資格取得・・・そして転職へ

資格取得・・・そして転職へでは資格取得と転職に関する情報を掲載しています
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。
カスタム検索
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。

スポンサーサイト 

Sponsored Link



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link

転職適齢期 

Sponsored Link



転職に関して、「35歳限界説」といった言葉を広告や雑誌などで見かけることがありますよね。35歳というのは、職場で管理的ポジションに就いたり、プライベートで家庭を持ったり、あまり大きな挑戦がしにくくなってくる年齢、というのも現実的にはあるでしょう。ただ、この問題は実際には単純に「何歳か」ということだけで決まるものではなく、「その人による」という結論に行き着きます。

基本的に年齢と採否の兼ね合いというのは、「その年齢相応の経験・スキルがあるか否か」がポイントとなります。年齢が上がれば上がるほど、「高い専門性」や「マネジメント能力」など、求められる経験の内容や質も高くなりますから、年齢の上昇とともに必然的に転職の難易度が上がっていくことにはなるでしょう。

また待遇面でも、年齢の上昇とともに必要となる条件というのは往々にして高水準となるものですから、当然「できる仕事」の面でもそれに見合った内容、「社歴○○年」のようなベテランの人と同等以上のものが求められます。そのような部分も年齢によるハードルの上昇と言えるかもしれません。キャリアの再構築となるような、未経験の業界・業種へ転職する場合などはさらに条件は厳しく、具体的には20代後半では挑戦が厳しくなってくるケースが多いようです。

いずれにしても、転職可能な年齢に上限ができてしまうか否かは、それまでに有意義なキャリアを積んできたかどうかで決まるもの。20代からのキャリアプラン次第で、年齢による限界はあるともないとも言えるものでしょう。

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link
こんな資格もあります
資格取得・・・そして転職へArchives

資格一覧
資格の合格率と分類
資格・検定関連サイト紹介
注目の資格ランキング
ブログパーツ
名言集


メール共有メーラー・顧客管理ソフト 債務整理 静的・テキストリンクの相互リンク集でSEO対策しませんか!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。