資格取得・・・そして転職へ

資格取得・・・そして転職へでは資格取得と転職に関する情報を掲載しています
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。
カスタム検索
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。

スポンサーサイト 

Sponsored Link



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link

マルチメディア検定  

Sponsored Link



★受験資格★ 制限なし

★合格率★ 2級 26.9%  3級 52.2%
  
★取得目的★ キャリアアップ

コンピュータやインターネットを活用し、ディジタル情報でコミュニケーションするうえで必要な知識と技能を評価する検定試験。



資格の概要

マルチメディア検定は次の4つの側面から出題される。

ディジタル情報をいかに表現・伝達するか、そのデザインの考え方や方法についてのコミュニケーションデザイン。

マルチメディアの基礎となる画像・映像・テキスト・サウンドなどの技術についての基礎・要素技術。

マルチメディアを実現するためのシステム。

マルチメディアと社会の関わりについての社会論。


ブロードバンド時代を迎え、より多くのマルチメディアに精通した人材が求められています。


取得のメリット

コンピュータやネットワークシステム、ディジタル画像やコンテンツデザインの基礎知識を習得することにより、魅力的な表現や、的確な情報の受発信ができるようになります。また、広範なサイト構築におけるリーダー的な立場で活躍する人にとっても非常に有効です。



試験内容

-出題範囲

コミュニケーションデザイン

情報を受け手に分かりやすく伝えるための考え方や表現方法など

コンテンツデザイン

Webなどのインタラクティブコンテンツを効果的に設計するための情報のデザイン、ページデザイン、サウンドデザインの技法など

ヒューマンインタフェース

使いやすいインタフェースを設計するためのデザインや技術など

ディジタル情報の基礎

コンテンツの制作で必要となるディジタル画像の表示方法、CG、画像処理、映像編集、サウンドなど

コンピュータシステム

マルチメディアで必要なハードウェアやソフトウェア、周辺機器など

通信・ネットワーク

ブロードバンドを可能にしている通信・ネットワークシステムや符号化技術など

マルチメディア社会

Eコマース、インターネット放送、VRなどディジタル情報が利用されているさまざまなマルチメディアの技術、背景、知的所有権など

知的所有権

インターネット社会で必要となる知的財産権(所有権)、権利処理など



試験地

全国主要都市 会場数は約300ヶ所



受験手数料

2級 5,500円 

3級 4,500円




関連リンク

CG-ARTS協会 マルチメディア検定

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link
こんな資格もあります
資格取得・・・そして転職へArchives

資格一覧
資格の合格率と分類
資格・検定関連サイト紹介
注目の資格ランキング
ブログパーツ
名言集


メール共有メーラー・顧客管理ソフト 債務整理 静的・テキストリンクの相互リンク集でSEO対策しませんか!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。