資格取得・・・そして転職へ

資格取得・・・そして転職へでは資格取得と転職に関する情報を掲載しています
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。
カスタム検索
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。

スポンサーサイト 

Sponsored Link



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link

Web利用・技術認定委員会 

Sponsored Link



★受験資格★ 制限なし

★合格率★ 77.4%
  
★取得目的★ キャリアアップ



資格の概要

世界標準に対応した初めての試験

WWWで利用される技術の世界的な標準化を図るため、国際的な非営利コンソーシアムとしてW3Cが設立されました。Web技術の発展により、多くのソフトウェアメーカーがHTMLを自由に拡張したことで、様々なブラウザで同じWebページが同様に閲覧できない等、WWWの将来を踏まえても様々な弊害が発生する傾向にあります。この様な時代背景に際し、HTML 4.01 StrictやCSS2.1をガイドラインとして発表し、Web標準と言える強固な指針を提示しました。多くの企業では、この指針に基づいたWebサイトを構築する一方で、このガイドラインから外れたWebページを見直す方向に動いています。

CSSにより汎用性と利便性を重視

近年、ビジネスシーンで活用される多くのWebページは、見た目のインパクトよりも、むしろユニバーサルデザインを考慮し、利便性・汎用性の高いものへと変遷しております。サーティファイでは、このWeb技術の革新にいち早く対応し、CSS(Cascading Style Sheets)によるレイアウト指定を重視した試験を提供しております。CSSを使うことにより、Webページのレイアウトやデザインに関する情報を、文書本体から切り離すことができ、より汎用性の高いWebページを作成することが出来る。

正しい表記を用いることで、CSSの利用方法をマスターしていただき、Webページのソースコードの正しい書き方を身に付けることで、アクセシビリティやユーザビリティを配慮した質の高いWebページ作成へとつなげることが可能。


Webの総合的なスキルを身に付ける

Webクリエイター能力認定試験は、HTML、CSSに関する基本的な知識や簡単なWebページ作成能力から、フォーム、オブジェクトの配置といった応用的なWebページデザイン能力まで、Web業界では必須の知識を身に付けることが可能。

Illustrator、Photoshop、Flashの知識を併せて学習することで、総合的なWebページ作成、Webページデザインのスキルを身に付けることが可能。

Web関連企業、広告代理店、専門学校、大学、高校、職業訓練校から個人にいたるまで、幅広い分野から受験者がいる。



試験内容

試験目的

Webページを制作するためのHTMLファイルのコーディング能力、および基本的なデザイン能力を有し、Webサイトを構築するためのクリエイター能力を認定。


認定基準

上級

HTML、CSSに関する深い知識を有し、仕様書に基づいたWebページ制作を正しい理解のもとに行うことができる。また、高度なCSSレイアウトを駆使し、Webサイトのページデザインを行うことができる。

初級

HTML、CSSに関する基本的な知識を有し、標準的なWebページのソースを見て、内容を正しく理解し、適切な追記・修正を行うことができる。また、仕様書に基づき、文書の構造化やCSSによる簡単なレイアウトを行うことができる。


合格基準

正答率が、全級とも規定問題60%以上、自由問題60%以上。



試験地

要問合せ



受験手数料

要問合せ



関連リンク

サーティファイ Web利用・技術認定委員会

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link
こんな資格もあります
資格取得・・・そして転職へArchives

資格一覧
資格の合格率と分類
資格・検定関連サイト紹介
注目の資格ランキング
ブログパーツ
名言集


メール共有メーラー・顧客管理ソフト 債務整理 静的・テキストリンクの相互リンク集でSEO対策しませんか!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。