資格取得・・・そして転職へ

資格取得・・・そして転職へでは資格取得と転職に関する情報を掲載しています
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。
カスタム検索
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。

スポンサーサイト 

Sponsored Link



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link

普及指導員 

Sponsored Link



★受験資格★ 実務経験

★合格率★ --------
  
★取得目的★ スペシャリスト

普及指導員とは普及指導員国家試験に合格した者。



資格の概要

平成16年度までの普及職員の資格試験は、「改良普及員」と「専門技術員」の二つが実施されていました。改良普及員資格試験は、原則として大学卒(卒業見込みを含む)を受験資格として各都道府県が実施していたものです。また、専門技術員資格試験は、専門の調査研究や改良普及員の指導を担当する技術者として、大学等を卒業後、農業等に関する試験研究又は教育、農業等に関する技術についての普及指導に従事した期間が10年以上に達する者を受験資格として国が実施していたものです。

平成16年5月に改正された農業改良助長法に基づき、都道府県に置く普及職員が「普及指導員」に一元化されたことに伴い、平成17年度からは、これら二つの資格試験を廃止し、新たに「普及指導員資格試験」を国が実施することとなりました。普及指導員は高度な普及事業を担当する即戦力の技術者として任用されることから「普及指導員資格試験」では、大学卒業見込みで受験できた従来の改良普及員資格試験とは異なり、大学院修了後2年間(大学卒では4年間)の実務経験が受験のために必要となります。



試験内容

受験資格

国、都道府県、農協等において農業又は家政に関する試験研究業務に従事、農業又は家政に関する教育に従事、農業又は家政に関する技術についての普及指導に従事していた期間が大学院修了者が2年以上、大学等卒業者が4年以上、短期大学等卒業者が6年以上、高等学校卒業者が10年以上、改良普及員資格試験合格者は学歴にかかわらず、2年以上の実務経験が必要になる。

試験

試験科目には書類審査、筆記試験と口述試験がある。


書類審査

農業改良助長法施行規則第7条の規定により提出された業務報告書に記載された農業又は家政に関する実務経験について普及活動に必要な技能習得の合否判定

試験科目

筆記試験(審査課題)


必須項目

農業概論(食料・農業・農村をめぐる情勢、食料・農業・農村に関する政策、農業技術・経営及び農村生活に関する知識、情報技術に関する知識)

選択項目

作物
園芸
畜産
土壌及び肥料
植物保護
労働・機械及び農作業
地域計画及び環境
流通及び加工
経営管理


口述試験

面接で農業現場における課題解決に必要な意欲、常識、態度、意思疎通の能力等を有するか否かの判定



試験地

試験会場は、毎年6月上旬に予定している官報での試験実施公告を行う際にお知らせします。希望試験会場について、受験願書提出時に記入することになりますが、受験者の数等により変更することがありますので、受験者に発送される受験票にて改めてご確認ください。なお、試験会場を変更することはできませんのでご注意ください。



受験手数料

現在、受験手数料はかかりません



関連リンク

農林水産省 普及事業ホームページ

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link
こんな資格もあります
資格取得・・・そして転職へArchives

資格一覧
資格の合格率と分類
資格・検定関連サイト紹介
注目の資格ランキング
ブログパーツ
名言集


メール共有メーラー・顧客管理ソフト 債務整理 静的・テキストリンクの相互リンク集でSEO対策しませんか!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。