資格取得・・・そして転職へ

資格取得・・・そして転職へでは資格取得と転職に関する情報を掲載しています
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。
カスタム検索
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。

スポンサーサイト 

Sponsored Link



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link

パソコンスピード認定試験  

Sponsored Link



★受験資格★ 制限なし

★合格率★ 
  
★取得目的★ スペシャリスト



資格の概要

パソコンスピード認定試験 は、パソコンの日本語ワープロソフト・英文ワープロソフトの有効な利用を通じて、正確かつ迅速な入力技能とコンピュータ活用能力の向上を図ることを目的として日本情報処理検定協会が実施する検定試験。



試験内容

実技試験

指示に対応できる機能を有するソフトを使用(使用機種・ソフト・ソフトのバージョンは問いません)

試験科目

日本語

内  容

試験時間内に問題文どおりに入力する。

試験時間

10分間(印刷の時間は含まない)

認定基準 試験時間内に入力した純字数により以下の初段・級を認定する。


初  段

1,500文字 以上

1  級

1,000文字 以上

2  級

700文字 以上

3  級

500文字 以上

4  級

300文字 以上

5  級

100文字 以上


採点方法

1ミスにつき1文字減とする。(初段・各級とも同じ)
純字数 = 総字数 - ミス数

問題文書式

用紙サイズ A3判 見開き

1行の文字数 40文字

1ページの行数 36行

文字フォント MS明朝

文字サイズ 10.5ポイント

解答用紙書式 A4判縦

書式の減点 1行の文字数が40文字でない場合、1ページの行数が36行でない場合は減点とする。


英文

内  容

試験時間内に問題文どおりに(ストレートに)入力する。

各行末の改行位置も問題どおりとする(行末でエンターキーを押し強制改行する)

試験時間

10分間(印刷の時間は含まない)

認定基準

試験時間内に入力した純ストロークス(純字数)により以下の初段・級を認定する。


初  段

3,000ストロークス 以上

1  級

2,000ストロークス 以上

2  級

1,400ストロークス 以上

3  級

1,000ストロークス 以上

4  級

600ストロークス 以上

5  級

200ストロークス 以上


採点方法

1ミスにつき2ストロークス減とする(初段・各級とも同じ)
純ストロークス = 総ストロークス -( ミス数 × 2 )


問題文書式

用紙サイズ A3判 見開き

1行のストロークス 76ストロークス以内

1ページの行数 29行

文字フォント Courier New

文字サイズ 12ポイント

解答用紙書式 A4判縦

書式の減点 改行箇所、改ページ箇所は問題文どおりでない場合は減点とする。



試験地

要確認



受験手数料

日本語、英文 1,200円



関連リンク

日本情報処理検定協会 パソコンスピード認定試験

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link
こんな資格もあります
資格取得・・・そして転職へArchives

資格一覧
資格の合格率と分類
資格・検定関連サイト紹介
注目の資格ランキング
ブログパーツ
名言集


メール共有メーラー・顧客管理ソフト 債務整理 静的・テキストリンクの相互リンク集でSEO対策しませんか!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。