資格取得・・・そして転職へ

資格取得・・・そして転職へでは資格取得と転職に関する情報を掲載しています
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。
カスタム検索
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。

スポンサーサイト 

Sponsored Link



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link

簿記能力検定 

Sponsored Link



★受験資格★ 制限なし

★合格率★ 上級 19.0%  1級会計 34.3%
  
★取得目的★ スペシャリスト



資格の概要

簿記能力検定試験とは、企業の過去から現在の状況、未来の予測まで、経営活動のすべてを表現する簿記についての技術や知識を評価する、文部科学省認定の資格。

(社)全国経理学校協会が主催している。資格は2~4級(商業簿記)、1級(商業簿記を含む会計・工業簿記)、上級(会計・工業簿記)という7区分があり、試験は2月・7月・11月の年3回実施。3級合格率は50%弱、2級は約60%。受験資格に制限はない。

現金の収支や決済、物品の購入、商品の仕入れや販売、債権や債務の発生などを記録するのが簿記の仕事。企業の経営状態や財政状態を明らかにする簿記は、円滑な経営活動に不可欠なものといえる。

簿記能力検定試験は、4級から上級までの5段階に分かれており、3級は個人企業の経理担当者、2級は法人企業の経理担当者、1級は経理主任、上級は経理責任者に必要な技能を検定する。

2級以上の資格を取っておくと、就・転職の強力な武器になる。また、商取引を行う際、得意先の財務状態を的確に判断してリスクを回避できるなど、経理担当だけではなく、営業職などにも必須の知識といえる。



試験内容

4級 商業簿記の基礎的な知識を有し、かつ初歩的な実務処理ができる。

3級 個人企業における経理担当者又は経理補助者として必要な商業簿記に関する知識を有し、かつ簡易な実務処理ができる。

2級 個人企業及び法人企業の経理担当者又は経理事務員として必要な商業簿記に関する知識を有し、かつ実務処理ができる。

1級 商企業及び工企業における経理責任者として必要な商業簿記及び工業簿記に関する知識を有し、かつ高度な実務処理ができる。

上級 商業簿記、会計学、工業簿記及び原価計算について高度な知識を有し、併せて複雑な実務処理能力を有する。  ※合格者には、税理士試験受験資格が与えられる。


試験実施方法:筆記試験

合格条件:各級とも1科目100点満点とし、全科目得点70点以上を合格とする。ただし、上級は、各科目の得点が40点以上で全4科目の合計得点が280点以上を合格とする。

※1:1級については、会計または工業簿記の1科目だけ合格し、1年以内に残りの科目に合格した場合、1級合格証書の交付となります。


試験時間

上級

商業簿記及び会計学併せて 13時00分(90分)

工業簿記及び原価計算併せて 15時00分(90分)


1級

会計 9時00分(90分)
工業簿記 10時40分(90分)

2級 13時00分(90分)

3級 10時40分(90分)

4級 13時00分(90分)



試験地

要確認



受験手数料

上級 7,000円

1級 会計:1,500円 工業簿記:1,500円

2級 1,500円

3級 1,200円

4級 1,000円




関連リンク

全国経理教育協会 簿記能力検定試験

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link
こんな資格もあります
資格取得・・・そして転職へArchives

資格一覧
資格の合格率と分類
資格・検定関連サイト紹介
注目の資格ランキング
ブログパーツ
名言集


メール共有メーラー・顧客管理ソフト 債務整理 静的・テキストリンクの相互リンク集でSEO対策しませんか!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。