資格取得・・・そして転職へ

資格取得・・・そして転職へでは資格取得と転職に関する情報を掲載しています
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。
カスタム検索
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。

スポンサーサイト 

Sponsored Link



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link

全商珠算・電卓実務検定 

Sponsored Link



★受験資格★ 制限なし

★合格率★ 1級ビジネス 約49%  1級普通 約83%
  
★取得目的★ スペシャリスト



資格の概要

全商珠算・電卓実務検定とは、財団法人全国商業高等学校協会が主催する検定のひとつである。

1級から3級まであり、1級と2級は部門別合格制度を実施している。

試験内容は「普通計算」と「ビジネス計算」で成り立っており両方基準の点数を取ると合格となる。



試験内容

普通計算

珠算部門で乗算・除算・見取算・伝票がありすべて5問となっている。また、電卓部門では乗算・除算・見取算が各10問、伝票が5問となっており珠算・電卓ともに制限時間は30分となっており70点以上で合格となる。

電卓は、アドモード(ADD2)機能がついている電卓が望ましい。


ビジネス計算

売買・損益の計算、単利計算、手形割引の計算、複利計算、複利年金の計算、証券投資の計算、減価償却費の計算などの計算が文章形態になっている。

参考としては協会が毎年主催している全国高等学校珠算競技大会の問題である。ビジネス計算は電卓・珠算どちらを使ってもいいことになっている。こちらも制限時間30分で70点以上で合格である。

この検定では、ビジネス計算を一回合格していれば普通計算で珠算・電卓をそれぞれとることで2種目取得となる。


また、平成16年度までは珠算・電卓と別々に行っていたが、平成17年度より珠算電卓検定として実施されている。なお、平成19年度の全国高等学校珠算競技大会の中で、電卓競技大会が行われた。各都道府県1名ずつの参加となり平成21年度も実施される。


受験手続

試験会場校(以下、試験校と略す)によっては、以下の手順で受験手続きが開始される

1. 試験の2ヶ月前に、受験者は受験願書を自作の上、受験料に相当する定額小為替も同封し、試験校へ発送。

2. 仮受験願書と定額小為替が、到着後、試験校は、速やかに仮受験手続きが行われる。

3. 仮受験手続きが完了後、正規の受験願書が受験者の手元に到着。

4. 受験者は、締切日に間に合うように正規の受験願書を試験校へ発送。

5. 試験の1週間前になったら、受験者名及び生年月日並びに受験級・受験部門が記されている受験票が、受験者の手元に到着(受験票は、試験担当が代書)。


試験校によっては、3・4がない場合もある。この場合は、受験願書及び受験票は、試験担当が代書となる。



試験地

各都道府県の本部校が指定する学校



受験手数料

1級~3級 1部門につき 800円  

4級~6級 800円




関連リンク

ZENSHO WEB SITE -(財)全国商業高等学校協会- 珠算研究部の広場

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link
こんな資格もあります
資格取得・・・そして転職へArchives

資格一覧
資格の合格率と分類
資格・検定関連サイト紹介
注目の資格ランキング
ブログパーツ
名言集


メール共有メーラー・顧客管理ソフト 債務整理 静的・テキストリンクの相互リンク集でSEO対策しませんか!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。