソフトAdobe Photoshop®。そのPhotoshop®を活用して画像の加工・調整等、実務に活かすための能力を測定する試験として、1995年より試験を開始。

デザイン・出版・印刷業界のプロフェッショナルユーザーのみではなく、イラストレーター、写真家、画像加工に興味がある一般ユーザーにいたるまで、スキルチェックやスキル証明の一手段として幅広く活用されている。


仕事で「より効果的にPhotoshopを活用できる」という実践的な能力を証明

コマンド名や機能だけの知識を身につけたところで、実際の業務では活用できない場合が多くあります。そこで、サーティファイでは画像処理とAdobe Photoshop®に関する知識を問う「知識問題」に加え、実際に提示されたテーマ・素材から、色調補正・レイヤー・チャンネル・フィルタなどデジタル画像処理を行い、画像の入出力設定を行うところまでを問う「実技問題」を実施することにより、より実践的な能力評価を行っています。就・転職の際に、保有能力を証明するためにも有効と言えます。


ステップ式にスキルを習得

Photoshop®クリエイター能力認定試験は、Photoshop®の基本的な活用能力を測定する3級から、マスク・フィルタ処理等の画像処理、スライス、画像の書き出しといった応用的な活用能力を測定する1級まで、その保有スキルに応じてレベル別に認定する試験となっています。


認定会場は全国に1,000団体以上、平成20年度より公開試験を本格実施

ソフトウェア活用能力認定委員会が認定する会場は、全国的に増加を続け、現在では1,000団体を超えています。認定会場にはパソコンスクールも多く含まれ、それらの会場では試験に対応した講座が随時開講されています。



試験内容

試験目的

画像編集技術に関する知識を有し、Photoshop®を駆使して、提示されたテーマ・素材から、仕様に従ってコンテンツを制作する能力を認定。


認定基準

1級

Photoshop®の高度な機能やデジタル画像処理の基礎理論への理解に加え、Webページや印刷など他のメディアへの応用性を踏まえた、実用に耐えうるデジタルコンテンツの作成・指導・提案を行うことができる。

2級

マスク・フィルタ処理などの画像処理に関する基礎理論およびPhotoshop®における操作方法を理解し、多様なデジタル画像処理を行うことができる。

3級

色調補正・レイヤー・チャンネル・フィルタなど、Photoshop®の基礎機能の大別を理解し、デジタル画像処理を行うための基礎的な操作ができる。



試験地

全国各地



受験手数料

1級 8,100円 2級 7,100円 3級 6,100円 4級



関連リンク

Certify ソフトウェア活用能力認定委員会 | Photoshop®クリエイター

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link
こんな資格もあります
資格取得・・・そして転職へArchives

資格一覧
資格の合格率と分類
資格・検定関連サイト紹介
注目の資格ランキング
ブログパーツ
名言集


メール共有メーラー・顧客管理ソフト 債務整理 静的・テキストリンクの相互リンク集でSEO対策しませんか!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。