資格取得・・・そして転職へ

資格取得・・・そして転職へでは資格取得と転職に関する情報を掲載しています
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。
カスタム検索
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。

スポンサーサイト 

Sponsored Link



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link

特別支援学校教員資格認定試験 

Sponsored Link



★受験資格★ 学歴制限

★合格率★  --------
  
★取得目的★ 就職・再就職



特別支援学校教諭(とくべつしえんがっこうきょうゆ)とは、特別支援学校において視覚障害者、聴覚障害者、知的障害者、肢体不自由者又は病弱者(身体虚弱者を含む。)、その他障害のある者、特別支援学級において教育を行うことが適当な者の教育をつかさどる職員のことである(学校教育法71条第1項など)。幼稚部、小学部、中学部、高等部を置くことができる。

視覚障害者、聴覚障害者、知的障害者、肢体不自由者又は病弱者(身体虚弱者を含む。)、その他障害のある者、特別支援学級において教育を行うことが適当な者の教育のほか、健康面での管理、視覚障害者、聴覚障害者、知的障害者、肢体不自由者又は病弱者(身体虚弱者を含む。)、その他障害のある者、特別支援学級において教育を行うことが適当な者保護のための不審者対策なども重要な仕事となっている。特別支援学校教諭普通免許状(専修、一種、二種)を有していなければならない。


資格の概要

特別支援学校教員資格認定試験とは、特別支援学校自立活動教諭一種免許状(視覚障害教育)、特別支援学校自立活動教諭一種免許状(聴覚障害教育)、特別支援学校自立活動教諭一種免許状(肢体不自由教育)または特別支援学校自立活動教諭一種免許状(言語障害教育)の授与を受けるための資質を審査するための認定試験のことである。なお、試験の実施種目により隔年実施されているものもある。

2006年、特別支援学校制度の創設によって、それまでの「特殊教育教員」という資格名称は「特別支援学校教員」と改められた。
平成19年度の実施内容

基本的には、特別支援学校教諭免許状の取得課程がある養成機関で必要単位数をクリアーして取得することになる。

専修免許状=大学院修士課程卒業以上の学歴を有する者。(修士の学位を有する者)
一種免許状=日本の学校教育法に基づく大学卒業以上の学歴を有する者。(学士の学位を有する者)
二種免許状=日本の学校教育法に基づく短期大学卒業以上の学歴を有する者。(準学士・短期大学士の学位を有する者も含む)



試験科目

1次試験
一般教養科目、教職に関する科目、自立活動に関する科目(I)

2次試験
自立活動に関する科目(II)、自立活動に関する科目(III)、口述試験



試験地

受験票によって通知



関連リンク

文部科学省

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link
こんな資格もあります
資格取得・・・そして転職へArchives

資格一覧
資格の合格率と分類
資格・検定関連サイト紹介
注目の資格ランキング
ブログパーツ
名言集


メール共有メーラー・顧客管理ソフト 債務整理 静的・テキストリンクの相互リンク集でSEO対策しませんか!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。