資格取得・・・そして転職へ

資格取得・・・そして転職へでは資格取得と転職に関する情報を掲載しています
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。
カスタム検索
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。

スポンサーサイト 

Sponsored Link



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link

特殊化学設備作業者 

Sponsored Link



★受験資格★ 制限なし

★合格率★ 
  
★取得目的★ キャリアアップ

特殊化学設備作業者とは、特殊化学設備の取扱、整備及び修理の業務に係る特別教育を修了した者。



資格の概要

特殊化学設備の取扱、整備及び修理の業務(施行令第20条5号に規定する第一種圧力容器の整備の業務を除く)

特殊化学設備とは化学設備(労働安全衛生法施行令第15条第1項第4号に掲げる化学設備)のうち、発熱反応が行われる反応器等異常化学反応又はこれに類する異常な事態により爆発、火災等を生ずるおそれのあるもの



試験内容

受講資格

満18歳以上

特別教育

各講習機関により違う。

告示で規定された履修時間は28時間(以上)となっている。

試験科目

学科

危険物及び化学反応に関する知識
特殊化学設備、特殊化学設備の配管及び特殊化学設備の附属設備(以下「特殊化学設備等」という。)の構造に関する知識
特殊化学設備等の取扱いの方法に関する知識
特殊化学設備等の整備及び修理の方法に関する知識
関係法令

実技

特殊化学設備等の取扱い
特殊化学設備等の整備及び修理



試験地

要確認



受験手数料

要確認



関連リンク

厚生労働省

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link
こんな資格もあります
資格取得・・・そして転職へArchives

資格一覧
資格の合格率と分類
資格・検定関連サイト紹介
注目の資格ランキング
ブログパーツ
名言集


メール共有メーラー・顧客管理ソフト 債務整理 静的・テキストリンクの相互リンク集でSEO対策しませんか!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。