資格取得・・・そして転職へ

資格取得・・・そして転職へでは資格取得と転職に関する情報を掲載しています
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。
カスタム検索
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。

スポンサーサイト 

Sponsored Link



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link

CAD利用技術者試験 

Sponsored Link



★受験資格★ 制限なし

★合格率★ 1級 14%  2級 30.7%
  
★取得目的★ スペシャリスト

CAD利用技術者試験は、平成2年10月に「CADインストラクター認定試験」として創設され、平成6年6月より現在の「CAD利用技術者試験」と名称が変更されて現在にいたっています。

CAD利用技術者試験は、現在までに延べ40万人を超える総受験者を得て、認定会場(CAD利用技術者試験センターが正式に認定した大学・専門学校・スクールなど)の数も全国で760校以上(平成21年3月現在)にわたり、わが国有数の技術系認定試験として広く認知されています。



資格の概要

CAD利用技術者試験は、CADを利用した知識・スキルを明確化し、一定水準に達している受験者に対して評価・認定を行うものです。

試験は、インターネットを利用した随時試験の基礎試験と、機械系・製造系の3次元CADの知識と技能を問う3次元試験、2次元系のCADシステムを利用する上での知識を問う筆記のみの2級試験、そして2次元系CADシステムの利用技術と知識を問う筆記+実技の1級試験(建築、機械、トレースの3種類)があります(トレース試験は平成19年度新設)。

専門的なCAD利用技術者の育成と社会的・経済的地位の向上を図り、ひいては日本「ものづくり」の更なる発展に寄与することを目的としています。



試験内容

試験そのものは実務経験者を想定した内容になっており、1級を受験する為には2級を保持していなければならない。

2級試験では、受験資格が特にない。


CAD利用技術者 1級試験概要

CAD利用技術者1級試験は、CADシステムを利用し、主として設計・製図業務及び2級資格者等の指導に従事する方を対象とした試験。

また、CAD システムを操作する上で、CADシステムのハードウェア・ソフトウェアについて高度な知識を有し、1年以上の実務経験を有する方を想定して試験が実施されている。


建 築

2級との併願受験可能

個人受験者は自分でCADシステム(ノートパソコンとCADソフト)を用意。

称号 CAD利用技術者(建築)

試験形態 実技試験と筆記試験

試験時間 80分(保存時間含む)


試験方法

CADシステムを使用した作図問題(作成データを保存したFDを提出)と建築分野の専門知識を問う筆記問題

試験事前準備

作図テンプレート(解答枠)の事前ダウンロードを作図テンプレート(解答枠)より行うこと(行っていない場合は失格となります。また当日の提供も行いません)。※JPSAのページで要確認。

合格基準は実技試験・筆記試験が各5割以上、及び総合が7割以上


機 械

個人受験者は自分でCADシステム(ノートパソコンとCADソフト)を用意。

称号 CAD利用技術者試験1級(機械)

試験形態 実技試験と筆記試験

試験時間 80分(保存時間含む)

試験方法

CADシステムを使用した作図問題(作成データを保存したFDを提出)と機械分野の専門知識を問う筆記問題

試験事前準備

作図テンプレート(解答枠)の事前ダウンロードを作図テンプレート(解答枠)より行うこと(行っていない場合は失格となります。また当日の提供も行いません)。※JPSAのページにて要確認。

合格基準

実技試験・筆記試験が各5割以上、及び総合が7割以上

試験科目

建築

実技試験

RC事務所ビル  配置図、平面図、立面図、断面図、矩計形図 

木造住宅  平面図、立面図、断面図、矩計図部分

詳細図  開口・建具、屋上・ドレイン、室別

※ ファイルは、DXFまたはSXF(.sfcのみ)フォーマットで保存すること。

筆記試験

【建築製図の知識】

建築業務の基本知識、建築製図の基本、建築図書作成基準、モジュール、図面の種類と記載事項

【設計情報の電子化】

情報の伝達と共有、電子情報化へのステップ、設計図書の電子化とCAD、建設CALS/EC、設計情報の標準化と共有、電子納品、建築生産管理とIT

【建築CAD製図】

建築CAD製図の基本、共通ルールと標準テンプレート


機械

実技試験

機械要素  ねじ、軸・軸継手・軸受け、歯車、ばね

機械と器具  上記要素の組み合わせ

※ ファイルは、DXFフォーマットで保存すること。


筆記試験

【機械製図の知識】

機械製図の基本、加工方法、機械要素、寸法公差とはめあい、幾何公差、面の肌

【設計情報の電子化】

標準化と共有、インターネットの活用、設計情報の活用方法

【機械CAD製図】

機械CAD製図の基本、共通ルールと標準テンプレート



試験地

全国主要都市



受験手数料

1級 14,000円 2級 5,000円 1・2級併願 17,000円



関連リンク

社団法人 コンピュータソフトウェア協会

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link
こんな資格もあります
資格取得・・・そして転職へArchives

資格一覧
資格の合格率と分類
資格・検定関連サイト紹介
注目の資格ランキング
ブログパーツ
名言集


メール共有メーラー・顧客管理ソフト 債務整理 静的・テキストリンクの相互リンク集でSEO対策しませんか!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。