資格取得・・・そして転職へ

資格取得・・・そして転職へでは資格取得と転職に関する情報を掲載しています
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。
カスタム検索
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。

スポンサーサイト 

Sponsored Link



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link

文書処理能力検定 

Sponsored Link



★受験資格★ 制限なし

★合格率★ 1級 約50%  2級 約70%
  
★取得目的★ キャリアアップ

文書処理能力検定2種試験とは、全日本情報学習振興協会(全情協)が主催する文部科学省後援の検定試験で、文書作成能力と技術常識について検定を行うものである。



資格の概要

文書処理能力検定試験とは、ワープロソフトを使い、入力速度やさまざまな機能の活用度レベルを問う試験。(財)全日本情報学習振興協会が主催する。

文書処理能力検定試験のI種は入力速度やビジネス文書の作成能力を測る試験(1級以外は実技試験のみ)で、II種ではワープロに備わる表計算能力やデータベース機能などの操作能力を問う。

II種では、筆記試験として「マルチメディア社会に対応する技術に関する試験」も課せられる。資格を取得すれば、パソコンのワープロソフトの活用レベルの証明となる。



試験内容

1級を最高に、2級・3級の3ランクがある。

試験は、筆記と実技によって実施される。


使用するソフト

試験では、ワード・エクセルを使用する。

試験時間

* 実技試験 45分
* 筆記試験 20分

合格点

70点以上(満点:100点)


試験回数

1月・3月・5月・7月・9月・11月の年6回

合格発表

全日本情報学習振興協会のホームページ又は受験会場で発表

合格証書交付

受験会場で、受験票と引き換えに交付。受験票亡失の場合は、受験会場にて亡失の旨を伝えなければならない。

試験科目

実技試験

* 3級 罫線を含む文書作成
* 1級・2級 図形・罫線を含む文書作成

筆記試験

マルチメディア社会に対応する技術に関する知識



試験地

要確認



受験手数料

1級 5,250円 2級 4,200円 3級 3,150円



関連リンク

文書処理能力検定試験Ⅰ種・Ⅱ種/全情協

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link
こんな資格もあります
資格取得・・・そして転職へArchives

資格一覧
資格の合格率と分類
資格・検定関連サイト紹介
注目の資格ランキング
ブログパーツ
名言集


メール共有メーラー・顧客管理ソフト 債務整理 静的・テキストリンクの相互リンク集でSEO対策しませんか!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。