資格取得・・・そして転職へ

資格取得・・・そして転職へでは資格取得と転職に関する情報を掲載しています
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。
カスタム検索
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。

スポンサーサイト 

Sponsored Link



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link

MIDI検定 

Sponsored Link



★受験資格★ 制限なし

★合格率★ 
  
★取得目的★ スペシャリスト

MIDI検定は、社団法人音楽電子事業協会が主催する検定試験。



資格の概要

試験目的

電子音楽の事実上の標準規格であるMIDIを理解し、活用できる人材を育成する。

試験ランク

2級

音楽制作現場で実務レベルとして、MIDIに関する制作や監修に携わることが出来る人材

3級

MIDIの基本知識を理解し、音楽情報を数値化したり、数値化されたデータを音楽情報として捉えることの出来る人材

4級

オーディオとMIDIの違いなどを理解し、パソコンなどを使用した音楽の楽しみ方など、ミュージックメディアに関する知識をもった人材



試験内容

試験範囲

2級学科

機材と環境設定
ハードウェア及びソフトウェア規格
楽譜情報、ノート情報、コントロール情報
エフェクト、音源知識
同期
マルチメディア知識

3級

MIDIとは
データバイトとステータスバイト
ノートデータ、コントロールデータ
システムエクスクルーシブ
GMなど
リスト表示による演奏情報とスコア

4級

デジタルとアナログの違い
オーディオとMIDIの違い
パソコンでの音楽データの扱い
CD-R/RW等に関する知識
ディスクメディアや保存方法、簡単なOSの知識など
MIDIの応用と簡単な音楽知識


2級実技試験

内容

1. 各自コンピュータ、音源、入力用キーボードを1台ずつ貸与

2. 課題曲のデータ及びスコアが支給される

3. 任意のシーケンサーソフトを用いて、課題データの欠落個所、間違いを修正し、修正したデータをSMFにして提出する


意味

1. 制作仕様書に沿ったデータ制作が可能かどうか

2. データが譜面 通りに作成されているか

3. 作業時間が平均的なレベルであるかどうか

4. 提出データのフォーマットが正しいか


試験時間

4級(300分の講義と50分の試験)

3級(90分)

2級筆記試験(90分)

2級実技試験(120分)



試験地

札幌・仙台・東京・長野・金沢・名古屋・大阪・広島・松山・熊本・那覇



受験手数料

2級 5,000円 3級 3,000円



関連リンク

midilicense

社団法人 音楽電子事業協会

 

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link
こんな資格もあります
資格取得・・・そして転職へArchives

資格一覧
資格の合格率と分類
資格・検定関連サイト紹介
注目の資格ランキング
ブログパーツ
名言集


メール共有メーラー・顧客管理ソフト 債務整理 静的・テキストリンクの相互リンク集でSEO対策しませんか!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。