資格取得・・・そして転職へ

資格取得・・・そして転職へでは資格取得と転職に関する情報を掲載しています
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。
カスタム検索
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。

スポンサーサイト 

Sponsored Link



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link

原子力発電所運転責任者 

Sponsored Link



★受験資格★ 実務経験

★合格率★ 
  
★取得目的★ スペシャリスト


資格の概要

原子力発電所運転責任者は、社団法人火力原子力発電技術協会に申請し認定された者。

原子力発電所において、原子炉運転員の監督および指導にあたる。



試験内容

申請資格

電力会社の職員で、原子力発電所で働いており、運転責任者の準ずる者に限る。(以下に該当する者)

実用原子力発電所の運転業務担当経験が7年(大学卒業者は5年、大学院修了者は4年、原子炉主任技術者は3年)以上で、かつそのうち1年(天然ウラン・黒鉛減速・炭酸ガス冷却型のものにあっては2年)以上の同型原子力発電所の運転経験があること

運転訓練センターで同型原子炉の上級運転員に関するシミュレーター訓練を、申請時点から過去3年以内に受けていること


申請

社団法人火力原子力発電技術協会に申請する。認定手続きは運転実技試験、講習、口頭試験(学科、法令、管理能力)の順番である。また3年毎に更新することとなっている。



関連リンク

株式会社BWR運転訓練センター

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link
こんな資格もあります
資格取得・・・そして転職へArchives

資格一覧
資格の合格率と分類
資格・検定関連サイト紹介
注目の資格ランキング
ブログパーツ
名言集


メール共有メーラー・顧客管理ソフト 債務整理 静的・テキストリンクの相互リンク集でSEO対策しませんか!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。