資格取得・・・そして転職へ

資格取得・・・そして転職へでは資格取得と転職に関する情報を掲載しています
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。
カスタム検索
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。

スポンサーサイト 

Sponsored Link



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link

警備員指導教育責任者 

Sponsored Link



★受験資格★ 実務経験

★合格率★ 約75%
  
★取得目的★ スペシャリスト

警備員指導教育責任者は、昭和57年の警備業法改正により機械警備業務管理者とともに制度化された国家資格である。



資格の概要

全ての警備業務区分において共通の1つの資格であったが、平成17年11月21日に施行された改正業法において、

1号警備(施設警備業務・空港保安警備業務・店舗内保安警備業務・機械警備業務)
2号警備(交通誘導警備業務・雑踏警備業務)
3号警備(輸送警備業務)
4号警備(身辺警備業務・緊急通報サービス)

上記各警備業務区分ごとの4つの資格に分割された。

警備業者は、警備業務を行うにあたっては、営業所で行う警備業務区分ごとに公安委員会が交付した当該警備業務区分に係る警備員指導教育責任者資格者証を有する者を警備員指導教育責任者として選任し、その営業所の所在地を管轄する公安委員会に届け出なければならず、警備員指導教育責任者を選任せずに警備業務を行うことは、許されない。

但し、複数の警備業務を行う営業所において、その全ての業務に係る警備員指導教育責任者資格者証の交付を受けている者を選任できる場合は区分ごとに選任することを要しない。


制度化の理由

昭和47年に制定された警備業法(第11条)により、警備業者に自己の使役する警備員への指導教育が義務付けられたが、当時はその具体的な方法が示されなかったために、指導内容の記録を見ると警察庁等が発行した解説書の内容の丸写しであるなど、適正な指導教育が行われていないと感じられる状況が少なからず見られた。

また、教育担当者も会社により警察OBであったり、その社員であったりとその者の有する警備業務に関しての知識、技能や教育の技量には大きな格差があった。そこで昭和57年の警備業法改正により制度化されたものが警備員指導教育責任者資格である。

教育担当者に指定される者の警備業務に関する知識や能力等に一定の水準を確保し、また警備業者の指導教育に関する責任の所在を明確にし、もって警備業者の警備員に対する指導教育が適正に行われるようにすることが資格の制度化の理由である。

平成17年11月21日施行された改正業法では、警備業務区分ごとの資格に分割された。


警備員指導教育責任者になるには

都道府県公安委員会から警備員指導教育責任者資格者証の交付を受ければよい。

交付の条件は「一定水準以上、警備業務に関しての専門的知識、能力を有すると認められる者」である。「一定水準以上・・・有すると認められる者」とは

都道府県公安委員会が行う警備員指導教育責任者講習を受講し、修了考査に合格した者

公安委員会が、1に掲げる者と同等以上の知識及び能力を有すると認める者

の2つがある。

一般的な方法は1である。2については、警察官であった者がこれを利用して資格者証の交付を受ける場合が多い。 なお警察官の場合は雑踏警備等の「警備」に長期間従事した者に与えられ「刑事」や「鑑識」、「警察事務」等の職種の場合は1を受ける必要がある。



試験内容

警備員指導教育責任者講習は、平成17年11月21日に施行された改正業法によって

a.新規取得講習

b.追加取得講習

c.特例措置講習(2年経過後の平成19年11月21日からは『旧資格者講習』という名称になっている。)

d.現任指導教育責任者講習

の4種類となった。


(1)受講要件

警備員指導教育責任者講習の受講要件は次のとおりで、いずれかに該当しなければならない。

警備員検定1級合格者

警備員検定2級合格者で、当該検定に合格した後、継続して1年以上警備業務に従事している現警備員

最近5年間に警備業務に従事した期間が通算して3年以上である者

なお平成17年11月21日に施行された改正業法によって、警備員指導教育責任者の資格が警備業務区分ごとに分割されたことから、講習も警備業務区分ごとに分割されている。よって受講要件として警備員検定の合格者については、講習を受けようとする警備業務区分に係る警備員検定の合格が、警備業務経験3年を要件とする者については、講習を受けようとする警備業務区分に係る警備業務の経験が求められる。

(例えば、1号警備の新規取得講習を受けようとする場合に、交通誘導警備検定の合格や、輸送警備の経験が3年あることを受講要件とすることは出来ない。)

なお、受講の申込みの際にいずれかの受講要件を満たしていることを証明する書類を提出する必要がある。検定の合格者であれば合格証明書の写しを、通算して3年以上の警備業務に従事した期間があることを理由とする者は、警備業務従事証明書を今まで所属していた警備業者に作成してもらい、提出する必要がある。

警備業者により、倒産していたり、警備業務従事証明書の発行を拒否するところがあるので、その場合は誓約書を自身で公安委員会宛てに作成して提出する。なおこれ以外にも、法定備付書類の一つである警備員名簿(根拠 警備業法第45条、同法施行規則第66条第1項第1号)の写しや、教育実施簿(根拠 警備業法第45条、同法施行規則第66条第1項第6号)の写し、履歴書などを求められる場合もある。


申込みについて

都道府県公安委員会が行う警備員指導教育責任者講習は、現在、ほぼその全てが、都道府県警備業協会に委託されている。地域により警備業協会に申込みを行うところと、自分の住居地を管轄する警察署に申込みを行うところと分かれているので、日程等についてはどちらかに問い合わせを行う必要がある。なお、住居地にかかわらず他の公安委員会が行う講習であっても受講できる。申込みにあたっては

受講要件を満たしていることを疎明する書類

警備員指導教育責任者講習受講申込書

写真1葉(3×2.4センチの無帽、無背景の証明写真 カラー、白黒は問わない)

住民票の写し(本籍地の記載があるもの)1通

受講申込書作成に使用した印鑑(シヤチハタ不可)

受講料

が必要になる。


講習の内容

以前は講習が5日間、試験が1日間、計6日間であったが、改正業法の施行により警備業務区分によって講習時間や日数が異なることとなった。

また現在のところ公安委員会によって1日の時限数の配分もばらつきが見られる。講習がおおむね9時から17時まで、7時限から8時限行われる。

1時限は50分である。受講料と講習の時間は対応しているので、大体の日数は計算で出せよう。試験は最終日の午前中に行われ、試験時間は100分、40問の5肢択一式で、合格は8割以上の正答が必要である。

合格発表は即日行われ、修了証明書が担当の警察官より交付される。不合格であった場合は再試験は行われず、再度講習から受け直しとなる。



試験地

要確認



受験手数料

新規取得講習の場合の受講料

1号警備 47,000円

2号警備 38,000円

3号警備 38,000円

4号警備 34,000円

資格者証交付 9,800円



関連リンク

警視庁 警備員指導教育責任者資格者証の取得方法

社団法人 東京都警備業協会

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link
こんな資格もあります
資格取得・・・そして転職へArchives

資格一覧
資格の合格率と分類
資格・検定関連サイト紹介
注目の資格ランキング
ブログパーツ
名言集


メール共有メーラー・顧客管理ソフト 債務整理 静的・テキストリンクの相互リンク集でSEO対策しませんか!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。