資格取得・・・そして転職へ

資格取得・・・そして転職へでは資格取得と転職に関する情報を掲載しています
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。
カスタム検索
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。

スポンサーサイト 

Sponsored Link



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link

インターネット検定 (.com Master) 

Sponsored Link



★受験資格★ 制限なし

★合格率★ (★★★ 7.7% ★★ 19.7% ★ 35.6%)
  
★取得目的★ キャリアアップ



資格の概要

ドットコムマスター (NTTコミュニケーションズ インターネット検定 (.com Master)) は、2001年5月からNTTコミュニケーションズが実施しているインターネットの利用拡大を目的とした民間資格試験である。合格者はNTTコミュニケーションズのインターネットサービスであるOCNの在宅コールセンター業務を行えるなど、実際の仕事で活用できる知識のレベル認定となっている。

在宅コールセンター業務はNTTコミュニケーションズの子会社であるNTTコムチェオにより実施されている。NTTコムチェオでは、在宅コールセンターのオペレータとして、インターネット検定の資格保持者であることを条件としている。


試験区分

2001年の試験開始時においては、主にパソコンを使ってインターネットにアクセスする初級ユーザを対象としたシングルスターだけであったが、その後、サーバを使って情報発信や小規模ビジネスでのインターネットの利用を想定する中級ユーザを対象としたダブルスター、さらに、複数の拠点をつないだWANとしての利用を想定するSME (Small Medium Enterprise) ユーザを対象としたトリプルスターが追加され、現在はこれら3つのグレードからなっている。

それぞれの試験区分は★の数によって表される (シングルスター:★、ダブルスター:★★、トリプルスター:★★★)。

ドットコムマスターの特徴として、資格名称の後に取得年度が付与される。例えばシングルスターの場合、「.com Master ★ 2007」のようになる。これはその取得年度における試験内容に対しての資格であることを表しており、これにより、変化・進化の早いインターネットの世界において、毎年内容を更新することで資格としての陳腐化を避けると同時に、資格自体がいつの時点での技術を反映しているかが分かる仕組みとなっている。

それぞれのグレードごとの内容は以下のようなものである。

シングルスター

インターネット利用のためのパソコン、接続方法、個人向けサービス、セキュリティ、プライバシーや知的所有権などの法律に関する基礎的な知識と技能

ダブルスター

インターネット利用のためのサーバ、LAN構築、運用管理、セキュリティ、コンテンツ利用や開発における法律に関する基礎的な知識と技能

トリプルスター

インターネット及び小規模企業ネットワーク利用におけるWAN構築、運用管理、セキュリティ、契約に関する一部の企業法務に関する知識と技能



試験内容

試験実施は以下の2種類からなる。

定期開催 インターネット検定

全国の主要都市で年2回 (7月、12月) 実施される集合試験。マークシートを使用したペーパー形式をとっている。

コンピュータ版 インターネット検定

プロメトリックの公認テストセンターで、1年を通じて随時実施されるCBT (Computer Based Testing)。会場のパソコンを使用して回答する。ただしコンピュータ版はシングルスター、及びダブルスターのみとなる。ちなみにシングルスター、及びダブルスターはCBTで合格点に満たない場合、前回の受検日を含めて30日以上経過していないと再試験を受けることができない。

なお2006年度から、トリプルスターは12月の年1回の定期開催でのみ実施となっている。

試験問題及び合格

いずれのグレードも2部構成で、休憩を挟んで前半60分間、後半90分間となっているが、前半と後半の問題数は各グレードにより異なる。シングルスターでは、前半40問、後半60問の計100問、ダブルスターでは、前半40問、後半50問の計90問、トリプルスターは、前半30問、後半20問の計 50問である。

合格基準は明らかにされていないが、試験問題はその技術内容に応じて5つから6つのカテゴリにグルーピングされており、受験者にはこれらのカテゴリごとの成績が5段階の★の数で表された成績表が送られてくる。

この成績表において

(1) これらカテゴリーの★が全て3つ以上

(2) 総合成績も同様に5段階の★で表されているが、これが4つ以上

2つの条件を満たしていることが合格の条件となっている。したがって、1つのカテゴリでも★の数が2つのものがあった場合は、他のカテゴリで満点に相当する★が5つであったとしても不合格となる。

合格した受験者には、NTTコミュニケーションズから認定書が授与される。



試験地

7月期、12月期は全国23都市

コンピューター版は全国100ヶ所以上のテストセンターで随時受験できる。



受験手数料

★★★ 21,000円 

★★ 10,500円 3級 8,850円 

★★★ 8,400円




関連リンク

インターネット検定 NTTコミュニケーションズ【ドットコムマスター】

Yahoo!インターネット検定

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link
こんな資格もあります
資格取得・・・そして転職へArchives

資格一覧
資格の合格率と分類
資格・検定関連サイト紹介
注目の資格ランキング
ブログパーツ
名言集


メール共有メーラー・顧客管理ソフト 債務整理 静的・テキストリンクの相互リンク集でSEO対策しませんか!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。