資格取得・・・そして転職へ

資格取得・・・そして転職へでは資格取得と転職に関する情報を掲載しています
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。
カスタム検索
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。

スポンサーサイト 

Sponsored Link



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link

防火対象物点検資格者 

Sponsored Link



★受験資格★ 実務経験

★合格率★ 
  
★取得目的★ キャリアアップ

防火対象物点検資格者とは、防火対象物点検資格者講習を修了した者である。



資格の概要

一定規模以上の防火対象物の管理権原者は、防火対象物点検資格者の資格を有する者に防火対象物を定期的に点検させなければならない。

防火対象物点検資格者は点検結果を所轄の消防長または消防署長に報告する。

点検報告により、消防機関が防火対象物の実態を把握することで立入検査の効率化等の効果が期待できる。(これを防火対象物点検報告制度という)

点検する内容

防火対象物点検資格者が点検を行う内容は概ね次の通りである

消防計画

避難・消火訓練等防火管理業務
防炎対象物品の使用
火気使用設備等の適切な管理
少量危険物・指定可燃物の貯蔵及び取り扱い
消防用設備等の設置維持
避難施設の管理等
点検報告義務を履行し一定の基準を満たしている防火対象物に対してはその旨表示できる。



試験内容

4日間行われ、講習料は45000円

試験科目

受講資格

消防設備士 - 消防用設備等の工事、整備または点検について3年以上の実務の経験を有する者。

消防設備点検資格者 - 消防設備等の点検について3年以上の実務の経験を有する者。

防火管理者 - 3年以上その実務の経験を有する者。または防火管理上必要な業務について5年以上の実務経験を有する者。

建築基準適合判定資格者検定に合格した者 - 建築主事又は確認検査員として2年以上の実務の経験を有する者。

特殊建築物等調査資格者 - 特殊建築物等の調査について5年以上の実務の経験を有する者。

建築設備検査資格者 - 建築設備の検査について5年以上の実務の経験を有する者。

一級建築士・二級建築士 - 建築物の設計若しくは工事監理又は建築工事の指導監督について5年以上の実務の経験を有する者。

建築設備士 - 5年以上その実務の経験を有する者。

市町村の消防職員 - 火災予防に関する業務について、1年以上の実務の経験を有する者。

市町村の消防職員 - 5年以上その実務の経験を有する者。(前記に掲げる者を除く。)

市町村の消防団員 - 8年以上その実務の経験を有する者。

特殊行政庁の職員 - 建築行政に関する業務(防火に関するものに限る。)について5年以上の実務の経験を有する者。

また、実務経験の期間は、資格等を取得した後の期間を算定する



試験地

全国各地



受験手数料

45,000円



関連リンク

防火対象物点検資格者講習:日本消防設備安全センター

財団法人 東京防災指導協会

東京消防庁

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link
こんな資格もあります
資格取得・・・そして転職へArchives

資格一覧
資格の合格率と分類
資格・検定関連サイト紹介
注目の資格ランキング
ブログパーツ
名言集


メール共有メーラー・顧客管理ソフト 債務整理 静的・テキストリンクの相互リンク集でSEO対策しませんか!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。