資格取得・・・そして転職へ

資格取得・・・そして転職へでは資格取得と転職に関する情報を掲載しています
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。
カスタム検索
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。

スポンサーサイト 

Sponsored Link



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link

IT活用能力検定 

Sponsored Link



★受験資格★ 制限なし

★合格率★ 1級 35%  2級 40%
  
★取得目的★ スペシャリスト



資格の概要

急激にIT化が進む現代社会においては、コンピュータは一部のエンジニアや専門家だけのものではなく、ホワイトカラーの95%以上がパソコンを使用しています。求められる人材IT技能が一層高度化する一方で、確実にIT活用能力の標準化も進んでおり、今ではIT活用技能を一般常識として位置づけています。

高等学校における情報科目の新設によるパソコン教育の充実は言うまでもなく、今では大学・短大においてもリテラシー教育としてパソコンの活用法を指導する実務教育が積極的に行われています。そのスキルを客観的に測定するものです。

※1級、2級は厚生労働省がすすめるYES-プログラム認定試験です。



試験内容

3級

高校教科「情報A・B・C」のいずれかを学習し、コンピュータネットワーク社会で活動するために必要なITの基礎知識を有し、与えられたツールを使用して「情報収集」「収集した情報の整理」「整理した情報の表現」ができ、「情報社会に参画するためのルールやモラル」を習得している。

2級

コンピュータネットワーク社会でルールを遵守してネットワークが利用でき、「問題解決のためのコンピュータ活用能力」を有し、IT技術やツールを利用した「情報収集力」「収集した情報の整理・分析力」「整理した情報の表現力」「コミュニケーション力」を有する。

1級

コンピュータネットワーク社会において活動ができ、適切なIT技術やツールを選択し、目標達成あるいは問題解決のために情報収集・分析ができ、「実行計画の立案」から「プレゼンテーション」までができる総合的な能力を有する。

実施方法:筆記試験

合格条件:各級とも100点満点とし、70点以上を合格とする。


試験時間

1級 13時00分(60分)
2級 14時20分(60分)
3級 13時00分(40分)

合格発表

試験日から1か月以内に、試験会場(専門学校)で発表。

合格者には、合格証書(A4版)を交付。

合格発表の期日や方法、証書の受け渡し方法等は、試験会場によって異なります。申し込みの際に要確認。

就職や単位の認定時などに必要な場合、申請により「合格証明書」(有料500円税込)の発行もしている。希望者は、全国経理教育協会に問い合わせ。



試験地

試験会場一覧



受験手数料

1級 3,600円

2級 2,800円

3級 2,000円




関連リンク

全国経理教育協会 - IT活用能力検定試験

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link
こんな資格もあります
資格取得・・・そして転職へArchives

資格一覧
資格の合格率と分類
資格・検定関連サイト紹介
注目の資格ランキング
ブログパーツ
名言集


メール共有メーラー・顧客管理ソフト 債務整理 静的・テキストリンクの相互リンク集でSEO対策しませんか!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。