資格取得・・・そして転職へ

資格取得・・・そして転職へでは資格取得と転職に関する情報を掲載しています
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。
カスタム検索
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。

スポンサーサイト 

Sponsored Link



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link

自己分析 

Sponsored Link



転職活動は、いわば企業に対する「自分」という商品の売り込み。その際に「商品知識」がいかに重要かは、営業職の経験がない方でも想像できますよね。

効率よく成約に結びつけるには、むやみやたらと飛び込むのではなく、どの企業に持ち込むべきか、商品の特性や優位性は何かをしっかり考えておく必要があります。それができて初めて、どんなプレゼンテーションを行うべきか、作戦が立てられるわけです。


全てのキャリアを書き出してみましょう。

自己分析は、これまでの経験をすべて書き出すことから始めます。

時系列、あるいは仕事の種類別に体系立てて書くことで、頭の中でボンヤリとしか考えていなかったことが整理できるようになります。

そして、どんなことを工夫し、どんな成功体験があるか、得意なことは何か、転職することで何を実現したいのか、思いつく限りのすべてを書き出していく。ここで重要なのが、自分自身を客観的に見ることです。

ここからがよくある落とし穴。自分のことを客観的に見るのは意外に難しく、どうしても過大評価や過小評価をしてしまうんですね。例えば、あるプロジェクトで十分な数字を残したとします。その数字だけをいくらアピールしても意味がない。企業が知りたいのは、そのために、その人が何を工夫して、どう行動したかという「事実」なのです。

「これといったスキルがない」「経験がない」と自分を過小評価している場合も、本人が気付いていないだけで、必ず何か「強み」があるはず。信頼できる人に相談するなどして、自分が周囲からどう見えているかを知ることも大切です。

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link
こんな資格もあります
資格取得・・・そして転職へArchives

資格一覧
資格の合格率と分類
資格・検定関連サイト紹介
注目の資格ランキング
ブログパーツ
名言集


メール共有メーラー・顧客管理ソフト 債務整理 静的・テキストリンクの相互リンク集でSEO対策しませんか!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。