資格取得・・・そして転職へ

資格取得・・・そして転職へでは資格取得と転職に関する情報を掲載しています
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。
カスタム検索
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。

スポンサーサイト 

Sponsored Link



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link

指定自動車教習所指導員 

Sponsored Link



★受験資格★ 実務経験

★合格率★ 
  
★取得目的★ スペシャリスト

指定自動車教習所指導員とは、各都道府県公安委員会の指定を受けた自動車教習所の指導員を認定する国家資格。試験を管轄するのも各都道府県公安委員会となっている。

指定自動車教習所指導員には、技能検定を行う技能検定員と技能・学科の教習を行う教習指導員の2種類がある。また、ぞれぞれ大型、普通、大特など自動車の種類に応じて5種類の資格が設けられている。受験に際しては年齢制限があり、教習指導員は21歳以上、技能検定員は25歳以上となっている。試験は実技・筆記・面接などによって行われる。試験日等は各都道府県公安委員会が指定する。



資格の概要

資格について

指定自動車教習所指導員とは、各都道府県公安委員会の指定を受けた自動車教習所の指導員を認定する国家資格である。

指定自動車教習所では教習指導(学科教習、技能教習)を行う教習指導員と、技能検定を行う技能検定員がいる。両者は別々の資格であり、指定自動車教習所には両者とも置くことが義務付けられている。実際には教習指導員の資格を取得した者がのちに技能検定員の資格を取得することが多いため、技能検定員は教習指導員を兼任している場合が多い。


教習指導員

道路交通法第九十九条の三第四項に基づき教習指導員資格者証を交付された者を教習指導員という。学科・実技の教習を行うことができる。かつては学科教習に従事する学科指導員と技能教習を行う技能指導員で別々の資格になっていたが、1993年に実施された道路交通法改正により、現行の教習指導員に統合された。

なお、入校式などで実施される運転適性検査と、学科教習の第2段階にある「運転適性検査結果における行動分析」では、運転適性検査指導者養成講習を修了した教習指導員のみが教習を行うことができる。また学科教習にある「応急救護」では、応急救護処置指導員として認定された教習指導員のみが教習を行うことができる。



試験内容

受験資格

21歳以上で、受審する車種の運転に用いる運転免許を所持していること。


審査

所属教習所で事前教養を行い、都道府県指定自動車教習所協会の行う新任教習指導員養成講習を受講する。その後、公安委員会の行う審査を受審するのが一般的だが、教習所に所属していない個人でも、教習指導員審査を受審することができる。その場合、事前教養や養成講習は受講できないので、独学、もしくは、教習指導員の養成を行っている届出自動車教習所(指定外)の対策講習等を受講することになる。

試験科目

審査項目

教習に関する技能
教習指導員として必要な自動車の運転技能
技能教習に必要な教習方法
学科教習に必要な教習方法
教習に関する知識
自動車教習所に関する法令についての知識(論文、正誤式)
教習指導員として必要な教育についての知識(論述式)
教則の内容となっている事項、その他自動車の運転に関する知識(論述式、正誤式)

審査内容

筆記による審査
道路交通法
教習所関係法令
教育知識
交通の教則
安全運転の知識
自動車の構造等の科目
運転技能審査
面接による審査



試験地

全国各地



受験手数料

要確認



関連リンク

指定自動車教習所指導員・検定員について

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link
こんな資格もあります
資格取得・・・そして転職へArchives

資格一覧
資格の合格率と分類
資格・検定関連サイト紹介
注目の資格ランキング
ブログパーツ
名言集


メール共有メーラー・顧客管理ソフト 債務整理 静的・テキストリンクの相互リンク集でSEO対策しませんか!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。