資格取得・・・そして転職へ

資格取得・・・そして転職へでは資格取得と転職に関する情報を掲載しています
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。
カスタム検索
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。

スポンサーサイト 

Sponsored Link



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link

証券外務員 

Sponsored Link



★受験資格★ 制限なし

★合格率★ 50~60%
  
★取得目的★ キャリアアップ

外務員は、金融商品取引業者(証券会社等)・登録金融機関(銀行等)・金融商品仲介業者の役職員のうち、証券取引・デリバティブ取引の勧誘等の行為を行う者である。金融商品取引法による登録を受けなければ業務を行うことができない(同法64条2項・66条の25)。登録は日本証券業協会で行っており、登録を受けるためには同協会の実施する外務員試験に合格する必要がある。

固定給の場合は社員外務員、歩合給の場合は歩合外務員と呼ばれる。



資格の概要

証券会社等に所属し、本店や営業所などで有価証券の募集や売買の勧誘などの営業活動を行ったり、証券会社の営業員として顧客を訪問し有価証券(株券、債券、証券投資信託の受益証券など)の売買などを勧誘したりするなど、外務行為のすべてを行う。

区分

第1種 - 新株予約権証券、カバードワラントを含め、すべての外務行為。

第2種 - 選択権付債券売買取引、信用取引以外の有価証券の募集や売買の勧誘などの営業活動
信用取引 - 選択権付債券売買取引、信用取引や先物取引、オプション取引、現物取引の募集や売買の勧誘などの営業活動

特別会員1種 - 現物取引(債券(公社債のみ)、投信)、選択権付債券売買取引(債券関連のみ)の募集や売買の勧誘などの営業活動

特別会員2種 - 現物取引(債券(公社債のみ)、投信)の募集や売買の勧誘などの営業活動

特別会員4種 - 現物取引(投信)のみの募集や売買の勧誘などの営業活動



試験内容

受験資格

第2種証券外務員は受験資格は不要である。他は受験資格が必要になる。主に証券会社に就職して、一定の研修や資格試験を終えた後に「外務員登録原簿」に登録させることが義務づけられている。

これ以外の者に外務員としての職務を行なわせた証券会社は、金融商品取引法により行政処分ないし刑罰の対象となる。特別会員1種~4種は銀行員、一部の日本郵政グループ(ゆうちょ銀行・郵便局会社)職員が受験可能。

試験科目

法令・諸規則 ・金融商品取引法及び関係法令

・投資信託及び投資法人に関する法律並びに関係法令
・協会定款・規則
・取引所定款・規則

商品業務 ・株式業務

・債券業務
・投資信託及び投資法人に関する業務
・付随業務

関連科目 ・証券市場の基礎知識

・株式会社法概論
・経済・金融・財政の常識
・財務諸表と企業分析
・証券税制
・セールス業務



試験地

要確認



受験手数料

8,400円



関連リンク

日本証券業協会/外務員資格試験

外務員資格試験情報 | プロメトリック

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link
こんな資格もあります
資格取得・・・そして転職へArchives

資格一覧
資格の合格率と分類
資格・検定関連サイト紹介
注目の資格ランキング
ブログパーツ
名言集


メール共有メーラー・顧客管理ソフト 債務整理 静的・テキストリンクの相互リンク集でSEO対策しませんか!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。